ナビゲーションをスキップ


  • 伊藤園レディスゴルフキャンプTOP
  • 第26回大会

 

第26回 伊藤園レディスゴルフトーナメント


第26回 伊藤園 レディスゴルフトーナメント 賞金総額¥90,000,000 優勝賞金¥16,200,000 2010.11 12FRI 13SAT 14SUN グレートアイランド倶楽部 チャリティの結果報告

伊藤園レディス最終成績

6,619Yards/Par72

順位

A.P.

名前

合計

1R

2R

3R

賞金額

優勝

-10

写真

佐伯 三貴

206

67

70

69

¥16,200,000

2

-9

写真

中田 美枝

207

71

69

67

¥7,920,000

3

-8

写真

イ  ナリ

208

70

68

70

¥6,300,000

4T

-6

写真

アン ソンジュ

210

71

73

66

¥4,950,000

 

 

写真

竹末 裕美

210

74

68

68

¥4,950,000

戸張捷ゼネラルプロデューサーのラウンド解説

1st Round

今年で26回目。会場をグレートアイランド倶楽部へ移して、17回目の“伊藤園レディスゴルフトーナメント”が、始まりました。
今年も、素晴らしい芝のコンディションでトーナメントウィークを迎えることができました。
みなさんもご存じの通り、今年の夏は、例年にない猛暑となり、日本中のゴルフ場が芝の管理に苦労をし、秋になっても、そのダメージが戻らないゴルフ場が多い中、本当に素晴らしいコンディションで、プレイヤー達を迎えることができました。
国内LPGAツアーも、今週の伊藤園レディスと来週の1試合で、賞金シード権が決まります。
この賞金シード権は、賞金ランキングの上位51位までの選手に来年の全トーナメントの出場資格を与えるという、プレイヤーにとっては重要な資格になります。
数十万円の差で52位になっても、来年の出場資格を得ることはできません。
それだけに、51位以内に入るか?否か?は、熾烈な戦いになります。
先週を終え、賞金ランク51位には、浅間生江。52位には、姜如珍と続きます。
恐らく、51位のシード権獲得ラインの賞金額は、1,600万円になると思います。
浅間が、約1,490万円。当確ラインには、予選通過が絶対条件になるでしょう。
第1ラウンドを終え、賞金ランキング53位の吉田弓美子が、1アンダーの6位タイと好スタート。残り2日のプレー次第で、シード権を獲得なるのか?
そんなシビアな戦いも、伊藤園レディスでは、繰り広げられています。
一方、賞金女王争いですが、先週を終え、韓国のアン・ソンジュが1位、2年連続の賞金女王を狙う、横峯さくらが、3,276万円差で追いかけています。
初日4アンダーの2位と絶好のスタートを切った横峯さくら。今大会の優勝が逆転賞金女王への絶対条件。昨年に続く、逆転劇を期待しましょう。

初日を終え、単独トーナメントリーダーは、佐伯三貴。9バーディの4ボギー。タフなセッティングの中での9バーディは見事です。
2007年の大会では、最後まで優勝争いをしながら、18番ホールのセカンドショットを池に入れ、プレーオフに残れず優勝を逃しています。
そのリベンジの思いも強いでしょう。残り2日、どんなプレーを見せてくれるのか?

今年、ピンポジションを例年よりタフにしようと、女子プロゴルフ協会にお願いをし、今日はかなり難しいセッティングとなりました。
午後から少し風も出て、昨年よりも難易度の高い状態なのですが、トップのスコアは、昨年と同じ5アンダー。予選カットラインの目安となる上位50タイのスコアも3オーバーと昨年とほぼ同じです。
つまり、女子プロゴルファーたちの実力が向上している証拠です。

明日の第2ラウンドから、テレビ中継も始まります。
テレビ朝日系列で、午後4時から放送です。
ご自宅で、テレビ観戦も良いかと思いますが、天気も良いようなので、もしチャンスがあれば、グレートアイランド倶楽部へ来て、目の前で、女子プロゴルファーの熱い戦いを見てはいかがでしょうか?

伊藤園レディスゴルフトーナメントをお楽しみください。

2010.11.12

2nd Round

伊藤園レディスゴルフトーナメント2010。5,000人を超えるギャラリーの中、第2ラウンドが行われました。
今年のグレートアイランド倶楽部のコースコンディションは、素晴らしい状態に仕上がっています。
グリーンのスピードを測る、スティンプメーターでは、11.5フィートとトーナメントとしては、充分な早さのコンディションです。
これだけ良い状態なので、競技委員会にお願いをし、例年よりも、タフなピンポジションでセッティングをしています。
そして、今日第2ラウンドが行われ、トーナメントリーダーは、佐伯三貴が、7アンダーで初日からのトップを守りました。
佐伯は、昨日の初日から、ショットの調子が抜群に良いようです。タフなピンの位置にも関わらず、常に良い場所へショットできています。
好調なショットで、2007年のリベンジなるか?
1打差の2位には、韓国のイ・ナリ。今シーズン31試合中13勝を挙げている韓国勢ですが、イ・ナリは、まだ未勝利。2日間、アンダーパーの安定したプレーで明日の決勝ラウンドを迎えます。
逆転賞金女王には、「優勝」が絶対条件の横峯さくら。
トップと1打差の2位からスタートし、一時はスコアを伸ばしたものの、14番のバーディパット、17番では、1mのパーパットと大事なパットを決められずに、最終的にはスコアを1つ落とし、トップに4打差の3アンダー、4位タイに後退です。
ショットの調子は安定しているようです。パッティング次第で、逆転優勝に望みをかけます。
今日スコアを伸ばした、大山志保。賞金女王にも輝いたことがある大山は、昨年、肘の手術をし、今季はここまでの獲得賞金が約720万円。
シード権獲得には、今週と来週で900万円を稼ぐ必要があります。今大会で、ベスト3以内に入り、次週へ期待できる位置を狙って欲しいです。
予選ラウンドを終え、トップの7アンダーというスコアは、偶然にも、昨年優勝の横峯さくらと同じスコアです。
横峯は、最終日にスコアを3つ伸ばして優勝しています。佐伯三貴はスコアを伸ばせるのか?
5オーバー、48位タイ。54名が、明日の最終ラウンドに進出しました。
アマチュア3人が出場していましたが、地元の高校に通う、成田美寿々が、予選を突破しました。
マンデーを勝ち上がり、ツアー初出場での予選通過は立派です。
さて、明日の最終日。今年は、“天気の神様”が味方をしてくれているようです。3日間ともに晴れの天気で大会が進みそうです。
最終日の前半9ホールで、トップのスコアに2打差以内であれば、勝負の行方はわからないと思います。
伊藤園レディスゴルフトーナメント最終日。
今年はどんなドラマが生まれるのか?
お楽しみください。

2010.11.13

Final Round

伊藤園レディスゴルフトーナメント2010の最終ラウンドが終わりました。
優勝は、3日間トップを守った、佐伯三貴。10アンダーで、第26代のチャンピオンに輝きました。2007年、最後まで優勝争いをしながら、最終18番ホールで、セカンドショットを池に入れ、優勝を逃している大会で、3年越しの“リベンジ”を果たしました。
7アンダーで最終ラウンドをスタートした、佐伯。1番ホールでバーディを奪うと、前半でスコアを4つ伸ばし、11アンダーとリードを広げます。
しかし、やはり優勝を意識したのか?バックナインに入り、10番で、あわやダブルボギーのピンチをボギーとしたものの、スコアを落とします。
11番、12番とピンチが続きますが、パーをセーブ。すると、14番で貴重なバーディを奪い、またも11アンダー。
追いかける、イ・ナリは、9アンダー。中田美枝は、8アンダーで終盤へ入ります。
ここ、グレートアイランド倶楽部は、トーナメントの終盤に“ドラマ”が生まれるようなコースに設計されています。つまり、伊藤園レディスの終盤4ホールでは、何が起こるかわからないという、非常にタフなホールが続きます。
15番のパー5で、中田がバーディ。2打差に迫ります。
難易度の高い、16番。佐伯が、グリーンをはずしながら、パーセーブ。
そして、名物とも言える、左に大きなハザードが待ち受ける、17番、18番へと入ります。
17番パー3。ピンポジションは左の奥。
3人ともピンを攻めきれず、グリーンセンターにオン。 イ・ナリ、中田がパーセーブしたのに対し、佐伯は3パットのボギー。10アンダーにスコアを落とします。
1打差で迎える最終18番ホール。最終組の3人がどのようなプレーをするのか?
3年前にこの最終ホールで、涙をのんだ佐伯三貴。
しかし、今年の佐伯は違いました。
グリーンセンターにオンさせたセカンドショット。落ち着いて2パットで、念願の伊藤園レディスのチャンピオン、彼女にとって、ツアー2勝目を飾ったのでした。
今年も非常にスリリングな展開で、素晴らしいトーナメントになりました。
そして、3日間に渡る熱戦は、幕を閉じました。
伊藤園グリーンクラブのボランティアスタッフが、延べ1623人参加してくれました。そのなかには、129人のキッズボランティアもいます。
マンデートーナメントから始まった1週間、大会を盛り上げる大きなサポートをしてくれました。ありがとうございました。
伊藤園レディスは、本庄八郎会長はじめ、主催者のみなさんが、トーナメントというものを、単なるゴルフゲームではなく、トーナメントを通じて、様々な効果を生み出すというコンセプトを作ってくれています。
トーナメントを通じた、チャイリティはもちろん、多くの社会貢献をこれからも実施していきたいと思います。
最後になりますが、テレビを見てくださった方々、会場へ応援に来てくださった方々にも御礼を申し上げたいと思います。
来年も、グレートアイランド倶楽部で、伊藤園レディスで、お会いしましょう。

2010.11.14

大会実施要項

大会名称

伊藤園レディスゴルフトーナメント2010

開催日

2010年11月12日(金)・13日(土)・14日(日)

開催場所

グレートアイランド倶楽部(千葉県長生郡長南町佐坪1782)

主催

株式会社伊藤園

公認

社団法人日本女子プロゴルフ協会

後援

財団法人日本ゴルフ協会
社団法人日本ゴルフトーナメント振興協会
テレビ朝日
長南町

協力

グレートアイランド倶楽部、タリーズコーヒージャパン

ゼネラルプロデューサー

戸張 捷

運営協力

伊藤園グリーンクラブ(ボランティアグループ)

賞金総額

9,000万円

優勝賞金

1,620万円

TV放映

テレビ朝日系24局ネット
・11月13日(土) 16:00〜16:55
・11月14日(日) 16:00〜17:25