ナビゲーションをスキップ


  • お〜いお茶 新俳句大賞TOP
  • 第二十三回

お〜いお茶新俳句大賞 > 第二十三回 > 英語俳句の部

 

第二十三回 お〜いお茶新俳句大賞

英語俳句の部

第二十三回伊藤園お〜いお茶新俳句大賞 各部門受賞者
優秀学校賞 英語俳句の部 佳作特別賞その3 佳作特別賞その2 佳作特別賞その1 佳作特別賞 都道府県賞 後援団体賞 審査員賞 一般の部B(40歳以上) 一般の部A(40歳未満) 高校生の部 中学生の部 小学生の部(幼児含む) 優秀賞 各部門大賞 文部科学大臣賞
大賞

though autumn comes
summer still stays
in your sandy sandals

(直訳)秋が立ったのに
夏はなおとどまっている
君の砂だらけのサンダルに

千葉県  志賀 朝美  17歳


選評

微妙な季節の行き合い(夏と秋と、二つの季節にまたがること)に、「砂だらけのサンダル」が象徴的に働いて見事だ。夏の間、さんざん履いたビーチサンダルだろう。若者たちの充実した夏の余熱と同時に、いちまつの淋しさを感じさせる乾いた砂の質感。原句では、五度繰り返されるS音の頭韻がよくひびく。さらさらと吹く風は、秋の気配をただよわす。

優秀賞

a jigsaw puzzle
the last piece
it is not found

(直訳)ジグソーパズル
最後のピース
それが見つからない

大阪府  篠 彩葉  14歳


In my late grandmother's desk
I find a folded paper crane
made by the young me

(直訳)いまはいない祖母の机に
一羽の折り鶴
幼い私の折ったもの

神奈川県  石川 佳保里  15歳


My two cats
different in character
same in posture

(直訳)うちの二匹の猫
性質は違うが
とるポーズは同じ

愛知県  田中 悠華  17歳


Dried creek bed ―
the crickets bring back
the water's murmur

(直訳)乾いた川床―
コオロギが甦(よみがえ)らせる
流れのささやき

ルーマニア  Eduard Tara  43歳


Faithfully I go
Carrying my dead dog's leash
On my daily walk

(直訳)毎日の散歩
亡き飼い犬の革ひもを
忠実に手にし

アメリカ  Raj Bose  51歳


pelting rain
beetle legs paddling
in the air

(直訳)どしゃ降り
宙にあがく
甲虫の脚

ドイツ  Martina Heinisch  51歳


winter solitude
the steam plume anchored
to the manhole cover

(直訳)冬の孤独
立ちのぼる蒸気が
マンホールの蓋を離れず

アメリカ  Earl Keener  62歳


late milking
full udders
sway in the low sun

(直訳)遅くの乳しぼり
大きくふくらんだ乳房が
夕日にゆれる

カナダ  Leroy Gorman  62歳


botanic gardens
a plastic daisy dangles
from a woman's hat

(直訳)植物園
プラスチックのヒナギクが
女の人の帽子にぶらぶら

ニュージーランド  Ernest Berry  82歳


審査員賞

《 星野恒彦選 》

a snowman
lavishes smiles
until he has melted

(直訳)雪だるま
やたらに微笑をふりまいて
ついに溶けてしまった

北海道  三浦 澄香  17歳


選評

雪だるまを作って楽しむのは、昔からの子供の冬の遊びである。木炭や笹の葉、青木の実などで目鼻をつけて出来上がる。この句は、日が経つにつれ、溶けてくずれゆく様子を取り上げて珍しい。それも「泣きべそをかく」のではなく、終始にこにこしたあげくの消滅と、向日的に明るいとらえ方をしている点が素晴らしい。

《 フィリップ D.ジトウィッツ選 》

wrinkled faces
in the hospice window ―
bursting buds

(直訳)ホスピスの窓に
しわの寄った顔々―
ほころぶ莟(つぼみ)

ルーマニア  Cezar−Florin Ciobica  41歳


選評

つぼみがほころんで花が咲き、さらに美しくなることと、しわのある顔が次第に姿を消してゆくこと。この俳句の二つのイメージは、似ていて、かつ、対照的な面もあります。しかしどちらも、この世に生きている我々は、新しくもっと美しい姿になることを表しています。

後援団体賞

《 国際俳句交流協会選 》

The knife ―
The asymmetry
Of the perfect apple

(直訳)ナイフ―
完全なリンゴの
不均等

京都府  田村 早希  15歳