• お〜いお茶 新俳句大賞TOP
  • 第十一回

第十一回受賞作品
第十一回伊藤園 お〜いお茶新俳句大賞 受賞作品
たくさんのご応募ありがとうございました。
※掲載にあたり、敬称は省略させていただきました。

文部大臣賞 各部門 大賞 小学生の部
優秀賞
中学生の部
優秀賞
高校生の部
優秀賞
一般の部A
優秀賞
一般の部B
優秀賞
一般の部C
優秀賞
審査員奨励賞 後援団体奨励賞 ユニーク賞 都道府県賞(1/2) 都道府県賞(2/2) 英語部門受賞作品

文部大臣賞

図書館の二月の椅子の少年よ
群馬県 狩野 優子 51歳
■作者より
図書館は、以前働いていたこともあり、本好きの私にとっては特別な場所です。2月頃図書館に行った時、目の前で黙々と勉強している少年を見て”フッ”と出てきた句です。大人でも子どもでもない年頃の少年と、年末と新学期の間という曖昧な季節を重ねて詠んだものです。
■選評
二月は受験のシーズンである。図書館を利用している学生が多い。室内は静寂そのものだが、どこか空気が張りつめている。固い椅子も気にならない。少年の眼は一途に本にそそがれている。この句はそんな少年の存在そのものを淡々と感情を入れずに素直に書きとってみせた。感情を入れないだけに句にきびしさがある。少年よの〈よ〉に愛情もある。