• 黄金烏龍茶
  • 華やかな金の香り 黄金桂・鉄観音 2つの希少茶葉使用
  • 茶葉から違う、美味しいトクホ
  • facebook

  • twitter

黄金桂・鉄観音

ほのかにキンモクセイの香りのする烏龍茶です。全烏龍茶の中でごく少量しか生産されない 烏龍茶の一種。また、黄金桂は比較的発酵度を低くして製造されるために水色はまさに黄金色である。黄金桂という名前の由来は、その香りが遠くから香ってくるキンモクセイの香りに近いため、黄旦の「黄」とキンモクセイを意味する「桂」から付けられました。黄金桂 ふくよかな香りがする烏龍茶です。その香りは水蜜桃のような甘い香りがします。鉄観音は烏龍茶を代表する品種であり、その生産量は全烏龍茶のわずか約5%程度と非常に希少な烏龍茶です。鉄観音

商品情報

黄金烏龍茶

健康成分 ガレート型カテキン90%含有

カテキンはお茶に含まれる健康成分であり、中でもガレート型カテキンは、脂肪の吸収を抑える働きのある成分です。

ガレート型カテキンとは
  • 許可表示 本品は、茶カテキンを含みますので、食事の脂肪吸収を抑えて排出を増加させ、体に脂肪がつきにくいのが特長です。体脂肪が気になる方に適しています。
  • 1日当たりの摂取目安量 1日2本、食事の際に1本を目安にお飲みください。
  • 摂取上の注意 大量に摂取することにより、疾病が治癒したり、より健康が増進できるものではありません。

脂肪の吸収を抑える「ガレート型カテキン」

カテキンとは 健康成分「ポリフェノール」の一種である「カテキン」は、昔から総称して「タンニン」と呼ばれてきたお茶の渋み成分です。ちなみに、カテキンの語源は、インド産の「アカシア・カテキュー(マメ科アカシア属の低木)」の樹液から抽出されるエキスである「カテキュー」に由来しています。

伊藤園が注目した「ガレート型カテキン」その働きとは 「カテキン」を細かく見てみると、8つのタイプがあります。それらは構造によって、「ガレート型」と「遊離型」の2つに分類することができます。その中でも、伊藤園が注目したのが、「ガレート型カテキン」です。「ガレート型カテキン」には、脂肪の吸収を抑える働きがあります。通常、食事で摂った脂肪は、小腸で消化酵素(リパーゼ)により分解されることで体内に吸収されます。ガレード型カテキンにはこのリパーゼによる食事の脂肪の分解をブロックする働きがあります。つまり、ガレード型カテキンは食事の脂肪が体内に吸収されることを抑制するのです。

TVCM

CM情報はこちら