ニュースリリース

このページを印刷する

2018年1月25日

開けやすく、注ぎやすく、衛生面に優れた

業界初採用!新形状大型紙容器

1日分の野菜」「理想のトマト」「毎日1杯の青汁」

3月12日(月)より販売開始

 

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、お客様のご不満点を解決した高機能の屋根型キャップ付容器(テトラ・ジェミーナ・アセプティック 1000 リーフ)を、「1日分の野菜」「理想のトマト」「毎日1杯の青汁」において野菜飲料業界で初採用し、3月12日(月)より販売開始いたします。

高解像度画像

左より「1日分の野菜」「理想のトマト」「毎日1杯の青汁」

チルド飲料市場において、大型容器の構成比は大きく、中でもキャップ付容器は年々伸長しています。今回、「開けやすく」「注ぎやすく」「衛生面に優れた」本容器を業界で初めて採用し、お客様のニーズにお応えしてまいります。また、長期常温保存(9ヵ月)が可能となっており、販売者様にとっても保管管理がしやすく、廃棄ロスの軽減にもつながる容器となっております。
野菜100%飲料No.1ブランド(※1)の「1日分の野菜」、伸長著しい「理想のトマト」「毎日1杯の青汁」の3製品において、屋根型キャップ付容器を採用することで、チルド野菜飲料市場の活性化を図ってまいります。
(※1)伊藤園調べ(2016年1月~12月数量ベース)

≪容器特長≫
屋根型キャップ付容器 (テトラ・ジェミーナ・アセプティック 1000 リーフ)
・握りやすく、軽い力でキャップを開封できるので、女性やご年配の方にも優しい。
・開口部が広く、傾斜がついているので、液はねせず、スムーズに注ぐことができる。
・液切れがよく、開口部が衛生的。
・未開詮の場合、長期常温保存が可能(9ヵ月)。
・店頭映えする視認性のある容器デザイン。

≪製品特徴≫
1日分の野菜
厚生労働省が「健康日本21」で推奨する野菜1日分の摂取量350g分の野菜を使用し、おいしさをぎゅっと濃縮して仕上げた野菜汁100%飲料(※2)です。手軽に野菜不足を補えるだけでなく、野菜350g分の栄養成分を算出し、野菜を搾る過程で減少してしまう5つの主栄養成分(※3)が摂れるように、きっちり補っているため、普段の生活で不足しがちな栄養成分をバランスよく摂ることができます。2004年5月の発売以来、野菜不足を感じる方や健康を気遣う方を中心に、大変ご好評をいただいており、野菜汁100%飲料No.1ブランド(※1)としてご支持いただいております。
昨年からは管理栄養士と協働し、より多くの方に「1日分の野菜」を知っていただくことができました。今後も関係を強化し、認知・イメージの向上を図ってまいります。
(※2)野菜汁350g以上を使用し、ストレート換算で100%以上にしています。その他の原材料については、品質調整のために使用しています
(※3)ビタミンC、カルシウム、β-カロテン、マグネシウム、カリウム 

理想のトマト
厳選された完熟トマトを使用し、理想の「おいしさ」と「栄養」を追求したトマト100%飲料です(砂糖・食塩無添加)。「甘み・酸味・うま味」の好適なバランスを追求し、トマト飲料が苦手な方でもおいしくお飲みいただけます。また、トマト由来の栄養成分であるリコピンをコップ1杯あたり30mg含有していますので、美容と健康を気にされる方に特におすすめです。直近1年で前年比50%以上増と好調に推移しており、一層お客様のご支持をいただいております。

毎日1杯の青汁
大麦若葉を中心に、ケール、緑茶など3種の国産素材を、豆乳や黒糖でまろやかな味わいに仕上げた、青汁が苦手な方でもおいしく飲める青汁飲料です。微粉砕の国産大麦若葉粉末を使用し、粉っぽさを解消することで、なめらかな味わいに仕上げました。特許製法「ナチュラルグリーン製法」で、素材由来のきれいな緑色を保持しています。また、カルシウムの吸収を促進する“ビタミンD”と細胞の健康維持を助ける“ビタミンE”が摂取できる栄養機能食品(※4)です。
(※4)特定の栄養成分について、消費者庁長官が定める規格基準値を満たす場合、それらの栄養成分の機能表示ができる食品をいいます。

≪製品概要≫

製品名 1日分の野菜 理想のトマト 毎日1杯の青汁
品名 野菜混合飲料 濃縮トマト飲料 青汁飲料(清涼飲料水)
荷姿 屋根型キャップ付1000ml紙パック×6本
希望小売価格(税別) 350円
JANコード 4901085197370 4901085197394 4901085197417
賞味期間 (未開封) 9ヵ月
発売日 3月12日(月)
販売地域 全国

前のページに戻る