伊藤園
伊藤園の野菜飲料シリーズ
野菜について
製法のこだわり
商品ラインアップ
野菜料理を使ったお料理レシピ
CM情報
[伊藤園の品質管理体制] 野菜飲料の原料産地について
β-カロテン約1.5倍!伊藤園こだわりのにんじんについて
インターネットショップでの購入はこちら
商品ラインアップ
商品詳細
1日分の野菜 コップ1杯に成人1日当たりの野菜推奨摂取量である350g分の野菜を(30種類)使用。主栄養成分をきっちり補える野菜汁100%(※1)の野菜混合飲料です。
商品の特徴
コップ1杯180ml(または1本・紙パック1,000mlは、200ml当たり)に、厚生労働省が「健康日本21」で推奨する1日分の摂取量350g分の野菜を使用し、濃縮して仕上げた野菜汁100%(※1)の野菜混合飲料です。
にんじん、トマトをはじめ30種類の野菜を使用しています。
おいしさと安全性、さらに栄養成分にこだわった独自のナチュラルスイート製法(方法特許 第3362247号・3771919号)を用いています。
野菜を搾る過程などで減少してしまう栄養成分(「カルシウム」・「マグネシウム」・「ビタミンC」)を補い、自社基準として設定している1日の野菜推奨摂取量350g分に含まれる主栄養成分値(「β-カロテン」・「ビタミンC」・「カルシウム」・「マグネシウム」・「カリウム」)を充たしています。
原料の野菜の原産地をパッケージに表記しています(PET900g)(※2)
砂糖・食塩は不使用です。
  ※1 本品はストレート換算で100%以上にしています。その他の原材料は、品質調整のために使用しています。
※2 他の容器はパッケージのQRコード(※3)から原産地がご覧いただけます。
※3 QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
原料の原産地をみる 製法のこだわりをみる
Smart x Eat で健康寿命をのばしましょう。
1日分の野菜推奨摂取量350gの主栄養成分(当社基準)

平成23年国民健康・栄養調査結果から算出すると、野菜350g(うち緑黄色野菜120g)分の主栄養成分値は、下記(左表)のとおりです。野菜を搾る過程で、ビタミンCやカルシウム等の栄養素が減少してしまいますが、当商品は下記の基準を充たすよう、仕上げています(右表)。

平成23年 国民健康・栄養調査
結果より算出した伊藤園の基準
β-カロテン 4195μg
ビタミンC 58mg
カルシウム 125mg
マグネシウム 51mg
カリウム 765μg
「1日分の野菜」 PET900g・コップ
1杯180ml当たりの主栄養成分値
β-カロテン 4720〜15560μg
ビタミンC 60〜185mg
カルシウム 125mg
マグネシウム 51mg
カリウム 770mg
※1μg(マイクログラム)とは、100万分の1グラム。
【年代別野菜摂取量(平成23年 国民健康・栄養調査結果の概要について)】
年代別野菜摂取量(平成23年 国民健康・栄養調査結果の概要について)
健康を維持するためには、成人1日当たり350g以上の野菜を摂ることが推奨されています(厚生労働省「健康日本21」)。ところが、実際には上記のグラフのように、すべての年代で野菜摂取量が不足しています。
「1日分の野菜」は、コップ1杯(180ml、飲みきりサイズの場合は1本・紙パック1,000mlは、200ml当たり)に推奨摂取量350g分の野菜を使用しています。
【栄養成分】
【栄養成分表示・コップ1杯(180ml)当たり】
エネルギー 75kcal 亜鉛 0.1〜0.6mg
たんぱく質 1.7g ビタミンA 420〜1800μg
脂質 0g β-カロテン 4720〜15560μg
糖質 14.5g ビタミンE 1.1〜3.6mg
食物繊維 1.9〜4.1g 葉酸 4〜75μg
ナトリウム 24〜224mg ビタミンC 60〜185mg
カルシウム 125mg ビタミンK 10μg
0.1〜1.0mg ショ糖 3.7〜12.1g
マグネシウム 51mg リコピン 13mg
カリウム 770mg 食塩相当量 0〜0.6g
※1μg(マイクログラム)とは、100万分の1グラム。
※栄養成分値は「PET900g」のコップ1杯当たり。
ショ糖は全て野菜に由来するものです。
商品一覧
PET 900g/缶 190g/紙パック 1,000ml/紙パック 200ml
商品ラインアップINDEXへ戻る ページTOPへ戻る
Copyright (c) All Raights Reserved. ITO EN, LTD. 個人情報保護方針伊藤園ホームページ プライバシー・ポリシー個人情報に基づく公表事項