ナビゲーションをスキップ


  • お〜いお茶 新俳句大賞TOP
  • 第十九回

 

第十九回 お〜いお茶新俳句大賞

審査員賞

第十九回伊藤園お〜いお茶新俳句大賞 各部門受賞者
優秀学校賞 英語俳句の部 佳作特別賞その3 佳作特別賞その2 佳作特別賞その1 佳作特別賞 都道府県賞 後援団体賞 審査員賞 一般の部B(40歳以上) 一般の部A(40歳未満) 高校生の部 中学生の部 小学生の部(幼児含む) 優秀賞 各部門大賞 文部科学大臣賞
審査員賞

《 吉行和子選 》

被災地で生まれた兄ちゃん十三才

兵庫県  米一 謙弥  11歳


選評

十一才の少年の句 あの災害を思い出しました。少年そして、その後に生れた少年は、その時の様子を聞いているのでしょう。元気なお兄ちゃんを見て、喜こんでいる気持が伝わって来ました。

《 阿川佐和子選 》

おもちゃ箱整理するたびぬいぐるみの視線

大阪府  山岡 征矢  12歳


選評

ぬいぐるみの視線については私も常日頃から気になっていた。ぬいぐるみはかわいいだけでなく、ときとして厳しくこちらを監視している。静かにじっと自分を叱責しているような、その目に気づいた感性が面白かった。

《 浅井愼平選 》

青春という名の池に今落ちた

東京都  蒲地 佑実子  13歳


選評

そういえば、ぼくもかつて「青春という名の池」に落ち、もがき泳いでいたように思う。そのことを作者はぼくに強く伝えてくれた。ほろ苦い抒情をありがとう。青春をたくさんうたってください。

《 金子兜太選 》

せみのようにとてもうるさいクラスです

兵庫県  石脇 亮太朗  16歳


選評

高校生らしい率直でユーモラスな俳句だ。中小生では「とてもうるさい」とまでは言えないだろう。とくに「とても」が利いている。それと全部口語調なのも軽快で、なんとなく可笑しそうな気分をよく表している。

《 倉橋羊村選 》

寂しさも愛のかたちと気づく冬

大阪府  千石 亜矢  27歳


選評

華やかで、浮き立つような愛がある一方で一見寂しく、激しく燃え立つように見えないながら、ある距離を置きつつ見守って、直接にアクションを起こさない愛のあり方があってもよかろう。全肯定でその人に対するのだ。

《 森澄雄選 》

編みかけも縫いかけもあり日向ぼこ

神奈川県  石井 フサ子  82歳


選評

疲れて根が続かないのか。編みかけたもの、縫いかけたものが膝や身辺にあって、日向ぼっこをしている、という八十二歳の自画像。一句の思いは深い。表現そのときの感慨を素直に言い取っているのが佳い。