お~いお茶 「ひとものがたり」〜 一杯のお茶にかける茶師たちの物語 〜
SCROLL DOWN ↓
人と人との縁を結ぶお茶。伊藤園には、お茶に人生を捧げるプロたちがいる。お茶の香りと味にとことんこだわる職人たちの、ひとものがたり。
00.プロローグ
Prologue
茶農家の朝は早い。整然と美しく連なる、広大な茶畑。そのすみずみまで目を光らせるのは、お茶を知り尽くした職人たち。プロの眼差しは、ときに厳しく。そしてときに温かい。熟練の手しごとで育まれる、小さな若草色の新芽。すべては“おいしい”のために。今日も、茶農家の1日がはじまる。これは1杯のお茶にこめられた、茶師たちの技と想いのものがたり。
01.手入れ
Everyday care
再生 まるでわが子を育てるように。茶樹の生命力を伸ばす、毎日の気配り。 苗から育てた茶樹は、4~8年で摘み採りが可能になる。単に枝を大きくするのではない。育てているのは、茶樹それぞれの生きる力。ミリ単位で枝にハサミを入れて、茶樹の成長を均一に保つ。お茶の葉に必要な栄養の分量と、与えるタイミングを見極める。強く勢いのあるお茶の葉に育ちますように…初めての収穫を迎える茶畑を見守るその目は、わが子の巣立ちを見守る父親の目そのものだ。
02.闘い
Struggle
再生 一瞬たりとも気が抜けない。それは自分との闘い。 たった一晩。霜は、お茶の葉をその一瞬でダメにする。暖かい空気を送り込むファンと、葉の表面を凍結させ中の芽の温度を保つスプリンクラー。霜は、いつおりるか分からない。正常に動いているか?水は均等にかかっているか?見回りは24時間体制だ。お茶の成長を妨げる雑草にも屈しない。蒸気や水、風の力を利用してお茶の生命力を高める。そこには茶畑を守るという、強い意志がある。
03.摘採
Plucking
再生 求められるのは的確な判断。「一番茶」の摘採という、最重要局面。 お茶のプロたちが一様に神経をとがらせる摘採期。摘み採るベストのタイミングはいつか。葉を見て触り茶の「熟度」を読む。いつ、熟すのか?受け入れ態勢は万全か?人手は足りるか?最も重要な天候と気温は?理想的な熟度のお茶の葉を摘めるのは、たった三日間。これまでの経験と勘が試される。そして、一斉に摘採がはじまる。
04.荒茶加工と検茶
Processing and inspection
再生 最高の状態へ製茶し、厳しい検茶にかける。五感を研ぎ澄ませ、茶葉と向き合う。 摘みたてのお茶の葉は、鮮度あるみずみずしい香りと色が失われないよう、すぐに荒茶工場で蒸す、揉む、乾燥させるという工程を経る。お茶の葉の品種、コンディション、そして加工時の湿度と温度を感じとり、機械をコントロールしていくのだ。完成した荒茶を待ち受けるのは、厳しい審査。「おいしさ」はデータだけでは測れない。プロの研ぎ澄まされた五感がキラリと光る。
05.エピローグ
Epilogue
「かれこれ45年もたつね」堀口製茶の堀口泰久社長はにっこりと笑う。ともに成長し、お茶を広く伝えてきた伊藤園との出会いは23歳。その穏やかな口調に反して際立つのは、お茶を入れる熟練の手つき。にじみ出る、厳しい目で茶畑と向き合った、深く長い歴史。お茶職人の技と想いが抽出された、味わい深い、一杯のお茶。 お〜いお茶 動画をまとめて見る
お~いお茶 「ひとものがたり」〜 一杯のお茶にかける茶師たちの物語 〜 人と人との縁を結ぶお茶。伊藤園には、お茶に人生を捧げるプロたちがいる。お茶の香りと味にとことんこだわる職人たちの、ひとものがたり。 00.プロローグ Prologue 茶農家の朝は早い。整然と美しく連なる、広大な茶畑。そのすみずみまで目を光らせるのは、お茶を知り尽くした職人たち。プロの眼差しは、ときに厳しく。そしてときに温かい。熟練の手しごとで育まれる、小さな若草色の新芽。すべては“おいしい”のために。今日も、茶農家の1日がはじまる。これは1杯のお茶にこめられた、茶師たちの技と想いのものがたり。
01.手入れ Everyday care 再生 まるでわが子を育てるように。茶樹の生命力を伸ばす、毎日の気配り。 苗から育てた茶樹は、4~8年で摘み採りが可能になる。単に枝を大きくするのではない。育てているのは、茶樹それぞれの生きる力。ミリ単位で枝にハサミを入れて、茶樹の成長を均一に保つ。お茶の葉に必要な栄養の分量と、与えるタイミングを見極める。強く勢いのあるお茶の葉に育ちますように…初めての収穫を迎える茶畑を見守るその目は、わが子の巣立ちを見守る父親の目そのものだ。
02.闘い Struggle 再生 一瞬たりとも気が抜けない。それは自分との闘い。 たった一晩。霜は、お茶の葉をその一瞬でダメにする。暖かい空気を送り込むファンと、葉の表面を凍結させ中の芽の温度を保つスプリンクラー。霜は、いつおりるか分からない正常に動いているか?水は均等にかかっているか?見回りは24時間体制だ。お茶の成長を妨げる雑草にも屈しない。蒸気や水、風の力を利用してお茶の生命力を高める。そこには茶畑を守るという、強い意志がある。
03.摘採 Plucking 再生 求められるのは的確な判断。「一番茶」の摘採という、最重要局面。 お茶のプロたちが一様に神経をとがらせる摘採期。摘み採るベストのタイミングはいつか。葉を見て触り茶の「熟度」を読む。いつ、熟すのか?受け入れ態勢は万全か?人手は足りるか?最も重要な天候と気温は?理想的な熟度のお茶の葉を摘めるのは、たった三日間。これまでの経験と勘が試される。そして、一斉に摘採がはじまる。
04.荒茶加工と検茶 Processing and inspection 再生 最高の状態へ製茶し、厳しい検茶にかける。五感を研ぎ澄ませ、茶葉と向き合う。 摘みたてのお茶の葉は、鮮度あるみずみずしい香りと色が失われないよう、すぐに荒茶工場で蒸す、揉む、乾燥させるという工程を経る。お茶の葉の品種、コンディション、そして加工時の湿度と温度を感じとり、機械をコントロールしていくのだ。完成した荒茶を待ち受けるのは、厳しい審査。「おいしさ」はデータだけでは測れない。プロの研ぎ澄まされた五感がキラリと光る。
05.エピローグ Epilogue 「かれこれ45年もたつね」堀口製茶の堀口泰久社長はにっこりと笑う。ともに成長し、お茶を広く伝えてきた伊藤園との出会いは23歳。その穏やかな口調に反して際立つのは、お茶を入れる熟練の手つき。にじみ出る、厳しい目で茶畑と向き合った、深く長い歴史。お茶職人の技と想いが抽出された、味わい深い、一杯のお茶。 お〜いお茶 動画をまとめて見る
CLOSE