ナビゲーションをスキップ

お〜いお茶 新俳句大賞

the results of 28th


  • お〜いお茶 新俳句大賞TOP
  • 第二十八回

お〜いお茶新俳句大賞 > 佳作特別賞 その2

 

第二十八回 お〜いお茶新俳句大賞

佳作特別賞 その2

佳作特別賞 その2

夏の日のゆらりとゆれるかげぼうし

埼玉県

山野 香乃

15歳

クリスマス変わることなしペンにぎる

埼玉県

篠原 大生

15歳

葡萄みたいぎゅっとくっつく君と僕

埼玉県

吉儀 新

15歳

僕の足薄氷ばかり踏みたがる

埼玉県

𠮷田 翼

15歳

青春はそもそも何かわからない

埼玉県

和田 柚葵

15歳

七夕で竹につるすは僕の夢

埼玉県

関口 知希

15歳

水たまり薄い氷に光差す

千葉県

野宮 陽太

15歳

青春の歯車まわる夏の海

千葉県

山内 希夏

15歳

口笛でホトトギスとの二重奏

千葉県

金田 暁斗

15歳

雪溶けが残り時間を知らせてる

千葉県

小宮 菜央

15歳

年賀状変わらない字にホっとする

東京都

奈良 百合香

15歳

言葉より人生語る手のしわよ

東京都

遠藤 百夏

15歳

喧嘩して窓からなぞる冬北斗

東京都

宮崎 杏

15歳

あめんぼがリンクの上でおどってる

東京都

赤浦 彩絵

15歳

夕時の一家団欒燕の巣

東京都

川口 綜一朗

15歳

岩石が太古の地球を語りだす

東京都

荒岡 柊二郎

15歳

愛猫の目と良く似ている冬の月

東京都

上久保 衣梨

15歳

友達のかかとを踏んだ入学式

東京都

佐藤 史佳

15歳

太陽の黒点がすぐそばにいる

東京都

ヘゲドゥシュ榎本 是江之

15歳

夕焼けが落ち込む私を照らしてる

東京都

大柳 美京

15歳

大掃除ノートの落書き捨てられず

東京都

竹中 美樹

15歳

書き初めの最初の一筆だるまの目

東京都

田多井 そよ

15歳

ノートには図形ばかりやそぞろ寒

東京都

田中 陽菜

15歳

巣立ちの日初めて校歌で声を出す

東京都

石塚 疾風

15歳

初詣神社の絵馬もグローバル

東京都

伊関 朗

15歳

冬の朝くもるガラスにπの文字

東京都

鈴木 佑依香

15歳

竹馬でこんこんこんと春を呼ぶ

東京都

山﨑 望未

15歳

さざ波と花いちもんめ夏帽子

東京都

江尻 有佳

15歳

ぬいぐるみ私のことを見張ってる

東京都

髙橋 柚子

15歳

山眠る月のとなりにこんぺいとう

東京都

阿部 凜太朗

15歳

からっ風嚔の中に大宇宙

東京都

朝西 克文

15歳

満月の中のうさぎに一礼す

東京都

幡野 友哉

15歳

一人きり静かな部屋と蝉時雨

東京都

鈴木 悠生

15歳

霜柱踏んだ足先踊ってる

東京都

阿久津 菜々子

15歳

飼い猫は一番上のかけ蒲団

東京都

小林 駿太

15歳

夜光虫照らす未来は君がいい

東京都

篠﨑 空遥

15歳

ふくろうに見守られながら勉強だ

東京都

伊佐木 博人

15歳

木枯らしよ耳すり抜けてどこへ行く

東京都

土岐 遥

15歳

この冬はいいわけの数多いかも

東京都

池内 瑛菜

15歳

「ただいま」の声に微笑むお雛様

東京都

瀬川 実咲

15歳

雪国やベンチに雪様御一行

神奈川県

森田 亨

15歳

厚塗りの光集めしヒマワリよ

神奈川県

内田 隆一朗

15歳

夏休み心の中にトムソーヤ

神奈川県

飯田 百香

15歳

山々にペンキを塗りに来た秋よ

神奈川県

佐久間 光希

15歳

夕立ちや方程式をかき消して

神奈川県

大平 太陽

15歳

野球部を辞めた途端の未練かな

神奈川県

井上 駿太

15歳

フランスの旅のお話煮込み鍋

神奈川県

川嶋 美沙希

15歳

見上げたら引きこまれそう冬の空

神奈川県

竹内 涼花

15歳

青空に真っ白大漁いわし雲

神奈川県

石井 庄太

15歳

思春期の態度はまるで氷柱かな

神奈川県

武田 春彦

15歳

走ってる海に向かってサンダルで

神奈川県

脇田 望彩

15歳

うちわ振る気づかれないけどうちわ振る

神奈川県

松島 美夕

15歳

マフラーを渡す相手がいない夜

神奈川県

村松 真悠子

15歳

赤ちゃんがつくしのように生まれをり

新潟県

本田 翔英

15歳

たんぽぽのように別れて我が道へ

新潟県

木部 公太郎

15歳

テスト中響く息の音ペンの音

富山県

中村 祐実

15歳

飛びそうな陳列棚の春ショール

石川県

中村 花実

15歳

ハムスターでも入っているのか私の時計

山梨県

中澤 真奈美

15歳

桃色のインクがにじみ山笑う

岐阜県

岩田 奈菜

15歳

金木犀急ぐ私を呼び止める

岐阜県

牧下 晴香

15歳

青色をじっと見つめる蝸牛

静岡県

工藤 萌花

15歳

けんかした君との距離は静電気

静岡県

杉澤 伊吹

15歳

金魚すくい金魚と一緒に映る顔

愛知県

鈴木 結女

15歳

悩み事とりあえず腕組んでみる

愛知県

尾野 真優

15歳

炎天下飛んでる鳥の影はどこ

愛知県

田中 凜

15歳

猫じゃらし響くこどもの笑い声

愛知県

小松 祥子

15歳

英単語睡魔に負けて最寄り駅

愛知県

山邊 彩花

15歳

白墨の短くなりて秋の風

愛知県

小林 空

15歳

扇風機頭も「強」にしたいです

滋賀県

堀田 朋亨

15歳

春こいとふきのとうと待ってるよ

京都府

石村 太志

15歳

大行進食糧運ぶありんこだ

京都府

神田 千夏

15歳

粉雪やホットケーキに降りにけり

大阪府

村木 郁

15歳

黒板に絵を書くことが大好きだ

大阪府

鶴﨑 悠輔

15歳

お雑煮のお餅の伸びに飛躍かけ

大阪府

植木 翔太

15歳

塾こもり大晦日とは気づかない

大阪府

幸地 翔大

15歳

つつやかに収穫を待つ秋のなす

大阪府

小野原 里歩

15歳

うすく濃く千本桜散りしかな

大阪府

石井 大晴

15歳

いつの日か触れるのかな天の川

大阪府

村田 志衣

15歳

冬至の日家のにおいも甘酸っぱい

大阪府

正井 佑佳

15歳

パソコンが心を照らすクリスマス

兵庫県

佐伯 大樹

15歳

負けないと心に咲いたゼラニウム

兵庫県

東田 若奈

15歳

紫陽花とふたりで待とう雨宿り

兵庫県

藤原 由季

15歳

春風に背筋が伸びるよしいくぞ

兵庫県

深見 春花

15歳

渡り鳥いそげいそげと群をなす

島根県

北野 拓斗

15歳

弟は年中無休の反抗期

岡山県

赤木 真衣

15歳

カブトムシ黒い瞳に映る夏

岡山県

井上 みずき

15歳

あじさいに命が宿る雨上がり

広島県

大原 万弥

15歳

ほととぎす小さな歌とやってくる

広島県

岡本 玲菜

15歳

新品のくつでかけ出す初詣

広島県

村重 菜々子

15歳

冬の空鐘の音響くオリオン座

広島県

細谷 春菜

15歳

鳴り砂や並んで食べるカキ氷

広島県

神尾 ほのか

15歳

帰り道不意にささやく金木犀

広島県

川角 舞

15歳

冬の朝ぱちぱち拍手静電気

広島県

福田 あさひ

15歳

新春や変わらず早起き炊飯器

広島県

岡元 佑樹

15歳

雪だるま真っすぐな目で見つめてる

山口県

桝井 ひかる

15歳

一球の重みを知った秋の空

山口県

塩道 一準

15歳

鱗雲旧道沿いの写真店

愛媛県

宮井 桃歌

15歳

三日月のかすかに笑う空の顔

福岡県

宮崎 龍征

15歳

おはようも新しくなる初日かな

福岡県

古P 法郁

15歳

扇風機近寄る僕らに首を振り

福岡県

髙木 嘉乃

15歳

四時間目左側からの腹時計

福岡県

土谷 那菜

15歳

ひまわりは泣かないように上を向く

福岡県

假屋 侑花

15歳

夜空にはひとりぼっちな月がいる

福岡県

守谷 早紀

15歳

遅桜どんどんひらく身長差

長崎県

加藤 翔子

15歳

春めきて私を測る制服屋

熊本県

川上 陽

15歳

鴨の子や母の背中を追いかける

熊本県

馬原 沙葵

15歳

父の背に飛びつく私照れる父

鹿児島県

幸多 翼

15歳

春を呼ぶ靴を鳴らして新学期

北海道

佐藤 千美

16歳

思い切りわしづかみたい満月だ

青森県

石井 智稀

16歳

自販機が一人凍える無人駅

青森県

森川 颯太

16歳

軒下に新巻2本祖母の家

岩手県

伊藤 拓輝

16歳

スーパームーン俺の顔見て笑ってる

秋田県

沼田 優翔

16歳

ブランコにのびる親子の影二つ

福島県

根來 玲

16歳

私の小指伸びすぎた爪春疾風

茨城県

土子 啓佑

16歳

晴れやかに矢を射る私新年に

茨城県

藤原 柚月

16歳

トス上げて初めて気づく空の青

茨城県

吉沼 さゆり

16歳

初恋を詰めた絵本の鍵開ける

茨城県

大畑 碧音

16歳

白雪の中に隠した恋みくじ

茨城県

植田 沙奈

16歳

霜柱いつもの場所で顔を出す

栃木県

谷部 栞里

16歳

飛行機に負けじと上がる肩車

栃木県

島野 雅大

16歳

静寂な校舎の廊下夏休み

群馬県

雨笠 唯

16歳

街中を忙しく駆ける空っ風

群馬県

井上 慧

16歳

憧れた高校生活朧月

群馬県

岡田 優奈

16歳

陽炎が野原の気持ちを伝えてる

群馬県

齊藤 光哉

16歳

東京に一つの百合が芽生え出す

群馬県

田村 誌音

16歳

永き日や鯨のように大欠伸

埼玉県

鈴木 健人

16歳

あなたとの間に栞を挟んでた

埼玉県

樋口 達也

16歳

手袋をはずし絵をかくバスの窓

埼玉県

神津 龍也

16歳

この気持ち晩夏の夜の香りかな

埼玉県

丸山 隼

16歳

枯れ枝のモダンな柄にハト一羽

埼玉県

髙橋 咲月

16歳

肩車乗る子に触れる梅の花

埼玉県

戸ヶ﨑 純太

16歳

柿の木で一羽の鳥が実を食べる

埼玉県

所 義博

16歳

くしゃっと丸めて投げる作文紙

埼玉県

渡辺 裕人

16歳

ふかふかの布団に入りマシュマロになる

埼玉県

齋藤 司

16歳

帰り道凍えた指にメンチカツ

埼玉県

長谷川 美咲

16歳

子の陰の白詰草を踏んでゆく

埼玉県

小林 千草

16歳

帰り道スカートふわり旅立つ日

埼玉県

稲葉 萌

16歳

アネモネやいつまで君を待つのだろう

埼玉県

中村 橘果

16歳

朝焼けに一の文字書く渡り鳥

千葉県

池口 結花

16歳

おはようが寒いねになる冬の朝

千葉県

島田 龍一

16歳

紙凧の行方を握る小さな手

千葉県

池谷 璃穂

16歳

春の風一人で歩む未来地図

千葉県

宇野 詩織

16歳

遅い朝キラキラ光る卵かけごはん

千葉県

松永 七星

16歳

日めくりの台紙が透ける大晦日

千葉県

小嶋 眸

16歳

鋭角に空を切り裂く冬木立

千葉県

髙橋 さくら

16歳

三日月や夜空にぱくりとかじられた

千葉県

森 海吹

16歳

夜に見た満月まぶしく目をそらす

千葉県

灰原 沙耶香

16歳

夕焼けにからすの影が映ってる

東京都

青木 陽

16歳

手袋が外に出ようと言っている

東京都

伊藤 大造

16歳

仙人掌を手に持つような暑さかな

東京都

本永 日向

16歳

通勤の人の心は唐辛子

東京都

大山 泰季

16歳

夏まつり未来と金魚が宙に浮く

東京都

後藤 学

16歳

赤とんぼ最近いないな都市の空

東京都

田村 瑞稀

16歳

休日は電子の海で一泳ぎ

東京都

白川 蓮

16歳

うとうとと春のうたた寝鹿おどし

東京都

有坂 純

16歳

水槽に浮かんだ金魚夏終わる

東京都

霜田 二千花

16歳

セーターが小さくなった冬苺

東京都

山本 佳奈

16歳

小豆煮る匂ひに目覚め祖母の家

東京都

前川 諒介

16歳

名月を障子を越して透かし見る

東京都

古橋 樹

16歳

手袋の編み目も心も透かす風

東京都

宮川 琉花

16歳

月を見てすこし寒いと笑う君

東京都

千葉 朋也

16歳

かけっこで先頭走る赤とんぼ

東京都

前原 大輝

16歳

読書する私にかかる月の影

東京都

森竹 渚紗

16歳

桜咲き恋の歯車回り出す

東京都

高畠 小牧

16歳

未使用のロッカーあけたらそこは夏

東京都

具志堅 さくら

16歳

家の中ころがり目が会う昼の月

東京都

中村 優里

16歳

ブランコを木枯らしが揺らし人もなし

神奈川県

弘川 伊織

16歳

赤絵の具混ぜすぎたのか冬の空

神奈川県

田中 竜聖

16歳

大好きな本のページにもみじの葉

神奈川県

鈴木 奈津子

16歳

月だって十六夜だけははにかみ屋

神奈川県

久保 衣織

16歳

コスモスに軽くふれては登校す

神奈川県

高村 蓮

16歳

雨蛙飛んだ瞬間夏が来た

神奈川県

小笠原 聡美

16歳

寒雀跳ねるあなたは毬の様

神奈川県

平川 日菜

16歳

制服と期待ふくらむ春の道

神奈川県

諏訪 杏奈

16歳

背のびした春色スカート見てほしい

神奈川県

正道 理緒

16歳

太陽が眠りを覚ます冬の山

神奈川県

土城 沙弓

16歳

山頂にうっすら積もる雪の花

神奈川県

中山 未結

16歳

石北の凍てつく峠を駆け抜ける

神奈川県

植草 周平

16歳

真似をしてつかう方言お正月

神奈川県

吉山 千尋

16歳

里帰り実家の廊下に昼寝猫

神奈川県

小幡 信清

16歳

祖母に会う東北行きの窓に雪

新潟県

松井 菜々子

16歳

木枯しの激しい風音ショパン弾く

新潟県

手塚 南

16歳

飛んでいくわた毛も私も一年生

新潟県

加治 玲奈

16歳

雪解けに君と奏でるシンフォニー

石川県

佐川 理恵子

16歳

ひまわりはひみつきちへのみちしるべ

石川県

平松 誓

16歳

弟と秘密計画母の日に

石川県

小柳 雪鈴

16歳

こもれ日を思い出せない冬こだち

山梨県

本澤 舞

16歳

窓の空紙ヒコーキを三機吸う

山梨県

渡邊 タツマ

16歳

シャボン玉想いを馳せて星になれ

山梨県

大井 遥

16歳

子猫の目左へ右へ絡みつく

長野県

花野 優衣

16歳

満月を打ってみたいなホームラン

長野県

春日 拓海

16歳

たんぽぽのじゅうたんしいた弓道場

岐阜県

岡田 明穂

16歳

父の指太くて堅い木のようだ

岐阜県

塚腰 優衣

16歳

真っ白にこぼれ落ちていく恋心

静岡県

上山 翔

16歳

北風よ負けるもんかと立ち漕ぎだ

愛知県

森川 彩音

16歳

冬空の鈴の音響く神楽の舞

愛知県

渥美 若菜

16歳

肉まんの湯気のむこうに茶臼山

愛知県

杉山 太勢

16歳

太陽が海の鏡で二つある

愛知県

池永 光輝

16歳

不器用な字から伝わる友の声

愛知県

尾崎 青空

16歳

土手駆ける子の近く咲く彼岸

愛知県

後藤 優介

16歳

花びらに新たな目標誓いし日

愛知県

加藤 なつみ

16歳

蟬の鳴く声に暑さが二乗する

愛知県

福士 理己

16歳

ラケットで語るわたしの物語

愛知県

越野 莉子

16歳

まだ起きぬ朝顔に声かけて行く

愛知県

高村 祐梨

16歳

秋晴れに砂を巻き上げテープ切る

愛知県

大串 純平

16歳

朝焼けの尖った空気に背筋伸び

愛知県

森 ひなた

16歳

雑草に春の訪れ紛れてる

愛知県

藤代 真依

16歳

あれ取ってこたつは人をだめにする

愛知県

小林 希梨

16歳

えんぴつの音だけ聞こえる美術室

愛知県

吉村 結衣

16歳

青春の地図にかかげた大銀河

愛知県

松川 哲治

16歳

教師から補講という名の招待状

三重県

山口 翼

16歳

シャボン玉キミとの思い出つめこんだ

三重県

村木 敬

16歳

冬の朝清少納言にはなれぬ

滋賀県

口 あかり

16歳

山肌もひと雨ごとに冬仕度

滋賀県

飯田 椋太

16歳

一本のマフラー二人であったかい

大阪府

中之 花

16歳

セーターが縮んだせいで太く見える

大阪府

熊野 彩音

16歳

大掃除過去のメモ帳恥ずかしい

大阪府

松原 彩音

16歳

北陸はロマンあふれる雪の華

大阪府

平塚 裕介

16歳

虫たちが落ち葉の中へ寝る準備

大阪府

栗原 梨花子

16歳

冬の朝チャックに噛まれる長い髪

大阪府

大浦 響華

16歳

勉強だ職員室は寒かった

大阪府

當間 巽

16歳

たんぽぽの匂いが恋しい月曜日

大阪府

田中 萌恵

16歳

電飾と白くほのかに灯る恋

大阪府

髙田 紗衣

16歳

マスクして見えないけれど笑ってる

兵庫県

小西 りの

16歳

階段からランプのような赤い月

兵庫県

平位 遼

16歳

夕立やそんなに急いで誰を追う

兵庫県

西川 海渡

16歳

向日葵を抱いて眠れ少年よ

兵庫県

小林 花歩

16歳

入道雲すごいはやさでやってくる

兵庫県

間村 優衣

16歳

鉛筆が反抗期になる冬がきた

兵庫県

溝上 怜海

16歳

帰らなきゃ耳から感じる夜の光

兵庫県

坂本 美芙優

16歳

春風が運んでいった中学生

兵庫県

松井 一真

16歳

春の花写真の中から香りだす

兵庫県

山田 真緒

16歳

自転車のカゴに緑の花が咲く

兵庫県

木村 香鈴

16歳

人生のメトロノームはゆっくりと

奈良県

植村 奈央

16歳

カレンダー新たな余白うめてゆく

和歌山県

上野 陸

16歳

冬の日の水道水は槍のよう

和歌山県

野口 凌我

16歳

ひだまりにねころぶ私とのびるねこ

岡山県

綾井 珠月

16歳

夏まつり池にうかんだ星をとる

岡山県

花房 未来

16歳

坂道で顔をいじめる冬の風

岡山県

水川 竜太

16歳

長旅をひこうき雲が誘ってる

岡山県

梶谷 拓登

16歳

朝顔のちょっと悲しい夜の顔

岡山県

有田 翔

16歳

弁当の隅で寝ているパセリさん

広島県

檜垣 遥

16歳

落ちてゆく涙が雪に変わるまで

広島県

亀本 唯一

16歳

雪だるま見つめる先は空の上

広島県

有田 陽南子

16歳

始めたら止まらなくなる毛糸あみ

広島県

建畠 梨乃

16歳

白銀の高野に眠る春の種

広島県

陰山 一星

16歳

不安気に桜並木を歩いてく

広島県

金光 翔馬

16歳

気がつけばサドルの上が雪景色

広島県

小畑 玲音

16歳

放課後の一人の教室セミが鳴く

広島県

古森 優奈

16歳

晴れの日は苺のような夕日でる

広島県

上杉 貫太

16歳

神様がこぼしたミルク輝いて

徳島県

三木 秀真

16歳

遠くから春の近づく風の音

徳島県

戎田 愛結

16歳

木枯しや昨日の僕を探しおり

愛媛県

馬越 三奈

16歳

胸ポケットに朝という春風

愛媛県

村上 礼奈

16歳

胎内の一つの呼吸春の星

愛媛県

中根 迪

16歳

石投げて水のおどろく遅い春

愛媛県

丹下 夏希

16歳

オリオン座少し素敵な帰り道

愛媛県

田村 翔

16歳

冬の虹母の生家があった場所

愛媛県

廉谷 直大

16歳

水仙の丘で本日終了す

愛媛県

大瀬戸 結子

16歳

深い夜画面をすべる寒い指

高知県

横田 京佳

16歳

祖母の家ぎしぎし床が夜にひびく

福岡県

園田 悠介

16歳

友という絵の具で日々を描いてく

福岡県

焼山 幸紀

16歳

怒られて正直言っても怒られる

福岡県

酒見 竜平

16歳

暇なほど回されつづけるシャープペン

福岡県

坂倉 結衣

16歳

ばあちゃんのみかんの香りの作業服

福岡県

山下 大輔

16歳

ペダル留め友と見上げる一番星

福岡県

菓 夕菜

16歳

バスを待ちあくびをひとつ月曜日

長崎県

今村 暁音

16歳

赤とんぼ祖先の皆を連れてきた

宮崎県

中西 勇人

16歳

光射す木々の隙間に春宿る

宮崎県

佐藤 由貴

16歳

母の手を次はあたしが温める

鹿児島県

木村 美月

16歳

通知表鬼へと変わるキップかな

沖縄県

垣花 華奈子

16歳

モンキチョウ追う背に光るランドセル

沖縄県

與那 美月

16歳

蜃気楼淡海に浮かぶ志賀の橋

シンガポール

黒川 興太

16歳

つばめとぶかぜをおいかけくものうえ

韓国

李 廷仁

16歳

ババシャツを着込む私は無敵です

北海道

今井 華麗

17歳

漁り火と満月海の上の街

北海道

若松 日菜

17歳

かさの色赤青緑チューリップ

北海道

藤川 尚弥

17歳

お正月口がたくさん動いてる

北海道

藤谷 沙紀

17歳

母の日に今日は言えそうありがとう

北海道

小笠原 紀佳

17歳

よそ行きの顔してもらうお年玉

北海道

石井 未来

17歳

ふわふわと母とながめる熱帯魚

北海道

嶋元 風香

17歳

汽車に乗りスルメの香りと人の声

青森県

斎藤 丸

17歳

白神の夏匂わせるブナの声

青森県

岩本 行平

17歳

ふるさとは私のこころの魔法瓶

宮城県

新堀 咲

17歳

聖夜の日家にくるのは山の鹿

宮城県

山内 惇椰

17歳

どうもどうもと旧友の如く東風

宮城県

松本 ルミナ

17歳

サンダルに潮の香夏の忘れもの

宮城県

熱海 南帆

17歳

風船に思いの丈入れ膨らまそ

福島県

星 明里

17歳

細い月金星抱く冬の空

福島県

佐藤 夢乃

17歳

白鳥の声響きゆく氷面鏡

福島県

山田 茉莉瑠

17歳

週末のカレーライスは父の味

福島県

栗原 茂卯

17歳

流星の速さでくるは月曜日

福島県

秋山 凜

17歳

私への暗号示す鳥の群れ

茨城県

池田 茜

17歳

真夜中に一人じめだよオリオン座

茨城県

長坂 和希

17歳

カーテンをのぞき返した枯紅葉

群馬県

山口 翼

17歳

帰り道冬はいつでも向かい風

群馬県

石澤 錬

17歳

セーターにパチリと乾いた音がする

埼玉県

北浦 もも子

17歳

坂の上宇宙が見える十二月

埼玉県

熊澤 七海

17歳

夕暮れのピアノ冷たい僕の指

埼玉県

田中 佑太郎

17歳

こなゆきを連れ歩くのは山奥で

埼玉県

立野 宙斗

17歳

口二つ目が四つあるお母さん

埼玉県

滝口 紘稜

17歳

冬苺小さき花や道しるべ

埼玉県

岡本 遥

17歳

今夜もまた話し相手は冬の蠅

千葉県

田中 愛菜

17歳

赤べこの首が振れたら春が来る

千葉県

新井 もも

17歳

炎帝にこめる一球泣き笑い

千葉県

岡田 貴大

17歳

江戸川の夜空を照らす菊の花

東京都

山下 ひかり

17歳

ゆず香る心も体もポカポカに

東京都

野中 瑞稀

17歳

夏祭り金魚が光り宝石店

東京都

横田 有咲

17歳

冬茜グリム童話のねむるもり

東京都

瀨 由子

17歳

起きてるよ顔だけ出てる冬の朝

東京都

鈴木 遥香

17歳

ブランコや心がさびてきしむ音

東京都

金子 和樹

17歳

くしゃみして別れの近さ感じます

東京都

池上 由希子

17歳

冬枯れのスズカケノキに風が泣く

東京都

中野 寧子

17歳

緋袴や始まり告げる白い息

東京都

松川 小百合

17歳

母の日にすなおになれず赤トマト

東京都

大橋 莉羅

17歳

ヘアピンとうさぎのカバーの文庫本

神奈川県

桑原 夏子

17歳

朝露の置きて匂へる燕子花

神奈川県

加藤 麗香

17歳

逃げたくてジャムトーストにかじりつく

神奈川県

朝比奈 桃子

17歳

新年の話題の主役九十歳

神奈川県

原 もとみ

17歳

凧糸が絡み合ったら恋の時期

神奈川県

高山 孔士

17歳

筆箱を開けてびっくり銀河系

神奈川県

會澤 飛翔

17歳

只見の紅葉に溶けこむディーゼル

神奈川県

須田 恵斗

17歳

散り際は青にとけてく海の月

神奈川県

姜 愛香

17歳

雪溶けて近づいてくる別れの日

新潟県

小林 諄輝

17歳

決意した机の上には梨一つ

静岡県

舛谷 藍里

17歳

雨を抱く忘れし庭の金魚鉢

静岡県

柴田 眞希

17歳

ごめんねの言い方忘れた春の僕

静岡県

平井 翼

17歳

合格かギュッと握るかじかむ手

愛知県

増井 和樹

17歳

単語帳きれいなままの夏休み

愛知県

杉山 拓海

17歳

神さまの深夜営業大晦日

愛知県

成田 綾夏

17歳

雪の果てそろそろみんなおわかれだ

愛知県

加藤 丈皓

17歳

春風が手を振るだけで吹いてくる

愛知県

小栗 大弥

17歳

クリスマスショーウィンドウに映る顔

愛知県

近藤 真優

17歳

中学の交換日記苺味

愛知県

中谷 梨羽奈

17歳

チョコレートほんのり苦い記憶かな

三重県

林 未夢

17歳

雪だるま次に会ったらただの水

三重県

西井 杏那

17歳

寄り添った鳥を見つめる寒い朝

滋賀県

河邊 くるみ

17歳

クリスマス私はどうしてここにいる

滋賀県

小俵 瑠華

17歳

除夜の鐘必要なものも消していく

滋賀県

山本 永愛

17歳

冬晴れの低く鳶が弧を描く

京都府

清水 萌香

17歳

金魚鉢見つめた先の君の顔

大阪府

水野 孝廣

17歳

目玉焼僕が白身で君は黄身

大阪府

西川 万葉

17歳

動物園ホットケーキとオットセイ

大阪府

牧野 真咲

17歳

悔いた夜心を洗うオリオン座

大阪府

恩村 城伊

17歳

夏の海暗くなるまでみつめてる

大阪府

梅本 舞

17歳

雪合戦届け私の心の音

大阪府

濱本 拓歩

17歳

冬風が私の髪で遊んでく

兵庫県

伊藤 万史奈

17歳

マフラーを敢えて巻かない君もいない

兵庫県

竹田 大地

17歳

秋空を二つに断てりよーいどん

兵庫県

田中 靖人

17歳

葵咲くブラウスゆれる海の街

兵庫県

山田 和佳

17歳

残業の父にスープを温める

兵庫県

生友 鞠音

17歳

けんかしたその日はまるで夜の海

兵庫県

西村 祐哉

17歳

しゃぼん玉中をのぞけば空の色

兵庫県

浦 侑里

17歳

雪景色ジオラマの中の私たち

兵庫県

井口 弥優

17歳

白菜を抱えて座るバスの中

兵庫県

椚座 慎之佑

17歳

サングラスかけてたんだろうパンダの目

兵庫県

花村 夕梨

17歳

輝くは洞爺湖かしら雪かしら

兵庫県

西田 百合華

17歳

成績表入道雲に隠したい

兵庫県

三嶋 もみじ

17歳

玄関にクリスマスカードぽつんとひとつ

和歌山県

新宅 里奈

17歳

振袖に世代を繋ぐ母の愛

和歌山県

谷岡 玲於

17歳

一房で二つの笑顔さくらんぼ

和歌山県

山本 竜士

17歳

フリーダム私は一生ピーターパン

鳥取県

山根 未愛

17歳

金星が特等席で月を見る

岡山県

塚本 菜月

17歳

鰯雲ページをめくる風が吹く

岡山県

山畑 琴音

17歳

別れ際向かいのホーム君と冬

岡山県

前田 俊樹

17歳

賽銭でなげた五円と渡り鳥

広島県

院去 七穂

17歳

有名になった気分だサングラス

広島県

有友 健太朗

17歳

鳥たちの空の行進冬の昼

広島県

白尾 春奈

17歳

悩み事雪降る空を眺めてた

広島県

岡田 恭加

17歳

真っ白な靴ひも結ぶ春の朝

広島県

村田 心

17歳

おい枯れ木なぜこの気温で服を脱ぐ

徳島県

谷 謙三

17歳

時の底から呼び起こされし冬野

愛媛県

菅 希理沙

17歳

ただいまと父の背中に雪が降る

愛媛県

福岡 みらい

17歳

えびフライしっぽが少しさみしそう

愛媛県

中野 玲奈

17歳

十三夜森に走り根絡み合う

愛媛県

有馬 史夏

17歳

山中に轟く蟬よ木漏れ日よ

福岡県

野田 良多

17歳

粉雪が私の涙隠してく

福岡県

岩﨑 愛美

17歳

道をゆく黄色い帽子と金木犀

福岡県

梅木 優香

17歳

食卓が今日だけ定員お正月

福岡県

藤井 碧

17歳

さぁいいよ夏に覚えた円周率

福岡県

河内 惇

17歳

石投げて確かめてみる冬の川

福岡県

鐘ケ江 朝美

17歳

粉雪が宝石となる点灯式

福岡県

緒方 あい

17歳

少年の顔まで隠す麦わら帽

福岡県

田中 秀積

17歳

未来への切符獲得雪間草

熊本県

岩﨑 涼

17歳

蝸牛雨のにおいをつれて来る

大分県

手嶋 陽太

17歳

すれ違う人たち猫背冬の駅

鹿児島県

白拍子 遥菜

17歳

秋の風一人のぼくに優しさを

沖縄県

下門 由希奈

17歳

花衣はらりと脱いで告白す

沖縄県

安次嶺 文乃

17歳

一言が胸にささった秋の暮

沖縄県

翁長 致悠

17歳

初恋にゆれてる私シャボン玉

沖縄県

前本 哲士

17歳

君思ふ椿のような恋心

北海道

増田 高也

18歳

白鳥を引き連れ流れる北上川

岩手県

村上 菜摘

18歳

そびえたつ大きなビルに赤とんぼ

茨城県

島村 佳敬

18歳

霜柱踏み楽しんで靴汚す

茨城県

島田 雅彦

18歳

初雪は千の天使の涙かな

茨城県

木村 慎吾

18歳

思い出をセーラー服に紡いでいく

栃木県

太田 裕香

18歳

ファインダーのぞいて切り取る夏休み

群馬県

高藤 大幹

18歳

カレンダー気づけばめくる月がない

群馬県

阿部 拓哉

18歳

降りしきる雪の中でも弓を引く

群馬県

小林 諒大

18歳

大根を朝抜く母のド根性

群馬県

見目 星華

18歳

豆まきだ家にはたくさん鬼がいる

群馬県

松本 悠里

18歳

ほうれん草土の匂いの体操着

埼玉県

山田 佐保

18歳

君が言う銀杏吹雪もありかもね

埼玉県

片桐 美紀

18歳

うすくはる氷のようなわが心

千葉県

野平 悠貴

18歳

鰯雲いつもみんなの帰り待つ

東京都

清水 優花

18歳

かの本の十ページ目の紅葉かな

東京都

工藤 理世菜

18歳

金曜日わざと落葉を鳴らす帰路

東京都

宇津木 麻佑

18歳

昨日よりきれいに笑うカンツバキ

東京都

尾崎 胡桃

18歳

また一年去年の思い出なぞる冬

東京都

今井 咲

18歳

教室の机が全部コタツなら

新潟県

木村 里穂

18歳

消しゴムをひろってはじまる春の恋

石川県

大島 花佳

18歳

誕生日今日の私は女王蜂

岐阜県

塩屋 佑奈

18歳

お揃いの服を着るのも弥生まで

静岡県

大塚 映実

18歳

七草を食べて今日からダイエット

愛知県

松井 七奈

18歳

秋日和今日も数式解いている

愛知県

伊藤 陸人

18歳

かまくらにギリギリ入るお父さん

京都府

稲次 駿

18歳

渡り鳥遠く見つめて母の歌

大阪府

天野 七海

18歳

天の川時代の流れが見えてくる

大阪府

野地 亮太

18歳

ひまわりは君に向かって一直線

大阪府

山口 華奈

18歳

冬桜ビルの隙間に凛として

大阪府

田村 海大

18歳

太陽の色に染まったかき氷

兵庫県

榎平 結菜

18歳

青春のせの字も出ない夏休み

兵庫県

宮田 怜奈

18歳

日傘からみえる姿は海のよう

兵庫県

本 沙里衣

18歳

夏草が俺も俺もと手を挙げる

岡山県

守谷 祥郁

18歳

陽炎をかきわけ進む独り旅

岡山県

山本 隆人

18歳

制服も次の春にはコスプレに

愛媛県

髙橋 かこ

18歳

赤とんぼ今年も父を連れてきた

福岡県

安河内 大地

18歳

帰省した兄の背中が大人びて

福岡県

中川 桃香

18歳

移りゆく私の心薄紅葉

福岡県

上野 花楓

18歳

風鈴の少し静かな演奏会

福岡県

河野 美南

18歳

桜散る僕たちはまだ夢の途中

福岡県

中島 佑梨

18歳

父帰省うんちくばかりのこたつかな

長崎県

播本 颯貴

18歳

空抑ぐ鯨くすぐる星明り

青森県

山内 唯生

19歳

明暗を彷徨うように蚕眠る

青森県

村上 明由

19歳

清らかに世界を照らす朧月

埼玉県

余 元亨

19歳

人混みにさがした背中は違う人

埼玉県

長島 一美

19歳

ですますをまずは選びて初日記

千葉県

内山 美季

19歳

数日でしぼむ風船淡い夢

千葉県

南雲 俊樹

19歳

雪積もる猫しかいない無人駅

東京都

田 柳

19歳

君想い空へと送る影法師

東京都

芳澤 拓人

19歳

いろいろな意見があって雪白し

東京都

高橋 実里

19歳

節分や雲の上でも豆をまく

東京都

角田 将彦

19歳

「冬は夜」清少納言に物申す

東京都

原田 志保里

19歳

冬麗の高速道路から故郷

神奈川県

梶山 真輝帆

19歳

自撮りしてみんな獣化動物園

神奈川県

窪田 水晶

19歳

手袋と私の心にあいた穴

石川県

中村 萌里

19歳

お前もか成人式のシクラメン

石川県

西岡 航

19歳

自転車をこいで忘れる夏の恋

静岡県

鈴木 渉太

19歳

母の手とよく似た春の陽射しかな

静岡県

加藤 愛莉

19歳

冬時雨遥かに望む富士の山

京都府

金谷 竜弥

19歳

あかぎれの手をとり歩く誕生日

京都府

井上 道子

19歳

冬限定マフラー効果小顔だぜ

大阪府

臼井 雪乃

19歳

食べ物の俳句ばかりが浮かぶ冬

大阪府

楠原 佳奈

19歳

方言で呟く言の葉かわいくて

大阪府

山田 有希子

19歳

海の音ゆらゆら揺れる夏帽子

兵庫県

黒下 未帆

19歳

ツリーよりあなたのことを見ています

奈良県

藤岡 ちえり

19歳

登下校きっと僕だけ向かい風

広島県

正岡 優之介

19歳

地球という大船進む日向ぼこ

山口県

西村 剛

19歳

猪に出会いたくない曲がり角

愛媛県

高田 夢子

19歳

はしゃぐ声庭に早起きの雪だるま

福岡県

武末 瑞季

19歳

駐車場どこへと急ぐかたつむり

沖縄県

賢見 優作

19歳

天の川徐々に流れて聞こえない

中国

沈  楽豊

19歳

小春日のベランダで切る髪ひかる

北海道

上梨 裕奨

20歳

手を繋ぐ親子の影が伸びてゆく

北海道

小澤 伊世

20歳

ポケットにいつかの切符雲の峰

岩手県

髙橋 倭子

20歳

筑前煮焦がして偲ぶ母の味

宮城県

細谷 祐里

20歳

君纏う浴衣の金魚が眩しくて

秋田県

柴田 真喜

20歳

短日や気づくと爪が尖っている

福島県

櫛田 有希

20歳

冬田にて傾くへのへのもへじかな

茨城県

瀧澤 健太

20歳

言葉では空虚だからと手をにぎる

栃木県

出井 利樹

20歳

かさぶたを剝ぎ取るような春終わり

群馬県

井村 佳歩

20歳

冬深しペン握る手の定まらず

埼玉県

常見 達彦

20歳

桃の実をついばむようなキスをせん

埼玉県

牛窪 真帆

20歳

言葉たち冬空に昇りどこへ行く

埼玉県

淺野 一輝

20歳

筆箱にそつとしまはれ赤い羽根

千葉県

魚田 宏明

20歳

晴天や雲を掃くかの稲の波

千葉県

不動 陸

20歳

オリオンの示す家路や午後十時

千葉県

長尾 貴将

20歳

母の日やいつもと違う台所

千葉県

深山 大輔

20歳

バラードのやうに降りけり夜の雪

東京都

佐々木 美聡

20歳

さらさらと明日万緑の風のなか

東京都

大山 

20歳

神の留守ぽっちゃり猫が座ってる

東京都

増田 栞里

20歳

城跡は滅びし後も騒がしく

東京都

相澤 健太

20歳

白河の舟に傾げた夕陽かな

神奈川県

小橋 風音

20歳

春の風出会いの予感旅支度

神奈川県

武谷 萌

20歳

雫手にぽつりと落ちた昼の空

神奈川県

森脇 美文

20歳

いつもとは違う左手温かい

静岡県

石田 千裕

20歳

冬仕度ロールキャベツになる私

京都府

藤田 佳那

20歳

まだやれる深呼吸した旅の空

大阪府

岡本 華奈

20歳

夕焼けよいつまで恋しているんだい

沖縄県

新垣 沙希

20歳

秋の蝶玄関ゆっくりと閉まる

沖縄県

美里 鈴乃

20歳

鳴く猫を追いかけて行く紅葉かな

中国

張 晨

20歳

朝夕の陽を連ねたり吊し柿

北海道

古谷 純平

21歳

雪合戦誰より本気のおじいちゃん

宮城県

鹿野 成実

21歳

レコードの針落つ雪はしんしんと

茨城県

大森 香穂

21歳

沈丁花同じ香りの彼の服

茨城県

三浦 千佳

21歳

雲ひとつ浮かべたるやう雑煮かな

埼玉県

諸我 健太

21歳

太陽と友達だった古帽子

埼玉県

榎坂 賢吾

21歳

言い訳を考えたのに流れ星

千葉県

大成 周子

21歳

肉を焼く男の背中夏盛ん

東京都

池田 智美

21歳

鯛焼きに残る小さな歯型かな

東京都

杉野 夏樹

21歳

母の日や絵本のよごれやはらかに

東京都

城前 佑樹

21歳

君の袖触れた気がして金木犀

東京都

小日向 柚香

21歳

過去よりもこの先よりも今この時

東京都

星野 汐梨

21歳

ノンシュガー上手くいかないこの人生

東京都

奈良 怜那

21歳

ばちばちと燃える薪の音子守唄

東京都

高屋敷 勇人

21歳

たんぽぽの綿がスーツでひと休み

東京都

児島 桜子

21歳

洗濯物ゆつくり干して小春かな

神奈川県

府川 隼弥

21歳

冬日和一本杉の沈黙す

神奈川県

福本 恭佑

21歳

冬空に息を凝らして流星群

神奈川県

岩崎 悠真

21歳

寒空に仰げる影は鳶かな

静岡県

渡邊 大城

21歳

就活で頭いっぱい夢いっぱい

大阪府

梶谷 綾耶

21歳

甘えたい母へと渡す耳かき棒

大阪府

岡崎 茜

21歳

金木犀私の心の消臭剤

大阪府

飯古 真理

21歳

冷凍庫いっぱいにして待つ婆ちゃん

兵庫県

渡辺 育未

21歳

「寒い!」って笑うあなたが冬の季語

広島県

波多間 備

21歳

白いシャツあなたの心が透けて見え

福岡県

江崎 実紀

21歳

目をこすりとにかくレタスをかじる朝

福岡県

原 涼太朗

21歳

月と起き太陽と寝る反抗期

沖縄県

山下 海斗

21歳

告白の花を買う路地霧の雨

中国

呉 天曈

21歳

草青むガードレールの忘れ物

宮城県

澤田 佳音

22歳

風運ぶ春の香りと清き夢

栃木県

永岡 美紀

22歳

幸せはこれかと気づく子の寝顔

栃木県

冨永 桃子

22歳

金木犀香りで気づく空の青

群馬県

石村 夏実

22歳

静寂に包まれ寄り添う雪うさぎ

埼玉県

松永 沙恵

22歳

待ち遠し心が躍る蝉の声

埼玉県

金田 佑太

22歳

ブロッコリーに恋する朝のマヨネーズ

千葉県

松崎 あゆみ

22歳

毬栗の道を忍者のごとく行き

東京都

永渕 遥

22歳

潮干狩り祖父の熊手が太く見え

東京都

笠井 隆央

22歳

靴擦れも夢の続きの終電後

神奈川県

岩﨑 達哉

22歳

独り暮らし話し相手は金魚だけ

滋賀県

内田 容子

22歳

途中下車無人の駅に蝉しぐれ

大阪府

福西 涼太

22歳

思い出を貴方と作り春を待つ

鳥取県

民谷 亜希

22歳

ひとつずつ剥がす付箋や卒業す

広島県

樫本 由貴

22歳

黄昏にぼんやり浮かぶ朧月

山口県

東 翔

22歳

空風に切れる唇鉄の味

沖縄県

平田 朝晃

22歳

まだ若いそんな言葉に口つぐむ

埼玉県

山口 紫江奈

23歳

朝一番冬の匂いを独り占め

東京都

伊藤 希美

23歳

標準語私にとっては外国語

東京都

立石 綾

23歳

朝焼けに一人佇む研究室

東京都

高木 誠仁

23歳

青ネギのワルツ流れる台所

東京都

原田 佳奈

23歳

クール便届く荷物は暖かい

神奈川県

栗脇 綾乃

23歳

半月を頼る私もひとりかな

三重県

栗林 姫咲

23歳

オルガンの和音遥々山眠る

京都府

加藤 綾那

23歳

桜咲き君の産声鳴り響く

兵庫県

廣畑 永遠希

23歳

ドラマ見てひとり楽しむ疑似恋愛

兵庫県

平野 祐子

23歳

ふる里で雪かく母の小さな背中

高知県

鈴島 大貴

23歳

悠々と世界を見てる案山子かな

福岡県

堂本 佳世

23歳

音もなく絵本のような里の冬

熊本県

泉 龍之介

23歳

寒鯉の木洩れ日パクリ食べにけり

大分県

原田 祥吾

23歳

雨が降り蛙飛び込む交差点

群馬県

青木 健

24歳

秋空が女心にとどめ指し

埼玉県

比留間 美帆

24歳

懐かしき君とぶつけるグラスかな

埼玉県

成廣 美里

24歳

大根も母の味へと染まりけり

埼玉県

袴田 眞由

24歳

はっけよい大きな髷のカブトムシ

埼玉県

内藤 朔夜

24歳

指先でつまんでみせる秋の星

千葉県

永田 萌

24歳

産声か桜が先か春を待つ

千葉県

望月 千晶

24歳

冬の朝ひなたを辿って遠回り

千葉県

髙木 美咲

24歳

新米を食べては馳せる故郷の空

東京都

外立 みやび

24歳

石ころを夕日に蹴ってまた明日

東京都

溝田 萌里

24歳

仕事やめ空の高さに気づく秋

神奈川県

奥村 真帆

24歳

地蔵尊願いの数だけ頬笑んで

長野県

熊谷 香澄

24歳

満点のシールみたいな冬の月

三重県

森永 侑樹

24歳

夕暮れの時を計りて秋深く

広島県

上岡 慎司

24歳

第二十八回伊藤園お〜いお茶新俳句大賞 各部門受賞者
優秀学校賞 英語俳句の部 佳作特別賞その3 佳作特別賞その2 佳作特別賞その1 佳作特別賞 都道府県賞 後援団体賞 審査員賞 一般の部B(40歳以上) 一般の部A(40歳未満) 高校生の部 中学生の部 小学生の部(幼児含む) 優秀賞 各部門大賞 文部科学大臣賞