伊藤園 新卒採用2019

研究開発職

中央研究所鈴木 政彦Masahiko Suzuki2014年入社

好きな伊藤園の商品TEAs' TEA NEW AUTHENTIC 
ブランド

伊藤園を志望した理由

学生時代、食品の機能性や健康性について学び、食の観点から人々の健康を支える仕事に就きたいと考えていました。また、「企業理念に共感できること」と「海外をリードしていける将来性があること」を重視して就職活動をしていました。お茶をはじめとしてさまざまな飲料の機能性を研究し、チャレンジ精神を大切にしている伊藤園の理念に共感し、志望しました。

現在の仕事内容

乳酸菌をはじめとした食品素材の機能性について、さまざまな細胞を用いて評価・検討する基礎研究を中心とした業務を担当しています。基礎研究ということもあり、試験の目的を常に意識して(商品化したいのか、広告宣伝に使いたいのか、新規知見を見出したいのかなど)、効率良く試験が進むように心がけています。

仕事のやりがい

商品に直接関わることは少ないですが、自分の研究対象にしている素材を使った商品が発売されると嬉しく思います。その商品を手に取ったお客様が「この商品は体に良い感じがして好き」という会話をしているのを聞くと頑張って良かったなと感じます。また、さまざまな実験の手技など、新しいことを学ぶことは楽しく感じますし、自身のスキルアップにつながるのでやりがいを感じます。

伊藤園のここが好き

若手社員の考えでもしっかりと聞いてくれて、チャレンジさせてくれるところです。時には失敗することもありますが、「前向きな失敗はしろ」とよく言われ、意見を聞いてもらえて、挑戦させてくれることはモチベーションにもつながります。若手のうちから自分の考えた仕事を進めることは、難しいことも多いですが、学ぶことも多く、大きく成長できていると思います。

今後の目標

幅広く知識を身に付けたいと思いますが、一つのことを極めたスペシャリストになれたらとも思います。乳酸菌のことなら自分に聞けと言われるような人材を目指していきたいです。伊藤園が持つ乳酸菌の知識は全て持っていると胸を張って言えるようになりたいです。

就職活動をしているみなさんへ

就職活動は社会に出る最初の一歩です。いろいろな業界・企業を見て、聞いて、知ってください。どんなに小さなことでも“知る”ことは、自分の世界観を広げてくれます。アンテナを張り巡らし、自分の可能性を広げてください。大変なことも多く、心が折れそうになることもあるかと思いますが、家族や友人の助けを借りながら乗り越えてください。苦労を知っていることはいつか自分の糧となります。そういう人は社会に出てからも強いです。そういう人を企業も求めていると思います。数年後、思い返したときに悔いが残らないような就職活動にしてください。応援しています!

Career path

  • 2014年中央研究所

ページの先頭に戻る