となりのおにぎり君

となりのおにぎり君の歌が完成!

おにぎり君の歌が完成!
歌と楽譜を無料配信します。

お茶とおにぎりは昔からコミュニケーションを生み、人の和を結んできました。また、みんなで楽しむ音楽やダンスも、コミュニケーションの和を広げる大切なもの。今回、音楽を通じて多くの人と喜びを分かち合うシンガーソングライターの二階堂和美さんに、となりのおにぎり君の歌をつくっていただきました。

「みんなが歌ってくれたら嬉しい」という二階堂さんの想いから、こちらのHPで楽曲と楽譜をフリーダウンロードできることになりました。おともだちと一緒に歌ってくださいね。

無料配信を記念して、二階堂さんに歌に込めた想いを伺いましたので、そちらもご覧ください。

楽曲ダウンロード 楽譜ダウンロード

・楽曲のダウンロードはPCのみ対応しています。
・スマートフォンの場合は、ブラウザ上で再生されます。
・ダウンロードが始まらない場合は、右クリックで表示されるメニューよりリンク先を保存してください。

楽曲、楽譜をダウンロードした場合は、ページ最後のダウンロード利用規約に同意したものとさせていただきます。


二階堂和美さんインタビュー

となりのおにぎり君の歌が完成!

——「となりのおにぎり君」の歌をつくるときに考えた、テーマやコンセプトを教えてください。

二階堂「おにぎりは私自身も大好きで、人の手でにぎられるということにも、とても大きな意味を感じています。なので、にぎり方の加減を歌に盛り込みたいなと思いました。その加減が、コミュニケーションの要でもあり、思いやりや人間性でもあると思うのです。 また今回、歌のタイトルが先にあったので、『となりのおにぎり君』の『となりの』についても考えました。おにぎりでつながっていく、誰か、他者の存在を感じさせるものだと思いました。自分以外でありながら、それが『となり』という親密性。お茶もおにぎりにはなくてはならないもの。私は幼児の頃から、お茶がないと食事が始められないほど、お茶とごはんはセットなんです。おにぎりとお茶、食べ物と人、人と人。さりげなくとなりに居る、エネルギーをくれる、そんな関係性が描けたらと思ってつくりました」

——優しいメロディとチャーミングな歌詞が印象的ですが、曲と歌詞をつくるときに大切にしたことは何ですか?

二階堂「大人にも子供にも親しんでもらえる歌にしたいと思いました。おにぎりをつくるときはもちろん、「おにぎり」と聞いただけで思わず『♪となりの~』と歌い出したくなるような。ですからメロディはすべて鼻歌で作りました。『うん、そこそこ』という歌詞は、ちょっと肉感的すぎるかしらなんて思いながら、おにぎりのにぎり加減はそういうものだと思ったので。この部分は歌って下さるみなさんがご自身のチャーミングさやユーモアを存分に発揮して、遊んでもらいたいですね」

となりのおにぎり君の歌が完成!

——歌はコミュニケーションを楽しくしてくれるもの。おにぎりとお茶もコミュニケーションを発展させるものです。今回の歌で、子供同士、親子のコミュニケーションがどのようになればいいと思いますか?

二階堂「おにぎりをつくるとき、お茶をいれるとき、そばにいる人と一緒に歌ってほしいですね。シンプルな歌なので、最初のあたりだけ延々繰り返して、どんどん替え歌してもらって、『なにそれー!』『ぷぷぷ!』って笑い合ってもらえたら最高です。一節ずつ順番に替え歌にするゲームにしちゃってもいいですよね。そんな中から、その人の考えていることとか、意外な一面が垣間見えたりするかもしれません」

——歌手であり、母である二階堂さん。お子さんと一緒に「となりのおにぎり君の歌」を歌いましたか?

二階堂「4歳の娘もこの歌がとってもお気に入りのようです。制作している頃から一緒に口ずさんでいて、歌詞を作るときも、彼女から出てきた言葉を「それいいねえ!」と採用したところもあるんですよ。こんどはPVのためにつくっていただいたダンスを見せて、一緒に踊ってみたいと思います! この歌を通して、おにぎりが、お茶が、みなさんにとってより身近に感じられますように! それらは必ずあなたのエネルギーとなって、まあるく働いてくれますよ! うん、そこそこ!」


となりのおにぎり君の
歌をつくった人。

シンガーソングライター
二階堂和美

1974年広島県生まれ。1999年の1stアルバムリリースから現在まで、約20作を発表。代表作は、全曲を作詞作曲した2011年発表の『にじみ』。このアルバムがきっかけとなり、2012年にはNHK『おかあさんといっしょ』に「ショキ ショキ チョン」を提供、また2013年公開のスタジオジブリ映画『かぐや姫の物語』では主題歌「いのちの記憶」の作詞作曲・歌唱へ起用される。現在は故郷である広島県在住。浄土真宗本願寺派の僧侶でもある。


『ダウンロード利用規約』

第1項/コンテンツの帰属
ダウンロードできる楽曲、楽譜の著作権は作詞作曲者に帰属します。

第2項/商用目的利用の禁止
ユーザーがダウンロードした楽曲、楽譜は、提携先、広告主に事前の文書による承諾を受けた場合を除いて、コンテンツ・情報(データ)またはそれらに包含される内容(一部あるいは全部を問わず)を商用目的で複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、使用許諾、転載、再利用しないことにダウンロード時に同意するものとします。

となりのおにぎり君

おにぎりは誰かのためにつくるもの。Ⓒ2016 TS・StudioGhibli

ページトップへ戻る