ナビゲーションをスキップ


  • お〜いお茶 新俳句大賞TOP
  • 第二十五回

 

第二十五回 お〜いお茶新俳句大賞

都道府県賞

第二十五回伊藤園お〜いお茶新俳句大賞 各部門受賞者
優秀学校賞 英語俳句の部 佳作特別賞その3 佳作特別賞その2 佳作特別賞その1 佳作特別賞 都道府県賞 後援団体賞 審査員賞 一般の部B(40歳以上) 一般の部A(40歳未満) 高校生の部 中学生の部 小学生の部(幼児含む) 優秀賞 各部門大賞 文部科学大臣賞
都道府県賞

消しゴムの性格どんどん丸くなる

北海道

佐々木 菜那

12歳

円周率優柔不断な僕のよう

北海道

牧野 太郎

13歳

アイロンで自由な時間伸ばしたい

北海道

村元 圭介

14歳

成長を新芽と競う子供たち

北海道

田口 菜美

26歳

両側に桜咲かせて時計台

北海道

田山 幸二

84歳

りんごもぎりんごが寒いとはなしてる

青森県

船田 りこ

10歳

寒いけど心あたたか津軽弁

青森県

櫻田 舜美

11歳

一面に鈴の音響く月の夜

青森県

松井 望

16歳

骨太の向日葵万の種放つ

青森県

吉田 敦

25歳

地吹雪の痛さと遊ぶ津軽っ子

青森県

高杉 茂勝

69歳

ブランコで空中飛行虹の上

岩手県

千葉 もみじ

13歳

春待ちて鷲形探す岩手山

岩手県

立花 春希

16歳

子の笑顔家族みんなが癒される

岩手県

佐々木 由夏

29歳

草の実の秋の名札をつけている

岩手県

M中 由紀

41歳

壁に影うつして遊ぶ蜻蛉かな

岩手県

橋 勉

83歳

虫たちが目覚めるころは花笑う

宮城県

高橋 叶愛

11歳

雪の道轍が女神の髪のよう

宮城県

桂田 日向子

16歳

夏雲のラジオが流す蝉の唄

宮城県

佐々木 遼

24歳

稲穂揺れ風が足跡残し行く

宮城県

伊藤 雄太

31歳

横たわるオリオン見上げ仕事終ゆ

宮城県

菊池 珠貴

39歳

とびばこがおれをとべと言ってくる

秋田県

伊藤 海智

9歳

一等をとったハチマキ汗光る

秋田県

佐々木 楓

11歳

聞かせてよ夢の続きを東風にのせ

秋田県

伊藤 りこ

14歳

雪かきで近所の絆強くなる

秋田県

津谷 一総

20歳

夜の道月を引き連れ猫が行く

秋田県

佐藤 優子

35歳

白鳥の声ではじまる雪げしき

山形県

本間 友佳子

12歳

恋し君想えば浮かぶ春の月

山形県

武内 要子

30歳

雨上がり虹へ駆け出すこどもたち

山形県

三澤 洋平

30歳

新しいペダルに春を巻きこんで

山形県

伊藤 麻実

35歳

昼寝でも探して伸びる愛しき手

山形県

森 美香

38歳

どんぐりのぼうしはまるで絵かきさん

福島県

遠藤 萌花

7歳

クリスマスおやすみ何度言ったかな

福島県

藤本 莉緒

10歳

クヌギの木大横綱のカブトムシ

福島県

羽曾部 優斗

11歳

祖父の家みんな集まりぽっかぽか

福島県

有賀 史乃

15歳

十年を一日のように話す母

福島県

小川 利雄

65歳

雪のあと空より青いつくば山

茨城県

中島 真人

8歳

鳥たちが歌うその道温まる

茨城県

名嘉 虹郎

9歳

凜と咲き我が背を押して桜花

茨城県

紺野 実来

17歳

大掃除出して見入って日が暮れて

茨城県

助川 陽子

34歳

薪割りの極意は気合息白し

茨城県

福島 敬二

81歳

お日さまもみんないっしょにあさごはん

栃木県

増田 栞

7歳

冷蔵庫あふれて閉まらぬお正月

栃木県

山崎 咲音

14歳

小春日に幼き声が溶けてゆく

栃木県

橋 那奈江

17歳

春風を味方につけて君のもと

栃木県

井野元 緑

32歳

山笑うペダル蹴り出し会いに行く

栃木県

萩原 たみえ

52歳

朝露で茶畑一面輝いた

群馬県

須田 侑輔

14歳

祖母の家小さな宇宙蛍籠

群馬県

大内 愛海

17歳

風船の中に童心置いてゆく

群馬県

柏原 開

22歳

几帳面夫の雪かき職人芸

群馬県

星野 美佐子

39歳

からっ風群馬の夜景透き通る

群馬県

今井 いずみ

39歳

七五三まえばがはえてよかったな

埼玉県

関口 花

7歳

新しい未来がみえるさかあがり

埼玉県

大久保 樹香

11歳

父のむくりんごの皮に厚みある

埼玉県

西澤 朋加

12歳

桜咲く少し大きい靴を履き

埼玉県

内山 高汰

14歳

蔵の街直角に曲がり燕くる

埼玉県

後藤 宏

71歳

恵方巻口にいっぱい福ためる

千葉県

今村 文香

11歳

七草のどれが好みと言われても

千葉県

綿引 優夏

14歳

土筆坊無口な祖父のほほゆるむ

千葉県

岡 杏樹

16歳

紫陽花の藍に空あり海がある

千葉県

中田 芳彦

74歳

棚田張る田越しの水に風光る

千葉県

橋 トシ

88歳

ママ似ならパパと結こんできるかも

東京都

深山 咲生

9歳

サンタへの手紙書いた日なつかしむ

東京都

前畑 菜桜

14歳

洗いたてフワッと感じるママのにおい

東京都

柴山 咲紀子

16歳

運動会位置についてる父とカメラ

東京都

横山 裕紀

23歳

恋の字の心の位置が気にかかる

東京都

米田 友祐

31歳

照れた顔夕日のせいにしてみたり

神奈川県

福西 明日香

14歳

君の目を見つめただけで炎天下

神奈川県

梅下 栞

16歳

母になり世界に色がついてきた

神奈川県

永井 千夏

28歳

大丈夫と濃く書く2B夏近し

神奈川県

小野寺 勇

57歳

白菜の芯に残りし日のぬくみ

神奈川県

塚本 治彦

59歳

ほうきくんエレキギターにへんしんだ

新潟県

片山 麻里

10歳

青空は地球の機嫌良い時だ

新潟県

谷 優樹

12歳

教科書を大根みたいにつけこんで

新潟県

佐藤 瑠唯

15歳

セーターのほつれで思い出あふれだす

新潟県

坂詰 真奈

17歳

やまびこに誓った言葉返ってくる

新潟県

藤井 美帆

27歳

夕日あび白い立山ほほえむよ

富山県

川尻 優希

7歳

高山の寒さが生んだ白いかべ

富山県

越前 克仁

10歳

犬の尾は上むく正月よく晴れて

富山県

大橋 りか

12歳

鳥の声追いかけながら春を待つ

富山県

前田 雅美

35歳

宇宙から日本語を聞く星月夜

富山県

岡野 満

60歳

セーターがいつ着るのかとまっている

石川県

山田 修輔

9歳

振袖の不馴れな足元雪踊る

石川県

角 隼人

27歳

流星群ロマンチックがすずなりで

石川県

神頭 真未

41歳

祖母と見た山の景色を孫とみる

石川県

嶋野 まり

56歳

お雛様横になりたいかも知れず

石川県

牧野 知恵子

57歳

冬の旅一期一会の出会いあり

福井県

岩井 陸

16歳

滑り台はじける笑顔に春が吹く

福井県

牧野 美星

26歳

青い空夏の入ったシャボン玉

福井県

和田 真也

39歳

雨垂れのひとつひとつにある宇宙

福井県

川 定男

61歳

母恋えば雪嶺はゝに似て優し

福井県

稲田 益兵

83歳

フォークダンスうるさい男子も王子様

山梨県

八田 妃花

10歳

雪うさぎゆっくり溶けて動きだす

山梨県

柳澤 真菜緒

13歳

制服が背中を押した春の朝

山梨県

河野 歩季

13歳

部活後にぱっと見上げる星が好き

山梨県

大畑 友理香

16歳

切った髪気づいてほしい春休み

山梨県

岡田 菜摘

20歳

信州に冬将軍が住みついた

長野県

長澤 佳子

11歳

先生は難問解く時宇宙人

長野県

渡邉 真衣

14歳

紅葉もゆ負けじと私紅を引く

長野県

比田井 美穂

25歳

初詣八十路神鈴強く打つ

長野県

内川 伝夫

82歳

何か跳ね何か光りぬ春の池

長野県

関 徳寧

89歳

キャベツさんようふくいくつきてますか

岐阜県

笠井 真奈

8歳

母の声朝からひびく氷点下

岐阜県

藤原 未奈実

11歳

祭りの日山脈連ねるかき氷

岐阜県

野 来璃沙

15歳

紐ほどく靴の中にも花吹雪

岐阜県

安井 奈菜

22歳

雛つばめ口の赤さに空の青

岐阜県

藤井 智恵

32歳

もちつきで疲れて眠る祖父がいる

静岡県

勝亦 陽菜

14歳

しし座からこんぺい糖が降ってくる

静岡県

依田 耕成

15歳

桜咲く一ページ目の美しさ

静岡県

下位 由香

17歳

落書きを書いては消して冬の窓

静岡県

堀畑 明信

17歳

菜の花に染まりて睡る乳母車

静岡県

上野 和子

76歳

鬼は外そっとママにもかけちゃった

愛知県

江口 輝

10歳

紫陽花は涙をふいて咲き続ける

愛知県

門間 日菜乃

17歳

ブランコを漕いで蹴飛ばす茜雲

愛知県

真野 聖子

17歳

春の芽に負けじと育てお腹の子

愛知県

山本 早絵

21歳

立春の土の匂ひを軽く踏む

愛知県

早矢仕 邦夫

72歳

うぐいすが鳴けば自分もすがすがしい

三重県

伊藤 俊太

14歳

足あとでいたずらばれた雪景色

三重県

川西 真美

22歳

降り積もる落ち葉の如き恋心

三重県

大庭 裕介

25歳

お乳飲む力強さがうれしくて

三重県

川島 尚香

29歳

冬休み大人の顔で帰省する

三重県

岡本 欣也

29歳

陸上部かげろうの上走ってる

滋賀県

桐江 郁哉

14歳

中吉で迷子になった初もうで

滋賀県

嶋澤 華子

16歳

黒板の緑にはえる祝卒業

滋賀県

千貫 はるか

17歳

土踏まずほぐして歩く秋の山

滋賀県

岡村 頼孝

24歳

春うらら風車もあくびしています

滋賀県

村木 良江

80歳

前髪が言うこと聞かずそっぽむく

京都府

細見 桃花

14歳

桜散る長めの服と次の道

京都府

和田 拓朗

18歳

古都の香や迷子を楽しむ昼下がり

京都府

平井 由紀

20歳

待望の春一番に道譲る

京都府

須田 智昭

38歳

柿熟れて村中甘くなりにけり

京都府

阪根 瞳水

80歳

馬走る心も走る僕走る

大阪府

岸畑 秀真

13歳

グラウンドに残る白線残暑かな

大阪府

山下 右京

17歳

コスモスをそっとさし出し仲直り

大阪府

小長谷 れいか

19歳

我が子抱き父への感謝溢れだす

大阪府

増田 竹志

29歳

いつの日か巣立っていく手の温かさ

大阪府

橋本 久子

40歳

春の風次へのとびらが開かれた

兵庫県

上田 彩女

16歳

大根に育てる私が育てられ

兵庫県

石田 一馬

18歳

手で書く字いつの時代もあったかい

兵庫県

梅宮 洋子

29歳

永き日や心の声を聴く書展

兵庫県

平松 洋南

70歳

夫婦の和百六十歳の春来たる

兵庫県

小林 元成

82歳

雪ふれば私の足がスタンプだ

奈良県

戸坂 日和

11歳

わたり鳥心をつなぐ手紙かな

奈良県

下城 淳

11歳

暑がりのアゲハが休む鹿の角

奈良県

山上 秋恵

38歳

おやじ似の入道雲がにらんでる

奈良県

長谷川 カズオ

66歳

小春日や竿に腕振り踊るシャツ

奈良県

北口 恵子

78歳

春風に希望いっぱい種をまく

和歌山県

新屋 きらり

11歳

さざんかが満開になり葉をかくす

和歌山県

 日香子

14歳

二十歳なり母子でほどくしつけ糸

和歌山県

腹巻 紀子

17歳

筑前煮ちくわとこんぶがこんにちは

和歌山県

石田 瑠那

17歳

凧揚げて空とつながる親子です

和歌山県

寺田 芳夫

34歳

新米はおじいさんのだいけっさく

鳥取県

澤田 拓実

11歳

きっかけは私が落としたペンケース

鳥取県

安本 三華

17歳

電話越しあの子の息もきっと白

鳥取県

徳中 直美

20歳

旅の宿何歳になるや古こけし

鳥取県

近行 智美

43歳

稲穂見る農夫の背なにある自信

鳥取県

田内 和夫

62歳

ひらひらとゆれるこのはの音がする

島根県

 架音

9歳

ゴロゴロと親父のいびき雪起こし

島根県

林 ありざ

15歳

眺めてるあいだに乾く桜餅

島根県

角森 みゆき

19歳

正座してこたつの上で宛名書く

島根県

品川 和哉

23歳

手を繋ぐ二人横目に鯉弾む

島根県

周藤 亮太

27歳

頑張れと我に語れる除夜の鐘

岡山県

木綿 祐介

14歳

りんごあめ記憶がまるく溶けてゆく

岡山県

田村 千尋

16歳

大晦日弱い自分を置いていく

岡山県

楠見 文人

18歳

その腕に子を抱く友は母の顔

岡山県

森 直美

27歳

夏休みラジオ体操半世紀

岡山県

西谷 よつば

61歳

どんぐりはこまにへんしんすごいよね

広島県

布川 結斗

9歳

れんこんの穴の先から日本晴れ

広島県

道祖尾 研太

15歳

手袋をかたっぽくれる君が好き

広島県

森橋 秀介

18歳

屋根裏の古びた箱に眠る夢

広島県

川上 定俊

24歳

笑う泣く乳吸う眠る春満月

広島県

伊藤 順二郎

65歳

大掃除毎年出てくる謎のネジ

山口県

宍戸 康平

16歳

冬の空心を透す丸い月

山口県

古川 翔貴

17歳

日にむかいよいしょよいしょと歩く祖母

山口県

田村 亮太朗

18歳

こっそりと窓が教えてくれた春の色

山口県

秋本 伸矢

26歳

ざっくりと鍬にあたりし春の土

山口県

赤坂 満子

78歳

初夢を見ているぼくの夢を見た

徳島県

利光 孝文

11歳

色彩をはこんで流れる秋の風

徳島県

四宮 亜規

17歳

縄跳びが丸く切り取る夏の空

徳島県

芝山 明義

53歳

針の音昭和を聴きて秋が過ぐ

徳島県

谷本 良裕

57歳

大空に人生見たり流れ星

徳島県

中野 潔

86歳

黒板に刻んだ記憶忘れない

香川県

平野 紗希

17歳

カーテンを開くと白い雪瓦

香川県

荒山 ゆかり

34歳

猫だけが落ちついている雪の朝

香川県

高松 和美

42歳

数の子や噛めば音する夢の数

香川県

内海 順一

51歳

さへづりも笑みもこぼるる絵日記帳

香川県

大池 暹

66歳

初もうで毎年ふえるねがいごと

愛媛県

渡部 総

9歳

築百年校舎にひびく除夜の鐘

愛媛県

水成 友美

12歳

初夏の風カレーのかおり甘口だ

愛媛県

清水 萌

12歳

夏祭り花火じゃなくて私見て

愛媛県

小浜 智美

17歳

四世代童謡歌う散歩道

愛媛県

森下 麻世

32歳

帰り道夕やけ空はいい匂い

高知県

戸田 雄大

17歳

君といる時間はなぜか早送り

高知県

岡田 健人

18歳

透きとおる君の声聞く雪の朝

高知県

山地 摩弥

25歳

おかえりと時雨の中で手を握る

高知県

豊島 未来

32歳

シーソーや何度も君に夕陽落ち

高知県

青木 よしはる

49歳

つばめの巣今日から我が家の一員だ

福岡県

鳥巣 耕平

12歳

ノートの字ていねいなのは四月だけ

福岡県

片山 花音

14歳

障子替え穴から出てくる子供の目

福岡県

松岡 諒

14歳

結晶を数億集め雪合戦

福岡県

安東 礼子

45歳

霜柱今宵第九のリハーサル

福岡県

赤松 信女

69歳

無造作におかれた上着に宿る春

佐賀県

田口 傑

14歳

宙を舞う粉雪つかむもみじの手

佐賀県

植松 成美

14歳

桜餅春の便りと笑う祖母

佐賀県

池上 友美

27歳

怒られて抱きしめられて冬の空

佐賀県

吉川 千穂

33歳

子離れをします蒲公英飛ばします

佐賀県

北 祐二郎

47歳

雪だるま晴れたら家に帰ってた

長崎県

前川 瑛己弥

12歳

十八番オハコと読むと知った夏

長崎県

久保田 彩愛

17歳

寒空に想いのたけを綴るべし

長崎県

倉本 詩織

18歳

立春にもう一度引くみくじかな

長崎県

近藤 理絵

38歳

日記買う未来の私に期待して

長崎県

大堀 三英子

43歳

涙出て小さな小さな虹できる

熊本県

徳本 櫻子

11歳

コスモスのゆれる庭先母といる

熊本県

廣瀬 桃子

14歳

霧深く流るる球磨川美しき

熊本県

中村 天駿

17歳

まばたきが空に花火を縫い留める

熊本県

森田 知哉

32歳

振り返る心にしみる九十年

熊本県

濱 式子

90歳

母の日に一日母になっている

大分県

越智 麻尋

8歳

タンポポは泣いたその日も陽にあたる

大分県

志手 二千花

13歳

遠回りそれでも一緒に帰りたい

大分県

西嶋 亜沙海

16歳

また少し伸びた子の背と秋の影

大分県

藤井 洋美

30歳

大宰府の梅の香りに勘も冴え

大分県

柴田 有希

39歳

丘の上空が私を抱きあげる

宮崎県

岩切 麻鈴

14歳

ひざの上春を夢見る子猫かな

宮崎県

児玉 由可子

15歳

ゆずり葉が笑う祖父との腕相撲

宮崎県

甲斐 竜樹

16歳

澄む水にちょこんと足先つけてみる

宮崎県

溝口 愛希

17歳

お日様を抱いた布団にダイブする

宮崎県

長谷川 久美子

34歳

剣道の成果を見せるスイカ割り

鹿児島県

久保 絢華

12歳

塾帰りだんだん月が太ってく

鹿児島県

今吉 由佳

15歳

初恋よお前も立派な柑橘類

鹿児島県

花本 くるり

17歳

いまはまだ出せない手紙紅葉色

鹿児島県

田畑 香織

27歳

太陽にぶつかるくらい凧のぼる

鹿児島県

栗野 早緒里

37歳

干し柿に働き者の祖母を思う

沖縄県

玻座真 大介

13歳

大木の何も求めぬ優しさよ

沖縄県

樋口 たーじゅ

16歳

オリオン座那覇の夜空に君臨す

沖縄県

小嶺 翠真波

17歳

自転車で夏の景色と旅をしよう

沖縄県

金城 比奈子

17歳

傷ついた机を磨く卒業の日

沖縄県

渡嘉敷 愛美

19歳

ハロウィーンがおわってかぼちゃがさみしそう

アメリカ

永田 真大

7歳

遠方の母をば思い餅焦がす

アメリカ

天野 友道

24歳

ひまわりに重ね合わせる友の顔

シンガポール

跡上 早紀

17歳

ふんわりと金魚のしっぽ水静か

ドイツ

ヴィルツ 結里愛

12歳

長生きの秘訣明かさず初笑ひ

ブラジル

青木 一男

89歳