ニュースリリース

このページを印刷する

2017年11月30日

サプライチェーン全体の「環境負荷軽減」と「生産性向上」を目指し、

ドリンクおよびリーフ製品の
賞味期限「年月表示」への移行を拡大

賞味期間9ヵ月以上1年未満ドリンク製品・賞味期間9ヵ月以上リーフ製品を追加

2018年1月より順次拡大

 

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、「お~いお茶」ブランドをはじめとした全カテゴリーの賞味期間9ヵ月以上1年未満の紙製品を除くドリンク製品および賞味期間9ヵ月以上のリーフ製品について、賞味期限を「年月日表示」から「年月表示」への移行を2018年1月より順次拡大してまいります。

当社は、製配販のサプライチェーンにおける環境課題(地球温暖化防止、廃棄物削減等)を整理し、解決することを目指し、2013年より加工食品の賞味期限の「年月表示」への移行に取り組んでいます。

2013年4月より「磨かれて、澄みきった日本の水(信州・島根)」において賞味期限の「年月表示」を開始し、2017年9月より対象製品を賞味期間1年以上のドリンク製品に拡大いたしました。今回、対象製品をさらに拡大し、賞味期間9ヵ月以上1年未満の紙製品を除くドリンク製品および賞味期間9ヵ月以上のリーフ製品の「年月表示」への移行を実施いたします。今回の取組みにより、全アイテムの約8割が「年月表示」となり、食品ロスの軽減・物流効率化に伴うCO2排出量の削減による“環境負荷軽減”および店舗や倉庫での管理対象ロット数の減少や保管スペース縮小などの作業効率化による“生産性向上”が期待できます。

当社は「自然が好きです。」をコーポレートメッセージとし、これからも環境に配慮した製品・サービスの提供を通じて、自然環境負荷の低減に貢献してまいります。

■年月表示の移行スケジュール

2013年4月~ 「磨かれて、澄みきった日本の水(信州・島根)」
2017年9月~

賞味期間1年以上のドリンク製品(ペットボトル、ボトル缶、缶)

「お~いお茶」「健康ミネラルむぎ茶」「TULLY’S COFFEE」ブランドなど、約100アイテム

2018年1月~ 賞味期間9ヵ月以上1年未満の紙製品を除く飲料製品(ペットボトル、ボトル缶、缶)
「お~いお茶」「カテキン緑茶」「Relaxジャスミンティー」ブランドなど、約160アイテム
賞味期間9ヵ月以上のリーフ製品(茶葉、ティーバッグ、インスタント製品)
「お~いお茶」シリーズ、「一番摘みのおいしいお茶」シリーズ、「お~いお茶 プレミアムティーバッグ」シリーズなど、約110アイテム

前のページに戻る