ナビゲーションをスキップ


  • お〜いお茶 新俳句大賞TOP
  • 第二十一回

 

第二十一回 お〜いお茶新俳句大賞

都道府県賞

第二十一回伊藤園お〜いお茶新俳句大賞 各部門受賞者
優秀学校賞 英語俳句の部 佳作特別賞その3 佳作特別賞その2 佳作特別賞その1 佳作特別賞 都道府県賞 後援団体賞 審査員賞 一般の部B(40歳以上) 一般の部A(40歳未満) 高校生の部 中学生の部 小学生の部(幼児含む) 優秀賞 各部門大賞 文部科学大臣賞
都道府県賞

にんにくがこっそりめをだすれいぞうこ

北海道

柳本 陽亮

6歳

目が覚めて小鳥の会話を盗み聞き

北海道

森 雄治

15歳

一片の春を始める桜かな

北海道

安井 憲

20歳

北国の梅と桜が鬼ごっこ

北海道

藤井 千穂

41歳

羽ばたきの音の交れる卒業歌

北海道

藤林 正則

55歳

虫めがねぼくはこん虫そ母新聞

青森県

平川 怜旺

9歳

制服を買いに行かなきゃ雪ふんで

青森県

坂上 あいり

12歳

風車笑顔の風でよく回る

青森県

佐々木 成美

12歳

足跡の隣を歩きて冬の恋

青森県

氣仙 透

26歳

地吹雪が恋人結ぶ太宰の地

青森県

松本 洋介

30歳

いいのかな母に豆投げ鬼は外

岩手県

前川 紘也

14歳

海沿いを滑る日差しが好きだった

岩手県

金野 敬介

23歳

天の川逢いたくて取る携帯電話

岩手県

伊藤 麻衣子

25歳

小さな手ずっと守るよ大きな手

岩手県

小野 奈津子

25歳

湯あがりの妻の背中や天の川

岩手県

佐々木 清志

50歳

毛糸編む母のとなりは特等席

宮城県

菅原 愛

14歳

白球で一つになれる暑い夏

宮城県

菅原 悟

17歳

胸痛い恋と信じたあまい夏

宮城県

畠山 晶子

31歳

地図のない路地に見つけた猫の恋

宮城県

佐々木 美佳

33歳

手放すと決めたわが家にツバメ来る

宮城県

樫山 昭章

59歳

かまくらにパパも入れるあなあける

秋田県

芦崎 琴美

8歳

三つ星をあげたい母の夕支度

秋田県

藤田 涼佑

12歳

初日の出鳥海山が笑ったよ

秋田県

真坂 康平

17歳

春うらら今日も迷子の指栞

秋田県

三浦 亜矢子

24歳

村中の夢ふくらませ鯉幟

秋田県

矢野 幸雄

74歳

さくらんぼ赤くみのっておよめいり

山形県

安部 萌々子

8歳

きれいだと知ってるように花火咲く

山形県

安食 有里

15歳

おふくろの味にさよなら春の駅

山形県

丹治 正暁

39歳

茶の花に夕日冷たくなりにけり

山形県

佐藤 啓子

59歳

校長の硯乾かぬ卒業期

山形県

後藤 健

75歳

書初めでじいちゃん手本自慢気に

福島県

桑名 朋

11歳

北風と猫が一匹ついてくる

福島県

大竹 奈々子

15歳

弟と背中合わせで見た流星

福島県

菊地 恵里奈

17歳

この風が私の味方となる四月

福島県

 美紀子

34歳

廃校の机に座るかぶと虫

福島県

小川 利雄

61歳

生まれたての弟とすごすクリスマス

茨城県

結城 玲

10歳

気がつけば笑顔になってる初電話

茨城県

宮木 萌

14歳

冬の夜取り外したい僕の耳

茨城県

菅原 将吾

16歳

はじめての眼鏡に青い海映す

茨城県

大島 愛美

22歳

晩年の重き鞄を置く春野

茨城県

宮本 徹志

68歳

いねを刈る祖父とぼくのかまの音

栃木県

黒田 祐典

12歳

風花を鼻先にうけ犬眠る

栃木県

藤沼 史帆

14歳

里帰り炭の香りの猫寄りて

栃木県

鈴木 貴子

31歳

秋の葉が踏みしだかれて絵となりし

栃木県

影山 菜穂子

36歳

青空をまわし少年林檎もぐ

栃木県

吉川 きよ

80歳

ていねいにたたむせんたくほっかほっか

群馬県

堀口 賀代

9歳

風花の特急列車が通過する

群馬県

茂木 智博

14歳

好きなこと点で始まり線になる

群馬県

久保田 祥平

18歳

駆け出した私と夏はイイ勝負

群馬県

関本 真里

23歳

筍を積みし車内に満つ香り

群馬県

佐藤 文男

57歳

ちょうの口オシャレなストローみつをすう

埼玉県

平渡 琉斗

10歳

春キャベツ抱える空気もあたたかい

埼玉県

天羽 夏帆

15歳

あいまいな心の中は考古学

埼玉県

町田 和磨

17歳

遠い夏祖父と鳴らしたラムネ瓶

埼玉県

笠 祥子

36歳

うどん屋のきつねとたぬき山笑ふ

埼玉県

本橋 葉月

62歳

中学の制服を着て男前

千葉県

岡山 航大

11歳

北風に応えてまわる灯油売り

千葉県

加藤 諒太

14歳

割箸をきれいに割ったら秋がきた

千葉県

本郷 剛志

18歳

喧嘩した夫に掛ける毛布かな

千葉県

楠 昌子

34歳

初日燃ゆそんなに海を笑わせて

千葉県

奥野 恭子

68歳

ろてんぶろ入りかたまで親子かな

東京都

高橋 夏生

8歳

米とぎの音はかすかな波の音

東京都

竹中 俊介

13歳

鈍感なあの人想い編むマフラー

東京都

茅野 奏

17歳

飼い慣らす鼓膜の中のきりぎりす

東京都

加藤 雅菜

19歳

墨東の風は冷たき桜餅

東京都

荒田 栄子

56歳

ケンカして仲直りのたねうえてみる

神奈川県

新井 結喜

11歳

前髪をピンで留めたら春一番

神奈川県

木村 優樹子

15歳

鉛筆を削った黒で夜を描く

神奈川県

松江 聡子

16歳

そばかすがいいねと言われ草紅葉

神奈川県

酒井 敦子

34歳

ざんぶりと風呂の湯こぼす春の夜

神奈川県

細谷 水無子

64歳

ランドセルに入りきらない夏休み

新潟県

橋立 和憲

11歳

夏みかんはじける光は青春だ

新潟県

山賀 優佳

14歳

目をつぶる数式たちは宙に浮く

新潟県

武田 純佳

16歳

気負うことのない歳になり春を待つ

新潟県

滝沢 奈津子

38歳

福は内よい福来いと窓全開

新潟県

齋藤 茂弘

54歳

弟のおなかぽっこりふろあがり

富山県

沙 さくら

8歳

手を当てるストーブただいまいいながら

富山県

高木 遥

10歳

地層見る古代を重ねて秋の風

富山県

田中 麻里子

12歳

はかなげな蝉の声聞くいわし雲

富山県

川崎 真佳

36歳

運動会みんなで雲を吹き飛ばせ

富山県

餘茂田 芳江

42歳

太陽に負けじとひかるぼくのあせ

石川県

澤村 謙伸

11歳

ひびわれて声はくずれた砂になる

石川県

杉浦 愛莉

15歳

水しぶき子どもの数だけはね上がる

石川県

高成田 麻実

17歳

雪ふかし彼の足あと追いかけて

石川県

堂前 美紀

26歳

信じ合ふことの楽しさ燕来る

石川県

竹田 正信

62歳

冬空に寒さ忘れて君を待つ

福井県

名和 望

28歳

探梅や足裏に伝ふ地の鼓動

福井県

奥村 真由美

63歳

中一女棒タイきりりと衣替え

福井県

山内 法子

68歳

出漁の焚火の跡を見に来たり

福井県

北山 千代子

71歳

ふるさとや山河慈悲あり泉湧く

福井県

朝倉 艶子

84歳

風に舞う桜はわたしの応援団

山梨県

大坂 優里奈

12歳

イヴに来た天使のような子犬がね

山梨県

近藤 彩貴

13歳

水たまり自分の世界に飛びこんだ

山梨県

相馬 帆那

13歳

急流に紅葉と童心溶け合って

山梨県

山田 啓子

24歳

満月にオブジェを描く枯木かな

山梨県

石原 臣男

69歳

イナゴがねぼくのひざまでジャンプした

長野県

三澤 遥太

8歳

手の中に魔法はいくつ眠ってる

長野県

福島 章子

32歳

おだやかに想うのも恋遠花火

長野県

市川 久美子

37歳

熱帯夜溶けて二人は海になる

長野県

小島 和彦

37歳

石仏の目鼻立ちよし春霞

長野県

岩原 辰幸

70歳

しびれたらかみなりみたいあしのなか

岐阜県

山口 成佑

6歳

たんぽぽはすみでさいてもむねをはる

岐阜県

廣瀬 将司

12歳

制服の心にそよぐ春の風

岐阜県

佐藤 友則

15歳

少女らの声透りけり冬桜

岐阜県

笠原 紫

23歳

涼しさや引き戸するりと百年家

岐阜県

近藤 千鶴

65歳

ポケットにこぶしをかくして仲直り

静岡県

杉山 哲平

11歳

コーヒー片手に午前二時

静岡県

部 帆南

15歳

扇風機只今宇宙と交信中

静岡県

塩澤 朋香

15歳

そして雨言の葉しみる夜半の秋

静岡県

古谷 恵美子

40歳

お母さんいい人卒業しませんか

静岡県

根本 みちえ

50歳

霜柱ぎゅっと寄りそう大家族

愛知県

石川 ゆりな

12歳

川の水満月を見に海へゆく

愛知県

加藤 健

14歳

秋刀魚焼くにおいがするよかくれんぼ

愛知県

杉浦 俊太郎

18歳

子を抱え眼鏡の雪もそのままに

愛知県

橋口 賢一郎

30歳

青空の青はこぼさず辛夷散る

愛知県

徳井 美弥子

77歳

かくれんぼおならの音でみつかった

三重県

 菜月

10歳

頬染める理由は恋かな寒さかな

三重県

渋谷 麻実

15歳

黒豆をつつく私は父譲り

三重県

野崎 舞子

15歳

チューリップドレス脱ぎ捨て子育て中

三重県

中村 侑希子

24歳

よろこびの余韻をのせて散るさくら

三重県

村 尚子

66歳

手ぶくろよどこを旅する片手だけ

滋賀県

小澤 菜津美

16歳

土筆みて服を一枚ぬいでみる

滋賀県

日夏 貴寛

17歳

星たちの形をまねた雪が降る

滋賀県

野村 旭美

28歳

秋の日の入日に映ゆる棚田かな

滋賀県

藤田 毅

42歳

カーナビになかりし在所葱坊主

滋賀県

貫野 浩

68歳

雪ふって先生もいっしょにとび出した

京都府

宮岡 圭吾

10歳

あの人の背中を見つつ方程式

京都府

 莉奈

15歳

瑠璃色の海のパレットかわかない

京都府

木下 更紗

17歳

母の手紙コート着たまま封を切り

京都府

浦山 瑠衣

21歳

紫陽花のつぼみの中に虹眠る

京都府

臼井 正幸

46歳

鏡さん本当に私こんな顔

大阪府

杉田 結衣

9歳

張りかえて近づきたくない障子かな

大阪府

佐々木 淳也

12歳

ヨット部は六甲おろしで加速する

大阪府

山下 剛

16歳

寒い日の握手で冬が好きになる

大阪府

日下 絵美

27歳

恋人のいてチャボのいて村祭

大阪府

沢田 美穂

47歳

おかあさんぼくがサンタになるからね

兵庫県

長尾 健斗

9歳

寒いねと君が言うから手を繋ぐ

兵庫県

田渕 未玲

14歳

星の砂キミへの想いもビンの中

兵庫県

田中 あや

17歳

迷っても踏みだす一歩で輝ける

兵庫県

横尾 直子

34歳

村と村つなぐ浅瀬や水の春

兵庫県

小西 千恵

73歳

はつもうでみんなマスクで同じ顔

奈良県

西本 奈右

9歳

干柿取るばあちゃんの腰のびあがり

奈良県

中 暖子

13歳

やまびこさん違う言葉も返してよ

奈良県

上平 健太郎

13歳

秋の恋案ずるよりもアップルパイ

奈良県

山根 瞳子

32歳

父の名で呼ばれ振り向く里帰り

奈良県

前田 耕一

71歳

お年玉なんだかふくろがあったかい

和歌山県

西原 圭亮

10歳

三日月に背中を預け眠りたい

和歌山県

田村 佳菜子

15歳

蒼天に尾まで跳ねろよこいのぼり

和歌山県

山添 円花

17歳

大くしゃみひとつで和む試験場

和歌山県

上田 里美

37歳

紙ふうせん思い出ポンポンつきにけり

和歌山県

 よし子

65歳

百点で母の笑顔も満点に

鳥取県

一村 綾乃

12歳

頑張ろう未来の私がまた言った

鳥取県

谷川 明日香

17歳

おじぎ草会う度ごとに腰が低い

鳥取県

田中 詠子

28歳

夏草の螺旋に香る雨あがり

鳥取県

井上 由華

31歳

春雛のぬくもり残すたなごころ

鳥取県

馬渕 和子

55歳

おばあちゃん元旦ぐらい休んだら

島根県

浜板 日陽里

11歳

ブランコは私の恋のバロメーター

島根県

川上 晴

13歳

大空に答えはマルとトビが書き

島根県

遠藤 竜

15歳

風邪の身に愛が染み入る卵酒

島根県

伊達 洋子

24歳

父の背の温もり昭和は遠くなり

島根県

遠藤 伸

50歳

少年の心ゆさぶる冬の雷

岡山県

上田 一奈太

12歳

塾帰り星より目立つ白い息

岡山県

三宅 雄大

14歳

そよ風がキンモクセイの恋運ぶ

岡山県

對馬 静夏

19歳

つないだ手ほどいて祈る初詣

岡山県

佐伯 真由子

34歳

海を見て時間止まれり秋日和

岡山県

花房 典子

52歳

ばあちゃんちこたつも笑顔も温かい

広島県

木村 賢太

12歳

雪だるまあさって頃は里帰り

広島県

稲葉 頌

14歳

いつの日か消えたサンタに俺はなる

広島県

久保 晃紀

17歳

節分のこぼれた福にじゃれる猫

広島県

松井 加代子

37歳

百歳の母腰のばし家まもる

広島県

井上 佳子

70歳

いのししに先をこされる栗拾い

山口県

竹永 和真

12歳

光にも影にもなれずただ迷う

山口県

橋本 致昇

18歳

あちこちで霜柱たちが組体操

山口県

京條 孝憲

18歳

通り雨季節の匂い強くする

山口県

河田 陽子

32歳

待春のこころを書きて投函す

山口県

西屋 富美子

70歳

お正月パパがいてくれてうれしいな

徳島県

まるおか ひとみ

7歳

クリスマスひそひそ話の父と母

徳島県

森西 彩香

10歳

曲がり角見えない相手に髪直す

徳島県

小笠原 風季

16歳

一瞬の幸せくれる君の嘘

徳島県

猪口 浩平

17歳

少年の指先にある大宇宙

徳島県

島田 利幸

64歳

草原に兎が集う花祭り

香川県

奥平 優二郎

17歳

絵日記の青で始まる夏休み

香川県

中本 優子

22歳

昼寝子の呼吸正しき夏座敷

香川県

大西 健司

33歳

駅が好き旅立つところ帰るところ

香川県

井川 真理子

55歳

母になる春大根の種をまく

香川県

新居 弘美

63歳

空色の歯ブラシ選ぶ新学期

愛媛県

藤原 日菜乃

10歳

春来たるまだつぼみでもいいですか

愛媛県

福本 優衣

13歳

誕生日聖夜と一緒何か損

愛媛県

藤井 将

17歳

そのひととじかんを紡ぐ年賀状

愛媛県

福見 直樹

32歳

小学校高きにありて山眠る

愛媛県

大西 秋廣

82歳

桜の門くぐってあなたに会いに行く

高知県

高橋 きらら

15歳

グローブのすっぱい匂い油蝉

高知県

田 生真

16歳

木の実独楽すぐに馴染める転校生

高知県

口 瑞穂

18歳

冬の夜にゆがんだ川の字整える

高知県

沖 忍

35歳

タンポポを名刺のように差し出しぬ

高知県

野村 悦子

55歳

福よぶかえびすさん似のおじいちゃん

福岡県

都田 菜摘

14歳

蟻の巣を笑顔で壊す小さな子

福岡県

窪山 隆太郎

17歳

幸せは祖母の手にあり猫あそぶ

福岡県

畑山 朋美

22歳

恩師にも今は説教同窓会

福岡県

大庭 加代

70歳

座蒲団で足りる赤子の昼寝かな

福岡県

山見 睦子

71歳

ひまわりを見てる私も笑ってる

佐賀県

田畠 由季

11歳

紫陽花に負けじと会話に花が咲く

佐賀県

古賀 暁子

13歳

手書きして少し夜更し年賀状

佐賀県

武富 美那子

17歳

妻編みしマフラー巻きてペダルこぐ

佐賀県

南里 悠介

32歳

遅刻よと蒲団の中の猫おこす

佐賀県

権藤 雪枝

73歳

その涙次の夏への種となれ

長崎県

永江 寬治

13歳

桜咲く肩車して写真撮る

長崎県

山口 大貴

18歳

待たせたね君の肩には白い雪

長崎県

千原 崇志

18歳

山里は暮れようとして柿あかし

長崎県

野口 佳織

36歳

天も地も懐に入れ寝正月

長崎県

宝亀 克忠

86歳

くつばこを昔は下から見上げてた

熊本県

下山 純平

14歳

雪解水そっといのちを育んで

熊本県

本田 桜子

15歳

風立ちぬ右に左に赤とんぼ

熊本県

葉 伸偉

32歳

春の日が猫になろうとそそのかす

熊本県

中山 清

37歳

春よ来い円周率の桁外れ

熊本県

永野 光雄

60歳

月の夜ビルの影が縮んでく

大分県

三重野 桃果

14歳

帰り道近所の小川に鮎の影

大分県

飯田 翔太

16歳

寂しさを春一番が吹き上げる

大分県

村上 晋次郎

16歳

片思い星占いに打ちあける

大分県

山下 由佳

25歳

祭り笛綿菓子のような昭和かな

大分県

佐藤 喜美男

85歳

春の風口がぱかんと開いている

宮崎県

佐々木 風音

11歳

花に水水の間に虹の子が

宮崎県

川井田 誠次

13歳

夜間飛行わたしもひとつの星になる

宮崎県

吉野 茜

16歳

木犀が一年分の息を吐く

宮崎県

上杉 昇

39歳

茶柱をゆずり合う朝老夫婦

宮崎県

山下 愛子

74歳

れんげそう田んぼの中にはなのみち

鹿児島県

まつもと じゅり

6歳

つくしんぼ芽が出たぼくも六年生

鹿児島県

久冨木 光

11歳

満月がぽつんとひとつ冬の海

鹿児島県

中村 碧李

18歳

幼子の手から生まれる雪達磨

鹿児島県

栗野 早緒里

33歳

縄飛びを空までまわし春よ来い

鹿児島県

橋 千穂

49歳

十五の春目線が少し高くなる

沖縄県

松岡 仁美

15歳

花見の日人が行きかうオノマトペ

沖縄県

當間 優希

16歳

エイサーの音を聞くたび島心

沖縄県

大城 千恵

16歳

旅立つ日小さい窓から美ら海を

沖縄県

豊川 雄也

18歳

初対面すぐ打ち解けるチューリップ

沖縄県

森田 理佳

42歳

祖父の手のしわとぬくもり忘れない

アメリカ

根岸 遥

11歳

このお茶を私は春とよぼうかな

イギリス

引地 彩紗

11歳

小鳥来る中継地点となる我家

ブラジル

鈴木 文子

63歳

親鸞忌青き目の僧経誦ぐる

ブラジル

今里 親

87歳

宇宙より年始の言葉ありがたき

ブラジル

山本 紀未子

90歳