伊藤園 新卒採用2019

営業職

関西量販店部田村 圭亮Keisuke Tamura2015年入社

好きな伊藤園の商品一番摘みのおいしいお茶

伊藤園を志望した理由

学生時代に茶道部に所属していました。活動する中で、老若男女、海外の方にもお茶を差し上げ、お茶一つでコミュニケーションが成立することに感動しました。日常茶飯という言葉があるように、お茶は日本人の生活には当たり前にある飲み物である一方、おいしいいれ方が分からない、種類が多くて分からないなど、興味はあるけれど敷居が高くなっているのではないかと感じました。そこで『世界のティーカンパニー』を目標に掲げる伊藤園で、身近な場所から世界へ、もっと多くの人々にお茶の魅力を伝えたいとの想いから伊藤園を志望しました。

現在の仕事内容

滋賀県の量販店を中心に直接店舗を訪問し、新商品の商談や、そのロケーションにあった売場提案を行っています。お客様にとって魅力のある提案を行うことにより、売場の拡大を目指します。伊藤園ならではの商品の魅力を最大限活かせるよう、販売促進ツールや陳列方法も工夫をして提案しています。

仕事のやりがい

自分が提案した企画やロケーションで、商品が売れると達成感があります。また、店舗の担当者様から信頼され、より大きな売場を任されることにやりがいを感じます。私が現在担当している店舗は今まで直接訪問をしていない店舗でした。最初は小さな売場しかいただけませんでしたが、日々の訪問を重ね、信頼関係を構築することで、今では大きな売場を任せていただけるようになりました。飲料と茶葉を同時展開できるということも、他社には真似のできない伊藤園の強みであると感じます。

伊藤園のここが好き

お茶のリーディングカンパニーとして茶産地育成事業や食育活動、茶文化の発信などを積極的に行っているところです。これは、自然・健康・安全・良いデザイン・おいしいという『製品開発コンセプト』にも繋がり、私も自信を持ってお客様に提案、アピールをすることができます。

今後の目標

お茶は日常的に口にするものですが、実際のところはあまり理解されていないと感じることがあります。社内資格制度である『ティーテイスター』の資格を取得し、より多くの人々にお茶の素晴らしさを伝えたいと思っています。国内を始め、海外でも茶の健康性や“おもてなしの心”はますます関心が高まっています。『世界のティーカンパニー』を目指す伊藤園だからこそできる、やらなければならないことをやりたいと考えています。

就職活動をしているみなさんへ

結果に焦ることなく、自分を見つめる良い機会だと思って就職活動に取り組んでください。疲れたときは熱いお茶で一服してみてください。道は一つではなく、就職は入口であり、そこからやりたいこと、できることは無限に広がっていると思います。みなさんとチーム伊藤園として働けることを楽しみにしています。

Career path

  • 2015年滋賀支店
  • 2016年関西量販店部

ページの先頭に戻る