新着情報

このページを印刷する

2019年9月20日

10月1日『日本茶の日』に合わせて、当社の社員が日本茶の魅力をお伝えします!

お茶をたのしむ わくわく大茶会

 

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、当社が制定した記念日101日「日本茶の日」”に合わせて、当社の社員(伊藤園ティーテイスター資格保有者など)が、日本茶の魅力をお客様にお伝えするイベント「お茶をたのしむ わくわく大茶会」を、全国の店頭などで9月下旬から10月中旬にかけて一斉に開催いたします。本年は、急須でいれるお茶ならではの味わいや楽しみ方をお客様に店頭などで体験していただくとともに、ソーシャルメディアキャンペーンを実施し「日本茶の日」を一層盛り上げてまいります。


昨年の「わくわく大茶会」の様子  

  • ◆内容:

「一番摘みのお~いお茶1200」「お~いお茶 一番摘みのほうじ茶700」「お~いお茶 一番摘みの玉緑玄米茶700」を中心に、日本茶のおもてなしを行います。また開催地によって「手作りほうじ茶・玄米茶体験」や「おいしいお茶のいれ方セミナー」、「抹茶アート」などを実施し、日本茶の魅力を紹介いたします。

<対象製品>※価格は全て税別価格
 「一番摘みのお~いお茶1200 100 1,200
 「お~いお茶 一番摘みのほうじ茶70060 700
 「お~いお茶 一番摘みの玉緑玄米茶700100 700

※店舗により対象製品が変更になる場合がございます

  • ◆実施店舗数、参加社員数:
    全国250箇所以上の店舗・会場で開催。約1,000名の社員が参加いたします。


◆「日本茶の日」とは:
今から432年前の天正15101日。豊臣秀吉が京都府京都市にある北野天満宮にて「大茶会」を開き、身分関係なく多くの方とお茶を楽しみ、お茶を広めました。このことから、当社が101日を「日本茶の日」と制定しました。(日本記念日協会 2002年制定)

◆本年のリーフ関連製品の主な販促:
絶対もらえる「理想の急須」キャンペーン 第4弾(予定)
2019年1015日(火)~2020229日(土)

<ご参考>
2018年度 大茶会・お茶セミナー(おいしいお茶のいれ方セミナー):実施回数:約1,500回実施
・厚生労働省認定「伊藤園ティーテイスター」:人数:2,166名 (117名・2335名・31,814名) ※2019年5月現在

前のページに戻る