ナビゲーションをスキップ


  • お〜いお茶 新俳句大賞TOP
  • 第二十二回

 

第二十二回 お〜いお茶新俳句大賞

都道府県賞

第二十二回伊藤園お〜いお茶新俳句大賞 各部門受賞者
優秀学校賞 英語俳句の部 佳作特別賞その3 佳作特別賞その2 佳作特別賞その1 佳作特別賞 都道府県賞 後援団体賞 審査員賞 一般の部B(40歳以上) 一般の部A(40歳未満) 高校生の部 中学生の部 小学生の部(幼児含む) 優秀賞 各部門大賞 文部科学大臣賞
都道府県賞

弱虫を捕れる虫あみ夢に見る

北海道

本間 晴乃

15歳

前へ行く春の日射しを探すため

北海道

岡田 知歌

16歳

草原の風を駿馬が連れてくる

北海道

卜部 美恵子

51歳

老の母餅切る指に雪あかり

北海道

川縁 肇

67歳

老い二人たまに急須で手が触れる

北海道

出口 義雄

85歳

よみせ行き金魚がかぞくのなかまいり

青森県

駒嶺 かりん

8歳

夏の日にすずしい頂上岩木山

青森県

五十嵐 愛里

11歳

卒園式親になった日思い出す

青森県

類家 梢

36歳

新巻のあご突き出して吊られけり

青森県

泉 良子

60歳

余生なほ道草をして帰り花

青森県

境 文子

74歳

何色が自分の色かさがす旅

岩手県

村上 綾菜

17歳

目をこすり返信まってる夏の月

岩手県

田中 貴大

18歳

隣の子シャンプー香る冬木立

岩手県

松岡 真里奈

18歳

ひっそりと河童が見上げる梅雨の星

岩手県

伊藤 麻衣子

26歳

大根を引いたら地球まで笑う

岩手県

中島 久光

66歳

白鳥の飛立った後雪に穴

宮城県

太田 光桜

11歳

雨が降り洗濯された桜の木

宮城県

佐藤 汐梨

13歳

折り鶴や飛ばんばかりに羽広げ

宮城県

三塚 美菜代

16歳

誰だろう窓を開ければ雪だるま

宮城県

今野 実和

17歳

満月がぽとり落ち来た柚湯かな

宮城県

小野寺 雅美

37歳

もちやいてあみめのこげがあみだくじ

秋田県

川村 潤南

8歳

春の風お花をさそって音楽会

秋田県

浦島 彩椰

8歳

雪だるま私の方みてありがとう

秋田県

田村 葵

9歳

せんぷうき告白されても首をふる

秋田県

森田 真未子

11歳

目覚ましを自分で起こす師走かな

秋田県

大友 和樹

18歳

黒帯を締める重さや初稽古

山形県

佐藤 結

21歳

夏鳥やひと声啼いて森になり

山形県

高橋 陽子

36歳

若き日の故郷に錦飾る夢

山形県

和田 律子

37歳

歌声も母に似てきて雛まつり

山形県

伊藤 明美

48歳

サングラス似合はぬ妻を娶りけり

山形県

島津 義浩

49歳

テスト中桜見てたら時間切れ

福島県

大内 優介

11歳

紅葉の磐梯山はふろ上がり

福島県

小島原 麻友

11歳

さくらんぼあなたのママは桜かな

福島県

八城 美和

12歳

電卓であなたへの想い計算中

福島県

甲賀 莉菜

17歳

誰よりも長湯している紅葉かな

福島県

斎藤 政弥

36歳

ひゅんと来てひゅんと飛びさる親ツバメ

茨城県

猪瀬 暁江

17歳

本読んでもみじしおりに一休み

茨城県

森山 良介

17歳

黄金のイチョウの布団ではしゃぐ子ら

茨城県

仁科 元彬

27歳

しあわせはお茶の香りの中にある

茨城県

須田 玉枝

39歳

電話よりメールは優し夫かな

茨城県

村上 由利子

65歳

しもばしらはっぱのようにはえてくる

栃木県

富永 琴子

7歳

雪雲をかたにかけてる赤城山

栃木県

岡崎 瑠果

13歳

吾子の手の強さに驚き春の風

栃木県

八木澤 由貴子

32歳

昔はな!父もできたぞ二重とび

栃木県

大貫 恵子

38歳

草臥れて向こうの山と一休み

栃木県

黒川 周平

61歳

初げいこ心も竹刀もまっすぐに

群馬県

渡 陽

10歳

ぎょろぎょろとにらみをきかせるだるま市

群馬県

新井 萌子

18歳

漬物の位置を論ずる春うらら

群馬県

大島 新哉

34歳

つくしんぼつむじ二つの児と遊ぶ

群馬県

植原 ツギ子

66歳

花みずき山の香りの人と逢ふ

群馬県

木村 光子

79歳

寒げいこ終わったぼくに朝日さす

埼玉県

篠原 奏太

12歳

一年分話を聞いてねお雛様

埼玉県

原田 彩生

15歳

金木犀午後の教室ふと薫り

埼玉県

羽取 彩芽

17歳

ランドセルエールをつめて送り出す

埼玉県

大庭 由佳

37歳

肩車空を吸い込み孫はしゃぐ

埼玉県

服部 幸雄

61歳

えんぴつは削っていくほど赤ちゃんに

千葉県

中川 心

12歳

かれた木の枝の一つのつぼみあり

千葉県

田代 

14歳

自転車でツバメになった下り坂

千葉県

新穂 哲志

15歳

同窓会初恋の彼雪だるま

千葉県

斎藤 志織

36歳

元旦の富士の頂き我が希望

千葉県

島田 将司

37歳

逆上がり背中に羽つけもう一度

東京都

馬場 萌未

11歳

浅草の北風が押す人力車

東京都

吉田 祐太

14歳

素振りするラケットの先蝉時雨

東京都

長瀬 光一

17歳

繋がれた手と手で会話大丈夫

東京都

野内 良美

22歳

名を知れば半歩近づく春の草

東京都

田辺 隆次

64歳

満月もお月見だんご食べたそう

神奈川県

斉藤 ちひろ

10歳

今日が去り明日が生まれる地平線

神奈川県

飯田 はるか

14歳

円陣で見渡す友の眉を読む

神奈川県

田中 亜季

17歳

うららかや爪の小さきピアニスト

神奈川県

立野 夏希

21歳

茄子漬けの母からもらう仮免許

神奈川県

南村 香里

46歳

ぽっかぽか陽気でゆるむぼくとゆき

新潟県

広井 楓也

12歳

おはようとすがすがしい風吹きわたる

新潟県

田原 充浩

25歳

日記書き閉じたら明日の中にいた

新潟県

丸山 ゆかり

27歳

楽しみは後に残せと遅桜

新潟県

山田 孝吉

46歳

夏休み大小並ぶゴムぞうり

新潟県

下村 寬子

74歳

妹のままごとおちばがさらになる

富山県

高嶋 翔太

9歳

チューリップ富山の畑をきせかえた

富山県

竹下 真由

11歳

わたし的春のイメージ笑顔かな

富山県

渡辺 紗羅

12歳

家族ならぶ少し背のびで初もうで

富山県

熊木 里美

12歳

紅葉や世界に知らしむ和の誇り

富山県

福村 秀樹

50歳

にゃんと言いこたつに入る子猫かな

石川県

田中 真葉呂

12歳

潮風に教わる父の偉大な背

石川県

渡部 直美

22歳

泣いた日は一つ多めの角砂糖

石川県

小田 道夫

29歳

トロ箱をゐでし鰤の尾反りて立つ

石川県

本 直子

43歳

マスクよりはみ出してゐる笑ひ声

石川県

中田 君枝

61歳

春一番森のスイッチオンにする

福井県

和田 真也

35歳

シャボン玉少女の息の色となり

福井県

橋本 寛輝

55歳

若狭鰈月の光を吸ひにけり

福井県

大和田 康夫

61歳

きれいな風ばかりを売って風鈴屋

福井県

三ッ山 しげ子

70歳

春うらら私の時計眠たがる

福井県

笹木 志津子

77歳

かれた木にすずめの花がさいてたよ

山梨県

福田 達也

7歳

「おはよう」と祖父の笑顔と夏野菜

山梨県

尾形 はづき

15歳

道ずっとつながっている冬すみれ

山梨県

川崎 微佑

17歳

夏空に叫ぶ今日から正社員

山梨県

佐々木 信一

31歳

少年のまなざし変える夏読書

山梨県

奈良 由美

43歳

手鏡にゆかた似合うか聞いてみる

長野県

上原 瑞希

11歳

もぎたての桃と私が会いにいく

長野県

丸山 周子

31歳

隣人と雪かき汗かき道つなぐ

長野県

立石 悠

32歳

雪明かり絵本の中に紛れ込む

長野県

青山 昌代

43歳

昼寝の児泣き出し一家動き出す

長野県

北沢 京子

68歳

コスモスが相談しながらゆれている

岐阜県

野畑 真帆

9歳

風花やお前は何処から来たものか

岐阜県

西脇 遼

17歳

草陰で働き蟻も足休め

岐阜県

大歯 考司

34歳

国宝の寺とは知らぬ夏の草

岐阜県

金子 秀重

59歳

蝶舞いて遠足の列揺れ動く

岐阜県

細野 理

60歳

ゆっくりと雲の動きについて行く

静岡県

藤原 涼雅

12歳

おしいれが空っぽになる冬の夜

静岡県

刑部 天斗

14歳

夕空が自分の心と一致した

静岡県

山田 ひとみ

16歳

し残したことはないかと法師蝉

静岡県

河原 厚

55歳

春の虹八十路の母の試歩の先

静岡県

太田 和志

64歳

弟はぼくが大すきぼくもすき

愛知県

冨永 弥央

9歳

マラソンのゴールを待たず冬が来た

愛知県

内田 歩美

13歳

お土産は帰りに拾ったもみじの葉

愛知県

竹本 ゆり

16歳

秘密だよこたつの中で手を繋ぐ

愛知県

岡本 有華

21歳

無口でも気持ち伝わる腕まくら

愛知県

神谷 真代

37歳

教科書に名前書くとき春心

三重県

溝口 花奈

13歳

笑うとき頬をかく癖親譲り

三重県

山鹿 貴絵

17歳

木漏れ日が揺れて木枯らし色をもつ

三重県

内田 小百合

23歳

前髪を気にする君に桜咲く

三重県

水谷 美恵子

46歳

まじめさが顔の皺なす初笑ひ

三重県

中島 郁代

62歳

鬼は外鬼も悪ぎはないと思う

滋賀県

佐藤 貴一

12歳

冬の空お月様でもかぜをひく

滋賀県

横田 皓介

13歳

受験日は肌刺す風も背中押す

滋賀県

武田 しおり

19歳

七夕の願い叶った逆あがり

滋賀県

宮本 良美

34歳

白雪におとぎ話を見た三才

滋賀県

森山 香織

36歳

いなごの子小さいくせにようとんだ

京都府

安田 直喜

8歳

寒いねと吐息が咲いた17歳

京都府

大濱 菜津子

20歳

ポケットの中だけ繋ぐ照れ屋な手

京都府

黒田 真理

24歳

よみがえる第二ボタンよ花吹雪

京都府

森島 恵美

35歳

紫陽花の地球のような青さかな

京都府

青木 康雄

69歳

お年玉計算ぎらいがすきになる

大阪府

四ツ永 伸樹

11歳

消しゴムは曲がったことが大嫌い

大阪府

森 綾女

14歳

満月が欠けても書けぬ化学式

大阪府

田口 祐介

16歳

あなたとの渋み出るまで手をつなぎ

大阪府

永吉 由美子

31歳

ポケットの穴からのぞく夏休み

大阪府

武田 亜希子

36歳

北風にどっしり構えるお母さん

兵庫県

小野 なつみ

11歳

寒いけどブーツがきまる冬が好き

兵庫県

三嶋 伶奈

13歳

山びこが今年の決意固くする

兵庫県

藤田 浩介

16歳

デッサンをはみ出してゆく積乱雲

兵庫県

藤田 踏青

61歳

セーターの色にこだわる母卒寿

兵庫県

村上 寿恵

68歳

鏡もち分数のよう子をおんぶ

奈良県

南 和希

10歳

風がふき林や森が返事する

奈良県

高江 優輝

11歳

あくびして起きかけている春の花

奈良県

田平 真彩

12歳

桜舞うこれから先は自分流

奈良県

鎌田 慎治

16歳

土の中春のクレヨン起動する

奈良県

貝本 郁子

79歳

おしゃれした町で目立ってはずかしい

和歌山県

山下 祐季

10歳

山びこやささやかな事も聞いてくれ

和歌山県

川端 公貴

15歳

蝶蝶を追いかけてゆき知らぬ町

和歌山県

小栗 綾衣理

16歳

白息や見知らぬ人に語りかけ

和歌山県

氏次 啓太

17歳

寄り道の子どもの髪に梅香る

和歌山県

伊積 利恵

36歳

くわがたがぼくは強いとアピールだ

鳥取県

前田 李莉香

8歳

春風に思いをよせる山々よ

鳥取県

坂田 佳祐

16歳

豪雪は課題のようにあせらせる

鳥取県

足立 遼太

17歳

父からのメール愚痴でもほしい春

鳥取県

菊野 英美

46歳

行く秋や恋のボールは楕円形

鳥取県

門脇 かずお

54歳

通信簿欠席のわくにゼロの文字

島根県

渡辺 好有絵

11歳

白鳥がドレスみたいに輝くよ

島根県

石原 優衣

14歳

雲もくもく口はもぐもぐ夏祭り

島根県

田根 加奈子

25歳

明日こそ最終面接おぼろ月

島根県

高梨 薫

38歳

つれ合いとさしつさされつ長い夜

島根県

伊達 美枝子

53歳

お父さん私たちの電子辞書

岡山県

中村 静

15歳

祖父母の手時間の深さきざんでる

岡山県

春名 果穂

16歳

南南東今年も鬼は家に居る

岡山県

横林 朋子

32歳

自分へのご褒美を買う十二月

岡山県

福田 伊久子

48歳

絵手紙のケーキの苺光ってる

岡山県

内田 ちさみ

81歳

ミニトマト花がさいてるぼくのだぞ

広島県

和井 挙士朗

7歳

父の日に照れをかくしてかたたたき

広島県

助永 玲衣菜

12歳

大根にひげがついてる紳士かな

広島県

一ノ間 照美

13歳

イノシシよお前はどこへ行きつくの

広島県

板倉 佑

15歳

新年の干支飼いたいと子がせがむ

広島県

濱家 里美

36歳

登校中いつも子鳥が待っている

山口県

野本 愛理

11歳

茶柱で少し和んだ口喧嘩

山口県

宮川 瑛治

14歳

たんぽぽを吹いても飛ばず甘えん坊

山口県

姫野 生

18歳

川沿いの桜が出番を待っている

山口県

片岡 美和子

38歳

ひぐらしに急きたてられて主婦となり

山口県

長嶺 ツルコ

81歳

初日の出光のシャワー俺のパワー

徳島県

正木 資純

9歳

おじぞう様昔はかさで今マフラー

徳島県

吉成 優梨亜

10歳

朝顔がとなりのつると糸電話

徳島県

広岡 里菜

10歳

酒造り桶に耳あて声を聞く

徳島県

竹内 康晴

39歳

かに鍋を囲んだ月日は永久版

徳島県

山下 多佳子

55歳

初鏡ベートーベンのやうな髪

香川県

涼野 海音

30歳

秋の午後季節を本に閉じ込めて

香川県

林原 誠

35歳

ふくふくと屋根にぎやかに初雀

香川県

西山 里佳

41歳

立春のなにかありそう街歩く

香川県

中山 美帆子

85歳

梅雨晴れて畳に風の立ち止り

香川県

村尾 美代子

85歳

ゆかた着ておてんばたちの屋台めぐり

愛媛県

合田 美和

12歳

あといくつ蝶が飛び立つ明るい日

愛媛県

宮内 拓夢

12歳

父とゆく凩吹いて背にかくれ

愛媛県

前谷 祐太

15歳

一言の見慣れた文字の年賀状

愛媛県

藤堂 千代子

49歳

青春は気づかぬうちに風とおる

愛媛県

井上 國勝

65歳

四万十を上から見てるこいのぼり

高知県

松下 里佳子

15歳

向日葵はとっても素直に生きている

高知県

北川 奈穂

15歳

冬の朝母立つキッチンあったかい

高知県

岡林 未紗

15歳

アンタレス射手座のあたし狙い撃つ

高知県

芝 美咲

17歳

故郷は籠に摘まれし山の里

高知県

小松 洋久

53歳

いもうとがひらがなおぼえるみかんのみ

福岡県

森 ゆうや

7歳

宿題が大渋滞の冬休み

福岡県

栗原 幸希

14歳

パフェ一つ二人でつつく老夫婦

福岡県

小西 真理

18歳

母の背に想い深まる冬の夜

福岡県

加藤 としみ

30歳

其のままの貴方が好きと毛糸編む

福岡県

前田 照子

76歳

我が心大根にある辛さかな

佐賀県

泉 孝弥

13歳

収穫期いつもできない親孝行

佐賀県

馬郡 祐斗

13歳

夕暮れにシオカラトンボが飛び回る

佐賀県

山口 慶太

16歳

食卓を湯気で彩る季節かな

佐賀県

秋山 繭子

20歳

竹の子は抗いつつも顔を見せ

佐賀県

原口 朝光

70歳

手ぶくろの中がふわふわくもみたい

長崎県

山口 菜月

7歳

まだ上の空を見つめるこいのぼり

長崎県

佐々野 亨一

15歳

君の席次は近づけ春よ来い

長崎県

末次 七海

16歳

幼な子の真っ赤な唇紅いらず

長崎県

横尾 知子

27歳

初日の出阿蘇の五岳の応援歌

熊本県

川崎 遥

14歳

ひまわりがあの青空に恋をした

熊本県

北園 千紘

16歳

マフラーを巻いて夜の二年坂

熊本県

宮 愛理

17歳

水馬思ひ出の上とどまりぬ

熊本県

米村 幸祐

22歳

花咲きて心の余裕取り戻す

熊本県

堀田 重子

61歳

ぼたん雪本一冊でやんじゃった

大分県

小谷 華加

12歳

帰り道妙な視線は案山子かな

大分県

井上 苑子

16歳

桜風私の前にあなたいた

大分県

阿部 菜月美

18歳

毛糸玉夫のかたちになってゆく

大分県

原田 夏子

56歳

本当は逢いたくて残暑見舞いかな

大分県

古後 粒勝

62歳

ライバルをぬかすためには走るだけ

宮崎県

横井 光太郎

11歳

秋の夜近くの草むらライブ中

宮崎県

高橋 孝尭

13歳

バッターボックスみんなの声が遠くなる

宮崎県

松葉 恵呉

13歳

夏空のような笑顔が駆けてくる

宮崎県

中村 貴子

34歳

葉桜の影の優しさ風を止め

宮崎県

赤木 衛

77歳

言えるかな今年もいっぱい「ありがとう」

鹿児島県

川田 莉子

12歳

冬の朝ベルの音さえ子守歌

鹿児島県

上須 蓮

13歳

菜の花が薩摩の春を彩るよ

鹿児島県

榮川 丈

13歳

友の背を大きく照らす秋の暮れ

鹿児島県

勝田 七海

17歳

流れ星探しに行こう落ちた場所

鹿児島県

中山 麻紀

31歳

赤蜻蛉一人で歩く日暮れかな

沖縄県

山城 秀磨

16歳

哲学を知ったかぶりの青林檎

沖縄県

仲村 美涼

17歳

母からの小包届く秋灯す

沖縄県

宮城 奈津紀

18歳

長袖を買い込んで行く新天地

沖縄県

安里 哲

20歳

そよ風が昼寝の前髪すり抜ける

沖縄県

赤嶺 日奈子

33歳

NとS近づけてみたキスをした

アメリカ

尾上 円香

9歳

雪ぼうしかぶったポストなでてやる

アメリカ

千賀 康史

11歳

待ちぼうけふと見た道にひめつばき

イギリス

久保 友香

16歳

もみの木さん雪のマントが重そうね

ドイツ

シャコヴェリ ジュゼピーナ

12歳

選るはむつかし同じ顔した寒玉子

ブラジル

浦畑 艶子

90歳