伊藤園 新卒採用2019

事務職

知的財産部夢川 琢也Takuya Mukawa2009年入社

好きな伊藤園の商品お~いお茶ブランド

伊藤園を志望した理由

当時、食品業界の研究開発職を志望していた中で、『お~いお茶』や『充実野菜』など、身近であり、かつ先進的な商品を発売している伊藤園の開発力・技術力に魅力を感じたからです。

現在の仕事内容

知的財産部は、実用新案、特許、商標および意匠の出願・管理などを行っている部署です。 その中で私は特許関連業務を中心に行っており、伊藤園製品に詰まっている技術を権利化したり、競合他社の出願特許を確認するのが主な仕事内容です。知的財産部は研究開発セクションと連携して、新規技術の権利化を協力して進めたりと、伊藤園の技術や製品開発の初期段階から関わっていく部署でもあり、技術内容や製品コンセプト、飲料業界における中長期的な視点などを総合的に理解することが重要です。そのため、特許という専門的な知識の勉強はもちろんのこと、技術内容や商品知識、競合他社の特許戦略なども理解すること、学んだ知識・経験から新たな戦略や業務のやり方を考えることなどを常に意識することが大切だと感じています。

仕事のやりがい

知的財産部では、伊藤園の技術や商品を護ったり、権利として活用したりと、伊藤園の事業の確保・拡大に直接関係する仕事が多く、非常にやりがいのある仕事だと思います。また、どんな仕事でも当てはまると思いますが、以前の自分では成し遂げるのが困難だった仕事を、スピード感を持って高いクオリティで遂行できるようになったときに自分の成長を実感できます。自分が成長したことを実感することも仕事のやりがいにつながっていくと思います。

伊藤園のここが好き

商品のおいしさや原材料といった品質面に対して真面目なところです。飲料業界に限らず、さまざまな商品において、ブランドイメージが先行しがちですが、伊藤園の商品は品質へのこだわりが一味違うと思います。だからこそ、世界初の缶入り緑茶、小型PETボトルの導入、ホットPETボトルの導入など今までになかった市場をつくり、人々の生活を変えるようなイノベーションを実現してきているのだと思います。

今後の目標

伊藤園の独自技術を発掘し、権利化することで『伊藤園ブランド』の価値を高めたり、新たな市場を形成できる商品や他社が追随できない画期的な商品の開発を促進・保護することです。また『世界のティーカンパニー』を目指す会社として、就職活動中のみなさんに入社したいと思っていただけるような魅力的な会社となるために貢献していきたいと考えています。

就職活動をしているみなさんへ

就職活動とは、さまざまな業界・職種を調べ、自分が興味を持てる仕事や会社を探すことだと思います。自分が興味を持てる仕事や会社を見つけることができれば、きっと入社後も充実したものになるのではないでしょうか。もしみなさんが興味を持てる会社、志望される会社の中に伊藤園があれば幸いです。もしご縁がありましたら、共に伊藤園を『世界のティーカンパニー』として魅力的な会社にしましょう。

Career path

  • 2009年開発部(現 開発二部)
  • 2013年商品企画一部 (現 マーケティング一部)
  • 2014年知的財産部

ページの先頭に戻る