となりのおにぎり君

となりのおにぎり君って?キャラクター紹介とつくった人たち。 となりのおにぎり君って?キャラクター紹介とつくった人たち。

となりのおにぎり君の
仲間たち。

日本のお茶とおにぎりは、
誰かと誰かを結ぶ日本のたからもの。

主人公は、おかあさんがおとうさんのために愛情をこめてにぎった、おにぎり君。
ゆのみ君やしゃもじ君、ジャー君と一緒に、楽しい物語のはじまりです。
「おにぎりは、誰かのためにつくるもの」
おにぎり君のまわりには、きっと素敵な出会いがたくさん待っています。


となりのおにぎり君を
つくった人たち。

原作兼プロデューサー
鈴木敏夫

1948年名古屋市生まれ。株式会社スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。1972年徳間書店入社、雑誌編集のかたわら『風の谷のナウシカ』『火垂るの墓』等、高畑勲・宮崎駿作品の製作に携わる。1989年スタジオジブリ専従に。以後ほぼ全ての劇場作品をプロデュース。2007年よりTOKYO FM「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」メインパーソナリティを担当。近著に『ジブリの仲間たち』『ジブリの文学』など。

構成・作画
近藤勝也

1963年愛媛県生まれ。『天空の城ラピュタ』(’86)の原画でスタジオジブリ作品に初参加。その後『魔女の宅急便』(’89)でキャラクターデザイン・作画監督、『崖の上のポニョ』(’08)で作画監督と主題歌作詞、「コクリコ坂から」(’11)でキャラクターデザインを務めた。また、『となりのトトロ』(’88)『もののけ姫』(’97)『風立ちぬ』(’13)他、多数のジブリ作品に原画で参加している。

となりのおにぎり君

おにぎりは誰かのためにつくるもの。Ⓒ2016 TS・StudioGhibli

ページトップへ戻る