ニュースリリース

このページを印刷する

2016年3月31日

独自の水素封入方式で「水素」を溶け込ませた

わたしを磨くHyper AQUA(ハイパー アクア)

「 水素水 」

4月11日(月)より販売開始

 

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、独自の水素封入方式を採用した「水素水」を、4月11日(月)より新発売いたします。

◇水素とは
厚生労働省が食品添加物として認めている素材の1つで、空気中にわずか約0.00005%しか存在しない宇宙一「小さい」原子です。また水素水とは、気体の「水素分子(H2)」が溶け込んだ水のことを言います。

水素水

高解像度画像

「水素水」

410mlボトル缶

◇独自の水素封入方式 (特許:第5746411号)

特許技術「高濃度(※1)で封入」かつ「抜けにくい」、水素水生成方法を採用しています。「水素」は非常に軽くて小さいため、一度開封すると徐々に空気中に抜けていきます。そこで、水素ガスを高濃度、かつ非常に細かい気体で吹き込むことで、水素が水中に長時間存在できるようにしました。

容器は水素が抜けづらいアルミ缶を採用しており、常温・常圧にて未開封時であれば賞味期限までの水素濃度を0.3~0.8ppm(※2)(生成時水素濃度(※3)1.6ppm以上)に保つことができます。また、可能な限り水を多く充填してキャップとの隙間を小さくし、水素が空気中に逃げにくくしています。容量は410mlのため、水分補給としてゴクゴクお飲みいただけます。

 

今回、水分補給として好適な「水素水」を新発売することで、健康に関心の高いお客様のニーズにお応えしていくとともに、水素水市場のさらなる活性化を図ってまいります。

◇想定する飲用シーン
水素水は医療品や医薬品ではないため、飲むタイミングを気にする必要はありません。水と同じように、朝起きた時や、夜寝る前、お風呂上りやスポーツをする時など、通常の水分補給と同じ感覚でお飲みいただけます。

◇開栓後の水素濃度
開栓後は水素が徐々に抜けていきます。そのため、きちんとフタを閉め、2~3時間を目安にお飲みいただくことをお勧めいたします。

(※1)当社では、圧力をかけない状態(常温常圧下)で水素が水に溶けこむ限界値に近い1.6ppm以上の水素濃度を「高濃度」と表現しています。
(※2)100万分の1を意味する「parts per million」の略です。例えば「1ppm」は、1Lの水に1mgの水素が含まれていることを表します。
(※3)水素分子が水に溶け込み、水素水ができた時の水素濃度です。また「水素濃度」は、水素分子が水に溶け込んでいる濃度です。

≪製品概要≫

製品名 水素水
品名 清涼飲料水
水素濃度 0.3~0.8ppm(※) (生成時水素濃度1.6ppm)
荷姿 410mlボトル缶×24本
希望小売価格(税別) 185円
JANコード 4901085181508
賞味期間 (未開封) 9ヶ月
発売日 4月11日(月)
販売地域 全国

(※)工場出荷時から賞味期限までの水素濃度(未開封)

前のページに戻る