• お〜いお茶 新俳句大賞TOP
  • 第一回〜八回名作紹介

お〜いお茶新俳句大賞 > 第一回〜八回名作紹介

第一回〜八回名作紹介
伊藤園 お〜いお茶新俳句大賞名作紹介※敬称略

第一回(平成元年) 応募総数…41,373句
高校生以下の部 大賞 十三才パパをおやじと呼んで夏 新沼信幸
大学生の部 大賞 バルコニーで文庫一冊分の陽灼け 山田通代
一般の部 大賞 白菜がまじめに笑って立春です 稲田豊子
第二回(平成2年) 応募総数…47,523句
小学生・中学生の部 大賞 化石掘る手で氷河期にふれている 菊池詩枝
高校生・大学生の部 大賞 冬の空レノンの眼鏡は晴れている 吉盛一也
一般の部 大賞 子のクレヨンぐいぐい冬木描きはじむ 幸野とよ
第三回(平成3年) 応募総数…63,745句
小学生・中学生の部 大賞 ベートーベンにらんでばかりおそろしい 神野希美
高校生・大学生の部 大賞 土手で寝る少しの間雲になる 仲 久恵
一般の部 大賞 光年といふ月日あり冬銀河 松本勝枝
第四回(平成4年) 応募総数…109,750句
小学生・中学生の部 大賞 さんかんびあたまのうしろあつくなる 中山美佳
高校生・大学生の部 大賞 ラジオを消すゼラチン質の闇の音 長谷川優子
一般の部 大賞 春の嵐は異形(いぎょう)となりて街を撃てり 外崎花牛
第五回(平成5年) 応募総数…256,484句
小学生の部・幼児含む 大賞 ねるまえにもう一ど見る雪だるま 兄部拓馬
高校生の部 大賞 兜虫おまえもひどい日焼けだな 中田新一
大学生の部 大賞 ポケットから手を出しさわる春の風 八木澤市朗
一般の部A・65歳未満 大賞 抱いた子を野薔薇のように渡したの 高橋満理子
一般の部B・65歳以上 大賞 象もきてゐる涅槃図(ねはんず)の重さかな 西場栄光
英語俳句の部 大賞 Crabs searching
the stars fallen on the sea
the sky rummaged by claws
(直訳:海に落ちた星を探す蟹たち…その爪あとを大空に…)
Clelia Iflim /ルーマニア
第六回(平成6年) 応募総数…398,191句
文部大臣賞 父の背を越して十五の春一番 佐々木祥一郎
小学生の部・幼児含む 大賞 寒い朝ゴジラの気分でいきを出す 八田寛紀
中学生の部 大賞 りんごかむ口いっぱいに大音響 乾 正一朗
高校生の部 大賞 指さきで読む英単語雪予感 松本理夫
大学生・専門学校生の部 大賞 橋脚(きょうきゃく)の倒れた街の冬銀河 平尾ひみ子
一般の部A・65歳未満 大賞 母ひとり遅れて笑う夜の秋 小林美代子
一般の部B・65歳以上 大賞 行けば行くところに記紀(きき)の梅真白 吉田亜司
英語俳句の部 大賞 Graceful is the deer,
who roams abaut his kingdom
quiet as the snow
(直訳:優美な鹿 その王国を雪のような静かさで 歩きまわる)
Justin Ryan Gammons/アメリカ
第七回(平成7年) 応募総数…489,407句
文部大臣賞 春あけぼの三千グラムの大欠伸 石川和志
小学生の部・幼児含む 大賞 しんぞうがぼくよりさきに走ってる 奥田光徳
中学生の部 大賞 生き物がみんなムニャムニャ春の声 阿部育子
高校生の部 大賞 麦秋や明日はきちんと愛告げる 曽我部和代
大学生・専門学校生の部 大賞 歌詞忘れ終わらぬままの手毬歌(てまりうた) 鍋田祐子
一般の部A・40歳未満 大賞 新じゃがに似たる子の顔なでている 近藤江利子
一般の部B・65歳未満 大賞 雪ばかり見て何もせず誕生日 増田元子
一般の部C・65歳以上 大賞 肩書のとれて大きな夏帽子 西丸秀男
英語俳句の部 大賞 in the small field
chestnut horses everywhere
dancing in the rain
(直訳:小さな野原の何処にも栗毛の馬が雨に踊っている)
Virginia Tuckey/日本
第八回(平成8年) 応募総数…535,894句
小学生の部・幼児含む 大賞 とびばこで足をひらくと空にいる 木澤有祐
中学生の部 大賞 鳥がみんな風の形をしている春 三浦博子
高校生の部 大賞 田舎(いなか)では星が降(ふ)ります頭上注意 山里有希子
大学生・専門学校生の部 大賞 あなたとの距離が近づく冬が好き 近河佐夜佳
一般の部A・40歳未満 大賞 シャワー全開君をとられてなるものか 藤川佐智子
一般の部B・65歳未満 大賞 母が小さくなって赤い唐辛子(とうがらし) 田草川初絵
一般の部C・65歳以上 大賞 草刈って風を失(な)くしてしまひけり 横山美恵子
英語俳句の部 大賞 soft distant music
flowing from the room
in butterfly lines
(直訳:やわらかい音楽が遠い部屋から流れてくる…蝶が舞うように)
Shoko Nozawa/日本