商品情報

安全・安心への取り組み(品質管理体制)

トレーサビリティの確保
放射性物質検査の実施
ウーロン茶ティーバッグ
製品への対応
製品の原料産地

放射性物質検査の実施

当社では、製品の原料から製造、流通に至るまで一貫した品質管理体制を構築し、製品の安全性確保に努めております。また、2011年の福島第一原子力発電所の事故以降は、原料ならびに製品に対する放射性物質の検査体制を組み入れ、お客様により安全・安心な製品をお届けする取り組みを進めてまいりました。
2012年4月より適用される食品中の放射性物質の基準に対応すべく、新たな検査機器の導入や品質管理体制の再構築を行い、お客様への安全・安心をこれまでと同じようにお届けするために、製品の安全性確保に取り組んでまいります。

製品の安全性

基準値に応じて、ゲルマニウム半導体検出器とNaIシンチレーション式オートガンマカウンターを使い分け、製品検査を実施いたします。

使用水

飲料製品に使用する水(純水または天然水)は、各工場で製造日ごとに検査し、安全性の確認を行います。

原料の安全性

茶葉製品および茶飲料製品に使用される国産茶葉原料は、全ロット検査を実施いたします。また、茶葉以外の国産農産物を加工した原料につきましても、製造メーカーの検査とあわせて全ロット検査を実施いたします。

使用する放射性物質検査機器

  1. ゲルマニウム半導体検出器
    基準値が10Bq/kg 以下または50Bq/kg以下の食品、主として飲料製品、飲用茶(抽出液)、使用水、牛乳、乳飲料の検査に用います。
  2. NaIシンチレーション式オートガンマカウンター
    基準値が100Bq/kg 以下の一般食品、茶葉(荒茶、製茶)の検査に用います。
    ※ Bq = ベクレル

※ゲルマニウム半導体検出器による検査風景

※NaIシンチレーション式オートガンマカウンターによる検査風景

放射性物質検査測定結果

前のページに戻る