伊藤園

カテキンラボ CATECHIN Lab

カテキンって
こんなに
すごいのです

「カテキン」
ってなに?

茶カテキンは、
ポリフェノールの一種。

緑茶の渋みのモトです。

健康によいとされる成分「ポリフェノール」の一種です。

ポリフェノールは植物中に数千種類あり、近年その健康性が期待され、研究が盛んに行われています。

「ガレート型カテキン」とは?

「カテキン」を細かく見てみると、8つのタイプがあります。それらは構造の違いによって、「ガレート型」と「遊離型」の2つに分類することができます。
その中でも、伊藤園が注目したのが、「ガレート型カテキン」です。「ガレート型カテキン」には、脂肪やコレステロールの吸収を抑える働きがあります。

ガレート型カテキンは、脂肪やコレステロールの吸収を抑える働き。遊離型カテキンは抗酸化作用をもつ緑茶の苦味成分

「ガレート型
カテキン」の
働き

「ガレート型カテキン」が
脂肪とコレステロールの吸収を抑える

食事で摂った脂肪は小腸から吸収されますが、通常は吸収される際に消化酵素(リパーゼ)によって分解されます。ガレート型カテキンは、この消化酵素(リパーゼ)の働きをブロックすることで脂肪吸収を抑えます。

一方、食事で摂ったコレステロールは通常、胆のうから分泌される胆汁の働きによって作られる微粒子(ミセル)に取り込まれ、小腸から吸収されます。これに対して「ガレート型カテキン」は、微粒子(ミセル)の中でリン脂質(ホスファチジルコリン)と結合し、コレステロールをミセルから追い出し、体内への吸収を抑えます。

コレステロール
を減らす

ホルモン生成のためにも重要なコレステロールですが、血中に増えすぎると、健康に悪影響をおよぼします。体内のコレステロールをバランスよく保つために、ガレート型カテキンは役立ちます。

コレステロール低下のメカニズム

食事で摂ったコレステロールは、ミセルとよばれる微粒子(※)に取り込まれて小腸から吸収されます。「ガレート型カテキン」は、コレステロールをミセルから追い出し、体内へ吸収されるのを抑える働きがあります。

※ 胆のうから分泌される胆汁から作られます。

LDL(悪玉)コレステロール低下作用 折れ線グラフ 矢印 注目

出典:Kajimoto O et al. J Clin Biochem Nutr 33,101-111.(2003)
被験者:血清総コレステロールが高め(180-260mg/dL)の健常な男女60名
摂取方法:朝夕食事に1本、3ヶ月間摂取。一方はガレート型カテキンを高含有する飲料を、もう一方は茶カテキンをほとんど含まない飲料(対照)を摂取

  • 悪玉コレステロールが低下!
  • 2ヶ月後からの効果が大きいわ!

脂肪の吸収を
抑える

ガレート型カテキンは、食事とともに摂取すると、脂肪吸収を抑えます。

体脂肪低下のメカニズム

食事から摂った脂肪は、消化酵素(リパーゼ)によって分解され、吸収されます。「ガレート型カテキン」は、この消化酵素(リパーゼ)の働きをブロックし、脂肪の吸収を抑えます。

体脂肪低下作用 折れ線グラフ 矢印 注目

出典:鈴木裕子ら 日本臨床栄養学会雑誌 29,72-80.(2007)
被験者:BMI23-30、血清総コレステロールが高め(200-260mg/dL)の健常な男女73名のうち40歳未満の女性を除く66名(内蔵脂肪測定者数)
摂取方法:昼夕食時に1本、3ヶ月間摂取。一方はガレート型カテキンを高含有する飲料を、もう一方は茶カテキンをほとんど含まない飲料(対照)を摂取

  • 内臓脂肪が減っていますね!
  • 3ヶ月後から大きな効果があらわれている!

ガレート型カテキンの働き

コレステロール吸収抑制の仕組み
コレステロール吸収抑制の仕組み(平常時) 1.胃や腸にコレステロールが入ってきます。 2.胆のうから分泌される胆汁の働きによって、微粒子(ミセル)が作られ、コレステロールが取り込まれます。 3.ミセルに取り込まれたコレステロールのみが体内に吸収されます。
脂肪吸収抑制の仕組み(ガレート型カテキンの働き) 1.ガレート型カテキンがミセル(胆汁酸ミセル)の中のリン脂質との相互作用が起きる。 2.コレステロールをミセルから追い出します。 3.コレステロールは吸収されず体外へ。