ナビゲーションをスキップ


  • お〜いお茶 新俳句大賞TOP
  • 第十九回

お〜いお茶新俳句大賞 > 第十九回 > 佳作特別賞 その2

 

第十九回 お〜いお茶新俳句大賞

佳作特別賞 その2

第十九回伊藤園お〜いお茶新俳句大賞 各部門受賞者
優秀学校賞 英語俳句の部 佳作特別賞その3 佳作特別賞その2 佳作特別賞その1 佳作特別賞 都道府県賞 後援団体賞 審査員賞 一般の部B(40歳以上) 一般の部A(40歳未満) 高校生の部 中学生の部 小学生の部(幼児含む) 優秀賞 各部門大賞 文部科学大臣賞
佳作特別賞 その2

ああ無念今年も親とクリスマス

宮城県

菅原 綾

15歳

たくさんのごめんなさいが頬伝う

宮城県

菊池 望

15歳

あの時のうめたドングリどこいった

秋田県

加藤 明

15歳

石蹴って一人で帰る日曜日

福島県

佐藤 良輝

15歳

戦争は悲しみだけを残してく

茨城県

中西 麻依子

15歳

戦争の悲惨さ知ったひめゆりの塔

茨城県

平塚 裕生

15歳

泣いたあと自分の心に虹が出る

茨城県

入野 瑞希

15歳

五月雨の夜にたたずむ五重の塔

茨城県

石川 亮祐

15歳

日溜まりに春待つ祖母の背も丸く

栃木県

伊澤 隼紀

15歳

見てくれと言わんばかりに光る雪

群馬県

望月 恵介

15歳

玄関のチャイム鳴らさず冬は来た

群馬県

原田 真由

15歳

北風が転がるビー玉追いかける

群馬県

桑原 成美

15歳

影法師今も昔もそこにいる

群馬県

山田 大地

15歳

卒業式泣くかどうかを会議中

埼玉県

篠塚 紫穂

15歳

揺り椅子に祖父が忘れし置き胡桃

埼玉県

澤田 夏海

15歳

妹の雛壇一部屋占領中

埼玉県

原田 真生

15歳

去りぎわに気づく季節の愛おしさ

埼玉県

根岸 穂高

15歳

クリスマスサンタの見張り頼まれる

埼玉県

河村 優希

15歳

試験の日頭の中はいも畑

埼玉県

鶴田 涼

15歳

どんぐりのあったか帽子かぶりたい

埼玉県

 榛名

15歳

授業中風に呼ばれて空を見る

埼玉県

小川 祥徳

15歳

パソコンをやりたいときに兄がいる

千葉県

谷田川 瑞穂

15歳

友達のクセ字もうれしい年賀状

千葉県

平野 紗也佳

15歳

思い出も君の笑顔も大掃除

千葉県

東 奈央子

15歳

昨年の編み掛けマフラー想い無し

千葉県

木村 仁美

15歳

雪が降り弟犬で姉は猫

千葉県

尾上 周平

15歳

夕食を買いに行くだけ夏祭り

千葉県

石橋 美咲

15歳

ゆっくりと春が流れる都電みち

東京都

草葉 美有

15歳

菜の花に着陸しますパラシュート

東京都

岩田 健太郎

15歳

こいのぼりお口をあけて歯科検診

東京都

角田 理歩

15歳

真実を知ってしまったクリスマス

東京都

馬場 智晴

15歳

風呂掃除換気扇から除夜の鐘

東京都

高橋 美結

15歳

ふかふかの落ち葉に飛び込む子供達

東京都

百瀬 菜奈

15歳

手のひらにおさまる私の天の川

東京都

小林 真利子

15歳

ドーナツを半分かじって目の検査

東京都

原島 小百合

15歳

合格はみんな桜のおかげです

神奈川県

大石 竜三

15歳

温暖化抵抗している霜柱

神奈川県

石川 裕真

15歳

マンションの狭間に独り道祖神

神奈川県

富澤 周

15歳

竹馬は違う世界を見せてくれる

新潟県

細谷 未久

15歳

まだかなと揺れる干し柿見に来る子

長野県

鶴見 香織

15歳

さよならが妙に悲しい十二月

静岡県

渡辺 桂

15歳

筆走る墨の香りが残る部屋

静岡県

大木 瞳

15歳

春の風髪を揺らしてかけてゆく

静岡県

小林 葉月

15歳

跳び箱を越えて飛びだす秋の空

静岡県

山本 朋世

15歳

寒いなぁみんなの鼻がトナカイだ

愛知県

井口 貴絵

15歳

沈黙の自然が映る冬の水

愛知県

清水 啓丞

15歳

オレンジは家が恋しくなる色だ

愛知県

市川 若奈

15歳

花吹雪風の軌跡がよくみえる

愛知県

竹内 志帆

15歳

マフラーの端まで凍るオホーツク

愛知県

岡田 英訓

15歳

一ページ冬休みにしたこと全部

愛知県

今井 優人

15歳

発表日春風つれて帰り道

愛知県

湯川 大輝

15歳

ふくろうの声ひびく夜本を読む

愛知県

杉山 慎治

15歳

春の日の出会いに似てるちぎれ雲

愛知県

荒川 摩耶

15歳

蝉の声今年は少しフライング

愛知県

桜木 宏太

15歳

指先にみかんの匂い白鳥座

愛知県

土屋 聡子

15歳

鬼灯の音が鳴ったよ祖母の口

愛知県

立道 はな

15歳

うつくしいそれが淋しい蛍かご

愛知県

多田 恭祐

15歳

冬の海笑顔で潜る海女強し

三重県

市川 璃美

15歳

コンビニのパンは売り切れ松の内

三重県

柏木 純香

15歳

木枯しが裾を揺らして走ってく

三重県

芹田 保志奈

15歳

みんな描く似ても似つかぬ自画像を

三重県

畑 和音

15歳

すっぽんと水面に浮かぶ朧月

滋賀県

太田 知宏

15歳

ひぐらしの声が言うもう手遅れと

京都府

山口 豊

15歳

寒そうにおしくらまんじゅう京町家

京都府

田中 佑里恵

15歳

角砂糖溶ける瞬間春が来る

京都府

荒谷 華音

15歳

さよならにほら手を出して桜貝

京都府

上村 美翔

15歳

大そうじ思い出だけが片付いた

大阪府

古谷 麻由

15歳

図太さが増すたび増える腹の肉

大阪府

市川 莉奈

15歳

陽炎のように儚き恋心

大阪府

伊藤 春花

15歳

去年今年シャーペンの芯入れ替える

大阪府

吉原 晃樹

15歳

負け試合似合わぬ青空雲の峰

大阪府

松下 孝史

15歳

宿題をしてる心は冬景色

兵庫県

三好 伸彦

15歳

おばあちゃん何でも分かる知恵袋

兵庫県

川 直美

15歳

ゆうやけのかげで見つかるかくれんぼ

兵庫県

太田 滉

15歳

白い息口からはいて冬模様

和歌山県

川崎 優花

15歳

冬の駅貨物列車にブーイング

岡山県

小深田 千夏

15歳

信号は街の寝息も聞いている

広島県

松見 学志

15歳

天高し観覧車から願いごと

広島県

田中 結衣

15歳

テスト前机で浴びた朝日かな

広島県

大村 雄輝

15歳

四コマが一番気になる新聞紙

広島県

串井 太信

15歳

吐く息に雲をかさねる十二月

愛媛県

戸田 麟

15歳

じいちゃんの口に優しい冷や奴

愛媛県

中野 亜矢

15歳

祖母の手が育てたナスの黒光り

愛媛県

小藤田 悠希

15歳

明け方に春を配達フキノトウ

福岡県

佐藤 文哉

15歳

真っ赤だな楓と夕日と赤信号

福岡県

二宮 晃子

15歳

溶接に腰ひけている春実習

長崎県

中山 貴文

15歳

幼子の固く握りしつくしんぼ

熊本県

續 美樹

15歳

向日葵にかこまれて待つ午後の君

北海道

 彩姫

16歳

夕暮れに秋の七草取りに行く

北海道

川村 桂輝

16歳

あたたかな木漏れ日掴む小さな手

北海道

伊藤 聡美

16歳

秋刀魚焼く釧路の空がいいにおい

北海道

本田 傑

16歳

夕暮れの絵の具にはない茜色

北海道

太田 涼介

16歳

手のひらはてんとう虫の飛行場

北海道

阿部 梨絵

16歳

負けそうな瞬間に届いた応援歌

青森県

山内 美月

16歳

催眠術こたつが私にかけるもの

宮城県

郡山 あさみ

16歳

雪降らぬ冬はこんなにも淋しいと

宮城県

残間 由樹

16歳

悩み事犬の隣で夜星見る

宮城県

登坂 健太

16歳

春風の通る道ありモネの庭

秋田県

小谷地 桃子

16歳

世界一大きい包み紙は母

福島県

坂田 雅英

16歳

織り姫と一緒に見てる花火かな

福島県

小熊 大貴

16歳

駆け抜ける風より速きオニヤンマ

茨城県

原 美都紀

16歳

大晦日いつもと同じ僕の家

茨城県

丸山 武将

16歳

審判のアウトが聞こえ終わる夏

群馬県

太田 壮紘

16歳

流れ星小さな部屋に迷い込む

群馬県

大谷 知郁

16歳

夏の日がくるくるめぐるガラス玉

群馬県

吉澤 茉美

16歳

ざぶとんをちょっとはなれる猫がいる

埼玉県

中里 絵美

16歳

黒鍵のさびしい響きぽんと打つ

埼玉県

高橋 さおり

16歳

編みかけのマフラーの横母眠る

埼玉県

野澤 瑞季

16歳

大吉に一日笑顔の母がいる

埼玉県

山岸 千尋

16歳

仙人掌が埴輪に見える少年期

埼玉県

市川 貴央

16歳

月見酒いつかは父とかわす日を

埼玉県

並木 葵

16歳

悔しさは風にそっと流せばいい

埼玉県

中村 麻沙里

16歳

6歳のいとこと本気でかるたとり

埼玉県

指田 樹里

16歳

花菖蒲雨にうたれて二度美人

埼玉県

柴崎 安優美

16歳

夏の空入道雲の百面相

埼玉県

生野 葵

16歳

初日の出出た瞬間に帰る人

千葉県

中村 麻美

16歳

蝉の声今染みいるはビルの壁

東京都

橋本 彩香

16歳

蝉をとる少年すっかり見なくなる

東京都

河野 哲也

16歳

遠回りしても踏みたいしもばしら

東京都

大保 文香

16歳

青空につくしの筆で春と書く

東京都

邵 一夫

16歳

弘法の筆を借りたい年賀状

東京都

齋藤 杏美

16歳

すいか割り割った中身がまた暑い

東京都

須永 貴俊

16歳

なぎなたの白き踝光る朝

東京都

難波 加乃子

16歳

母の意地見事勝ち取る福袋

東京都

平林 葉子

16歳

思い出もきれいにしまう大掃除

東京都

丸山 絵理香

16歳

星の子が帰りたそうに霜柱

東京都

小笠原 麻里

16歳

雪降って都会の喧騒穏やかに

東京都

高橋 香菜

16歳

星の夜は光のレース編みましょう

神奈川県

井寺 仁美

16歳

天の川幸せそうな星ふたつ

神奈川県

川田 美沙希

16歳

七草粥庭のはこべも入れてある

神奈川県

榎田 亜紀

16歳

太陽をぎゅっとつかんで深呼吸

神奈川県

橋 麻子

16歳

くもり空我が街目指し鶴渡る

神奈川県

長澤 実咲

16歳

夕焼けの父の背中にあこがれる

石川県

鹿本 悠里亜

16歳

ブリ大根優しさ染みる祖母の味

石川県

中田 萌子

16歳

木枯しやルンバを踊る葉っぱたち

長野県

沼 瑞恵

16歳

鮭味噌汁御飯生きていてよかった

岐阜県

山下 翔平

16歳

白粥のおいしさ半分母の愛

岐阜県

柴山 聖奈

16歳

おんぶしてくれた背中にしっぷ貼る

岐阜県

安藤 美奈代

16歳

空きびんの昔懐かし虎落笛

静岡県

松下 佑紀

16歳

風の手がさわって逃げる下り坂

静岡県

杉野 優多

16歳

雪だるま何にもせずにダイエット

静岡県

久川 のはら

16歳

苦しみも楽しさも知る沖縄の海

静岡県

綾部 琴菜

16歳

満開の桜にまぎれて手をつなぐ

静岡県

岡崎 亜美

16歳

我心冬の鏡に映るなり

愛知県

水上 貴晶

16歳

無意識にさがしてしまうオリオン座

愛知県

塩見 梨奈

16歳

空高く一筋のびて咲く花火

愛知県

川上 里奈

16歳

初競りの大間のマグロ悠々と

愛知県

清信 武志

16歳

縁側で風が読んでる絵本かな

愛知県

徐 

16歳

いたずらに髪をひっぱる春一番

愛知県

竹内 美晴

16歳

寝すごして桜の下を駆けてゆく

愛知県

小栗 悠菜

16歳

まねき猫両手あげたら菫咲く

愛知県

酒井 絵理香

16歳

猫の恋サインコサインタンジェント

愛知県

大須賀 雄紀

16歳

傘捨てて水の地球と一つになる

愛知県

服部 未来

16歳

らくがきの向こうに見える雪景色

三重県

阿部 知保

16歳

プール際コーチの声が波を打つ

京都府

中塚 隆介

16歳

大根がいばった顔するおでん鍋

大阪府

西村 祐二

16歳

次こそは奪ってみせる背番号

大阪府

奥野 純平

16歳

今回の遅刻の理由は向い風

大阪府

藤中 広子

16歳

両親が少し優しい誕生日

大阪府

横山 亜季

16歳

改札を強引に行く春一番

大阪府

三笠 拓也

16歳

朝飯に新米食べていってきます

大阪府

宮原 哲也

16歳

宿題はいつもぎりぎりしゃぼん玉

大阪府

山本 浩理

16歳

最前列チョークの粉の雪がふる

大阪府

川合 武志

16歳

初雪の降って虚しき高層街

大阪府

石井 那王貴

16歳

大阪のおばちゃんの服猛獣や

大阪府

桑野 有加

16歳

いつだって低く見られる家族評

兵庫県

松元 陽子

16歳

手袋のやんちゃの跡をかがる母

兵庫県

福山 愛女

16歳

ふり向けば牛と目が合いあぁ青春

兵庫県

宮崎 真帆

16歳

雪の上こぼれた南天うさぎの眼

兵庫県

生西 朗子

16歳

いわしだよ塩の匂いと母の声

兵庫県

柏原 亜衣

16歳

くつひもを何度も結んで君を待つ

兵庫県

溝渕 敦子

16歳

靴底の軋み感じる年の暮れ

兵庫県

清重 聡子

16歳

深夜2時父の鼾が頼もしい

和歌山県

中村 友亮

16歳

カメレオン歌舞伎役者の面構え

和歌山県

東山 春瑠

16歳

泳ぎだす鯨のかたち入道雲

和歌山県

橋 茉稀

16歳

髪切って顔と比率が合ってない

和歌山県

大谷 美弥

16歳

橇の紐また来年かと待ち惚け

岡山県

小山 智康

16歳

空が泣く僕の心も大雨で

広島県

日高 愛彩

16歳

体重計淡い理想が砕け散る

広島県

丸上 祥太

16歳

桜咲く空一杯の自分かな

広島県

神原 美子

16歳

一回は確認したい虹の果て

広島県

冨永 舜馬

16歳

綾取りを一人でしている冬休み

広島県

深野 夏暉

16歳

窓ふきの祖母背伸びして年の暮

広島県

池田 亮太

16歳

ひらひらと舞うボタン雪色つけたい

広島県

大森 夢果

16歳

降り積もる雪と溶けない宿題と

広島県

宮原 昂平

16歳

ジャスミンの白に埋もれる無人駅

徳島県

島田 千晶

16歳

雪が降る母も心は十六歳

愛媛県

渡部 汐里

16歳

百合鴎僕の知らない曲がり角

愛媛県

山本 亜衣

16歳

梟の寝所に変わる小学校

愛媛県

井上 勇

16歳

冬の夜はしゃいで揺れる観覧車

愛媛県

 玲菜

16歳

溜め息も白くおめかし冬景色

愛媛県

山本 実可子

16歳

便箋に残る筆圧春一番

愛媛県

亀田 大地

16歳

高校生中身は変わらぬ子供思考

高知県

中越 麻美

16歳

五月晴れ青い瓦が目にしみる

福岡県

倉地 和敬

16歳

お兄ちゃん初ボーナスでお年玉

福岡県

竹本 隼

16歳

母が作るいびつに焦げた卵焼き

福岡県

吉田 麻未

16歳

霜柱無限プチプチみたいだな

福岡県

南 政則

16歳

こいのぼり空に轟く大家族

福岡県

吉田 龍志

16歳

サスペンス始まりそうな落葉道

福岡県

佐野 宏樹

16歳

かまきりよ君は定規で作られた

福岡県

武藤 瑛美

16歳

リヤカーに水仙売りや宿場町

福岡県

水上 悠

16歳

おだやかな祖父の顔あり蛍飛ぶ

福岡県

木下 優美

16歳

眩しさが誰かと似ている茜空

福岡県

森田 望

16歳

折紙の色のような日本の四季

福岡県

犬丸 由喜

16歳

朝露の雫に止まる糸蜻蛉

福岡県

小宮 慎貴

16歳

三つ編みをほどくと香る秋の風

福岡県

櫻井 智穂

16歳

送信のボタンが押せない恋心

福岡県

橋本 優佳

16歳

申し訳ございませんが流行語

長崎県

田中 佑樹

16歳

たんぽぽを吹いて海まで歩きけり

長崎県

小田 幸裕

16歳

夕焼けへボールと夢が飛んでゆく

熊本県

江口 綾佳

16歳

日向ぼこ冬のひまわりにならんとす

熊本県

宇野 茜

16歳

秋天やつま先は地についたまま

沖縄県

赤嶺 栞

16歳

冬空へらせん階段登りいく

イギリス

大山 槻子

16歳

例えるとそれは花火の後始末

北海道

本間 美雲

17歳

君のこと好きで好きで嫌になる

北海道

岩本 奈津美

17歳

太陽を味方につけてホームラン

北海道

吉田 千菜美

17歳

雪が降るそれでも祖父は海に出る

北海道

手塚 由樹

17歳

目覚ましは母の呼び声鳥の声

宮城県

水戸 沙織

17歳

風鈴が風の言葉を教えてる

宮城県

溝口 雅也

17歳

初雪に部活のほてり鎮められ

宮城県

大友 宏太

17歳

おちこんでいた時見つけた昼の月

福島県

五十嵐 涼香

17歳

かきくけこカラスが僕に会話する

福島県

石橋 遼太

17歳

蘇れ動かぬセミに念じてる

福島県

吉田 宏治郎

17歳

宇宙から国の境目見えはしない

福島県

佐藤 祥子

17歳

帰郷した兄の背がまた広くなり

福島県

菊地 秀幸

17歳

休みあけ体内時計狂ってる

茨城県

仲田 裕希

17歳

妹はカレーも意見も辛口だ

茨城県

谷 恵理子

17歳

田の神が舞い降りてきた五月晴れ

茨城県

栗山 佳那

17歳

春風やレンブラントの模写終える

茨城県

川股 冴子

17歳

つないだ手いつでも二人はさくらんぼ

茨城県

内藤 舞

17歳

見上げれば星が流れる夏祭り

群馬県

藤井 健志

17歳

数学を解くより悩むプレゼント

埼玉県

門馬 千菜美

17歳

茶柱が立ったのきっとメールくる

埼玉県

丸山 皓子

17歳

別腹はブラックホール女子高生

埼玉県

平島 由祐子

17歳

バレンタイン恥ずかしそうな愛もある

埼玉県

橋本 杏菜

17歳

好きな歌秋風にのせ口ずさむ

埼玉県

山中 優貴

17歳

吾輩が猫であるなら丸くなる

埼玉県

堀口 直人

17歳

図書館は時間も止まる夏休み

埼玉県

関根 達仁

17歳

掴めないそんなあなたは雪のよう

千葉県

齋藤 七海

17歳

マフラーの巻き方悩む十七歳

千葉県

平舘 えずみ

17歳

お兄ちゃん今年はもらったチョコレート

千葉県

伊能勢 佳美

17歳

暖かいココアのとなり単語帳

千葉県

海野 瞳

17歳

祖母の味再現できない手分量

東京都

武田 祐太

17歳

真似してるわけでもないのに母の味

東京都

橋本 奈々子

17歳

さよならがこぼれて育つサクラの木

東京都

小関 奈央子

17歳

マウンドの君へさしたい日傘かな

東京都

成田 遼

17歳

将来の姉になる人春のよう

東京都

田村 千秋

17歳

寒すぎてステップ踏みだす待ち合わせ

東京都

上條 美奈子

17歳

目を閉じて冬の匂いに包まれる

東京都

藤川 千佳

17歳

マフラーの編み目にこもった母の愛

神奈川県

徳田 麻理恵

17歳

おはようがぞんざいになる試験前

神奈川県

矢野 瑶子

17歳

桜咲く強く握るよシャープペン

神奈川県

水野 花菜子

17歳

何しても何も応えぬ兜虫

神奈川県

井口 純一

17歳

更衣少し短いズボン丈

神奈川県

露木 晃希

17歳

ユニセフの募金をつのる子頬赤く

神奈川県

小林 美紀子

17歳

家でさえはく息白い核家族

神奈川県

飯田 雅之

17歳

愛という具材が詰まったハンバーグ

神奈川県

山本 桃子

17歳

さざんかの咲いている道を走ってく

神奈川県

諸星 恵

17歳

初恋は秋刀魚だったよお母さん

新潟県

鈴木 敬久

17歳

秋風がそっと隣りを走ってく

長野県

三浦 舞

17歳

僕の夢枯葉といっしょに散っていく

静岡県

山本 啓介

17歳

受話器越し同じ夜空を見上げてる

静岡県

船津 恵理菜

17歳

君がいないパズルのピースが埋まらない

愛知県

加納 里恵

17歳

手の平に浮かぶ夜星はコンペイトウ

愛知県

加藤 華

17歳

三国志読み終えて梅雨明けにけり

愛知県

木原 実亜

17歳

的をみるまなざし強き弓始

愛知県

水谷 咲月

17歳

油断した生まれて既に十七年

三重県

田中 祐介

17歳

向日葵がみんな揃ってご挨拶

滋賀県

寺岡 広大

17歳

おめでとうそう言ったのは電子文字

滋賀県

田辺 容子

17歳

スカートのしめきりせまる腹まわり

京都府

谷口 敏子

17歳

炊飯器開けて広がる秋の香り

京都府

大原 啓生

17歳

おにぎりの具がはみ出して春息吹く

大阪府

岡地 加津美

17歳

君の横まるで私は熱帯魚

大阪府

京極 陽香

17歳

穴があく僕の心とオゾン層

大阪府

西村 義男

17歳

水の中ただひたすらに前へ行く

大阪府

桐田 淳也

17歳

今年から気持ち切りかえ風光る

大阪府

森川 絢美

17歳

ブランコの進めぬことのもどかしさ

大阪府

近野 祥子

17歳

天の川渡ると帰りつらくなる

大阪府

高取 富美江

17歳

新米を頬張る口に迷いなし

大阪府

池田 侑希

17歳

一面に咲いた向日葵家族写真

大阪府

奥野 朱音

17歳

消しゴムも季節を感じ硬くなる

大阪府

大村 留梨

17歳

行く先はスキー板のみ知っている

大阪府

柿尾 浩輝

17歳

前の子の寝グセは今日も芸術だ

大阪府

瀧澤 暉

17歳

持久走卵も僕もゆであがる

兵庫県

倉田 悠

17歳

青い空自由と同じ色してる

兵庫県

仲道 信可

17歳

三月の発車のベルは応援歌

岡山県

渡邉 あさ紀

17歳

夏の日は頑なに暮れアルバムへ

岡山県

難波 亮太

17歳

本の街不思議の国へ僕も行く

広島県

西本 裕貴

17歳

除夜の鐘共に受験のゴング鳴る

広島県

青山 菜美

17歳

寒いけど皆吐く息輝いてる

広島県

田坂 慎

17歳

冬空に未来を語る歯の白し

広島県

海野 寛史

17歳

灯油売る声の流れる冬至かな

山口県

野坂 茉央

17歳

稲の穂におじぎをかえす芒の穂

山口県

黒瀬 弘伸

17歳

萌え出づる命の息吹春一番

山口県

小山 正和

17歳

オーブンに入りきらない聖夜かな

徳島県

松本 千鶴

17歳

水たまりうつる雨雲けっとばす

香川県

樋口 詩歩

17歳

ぽっかりと穴あく世界冬林檎

愛媛県

谷山 優衣

17歳

風花が私の時間止めている

愛媛県

村上 晴香

17歳

おでんより始まる宇宙発生論

愛媛県

河野 光梨

17歳

涙はねいろんな重さがあるんだよ

福岡県

有吉 由貴子

17歳

春風をそろそろ起こしに行こうかな

福岡県

石内 美奈

17歳

盆の夜ふくろうの鳴き声土を這う

福岡県

津 和圭乃

17歳

あの時の祖父の笑顔は一番星

福岡県

松本 英二

17歳

春風と母が背を押す僕の道

福岡県

飯星 勇也

17歳

タンポポは僕が生きてく先生だ

福岡県

中島 拓也

17歳

春眠中歴史と化学と数学と

福岡県

久保 智

17歳

マフラーを心に巻けたらいいのにね

福岡県

新井 駿平

17歳

案山子の手月はこちらと背のびする

福岡県

中村 円

17歳

遠くからはがきにのって春がくる

福岡県

近藤 風雅

17歳

ピタゴラス三角形を愛してる

福岡県

伊藤 綾子

17歳

三日目で中を気にする貯金箱

福岡県

吉開 大期

17歳

赤とんぼ神様を乗せておりてくる

福岡県

河村 那央紀

17歳

新緑のドアから太陽呼びかける

長崎県

大久保 綾乃

17歳

ゴールまで走る私は風になる

長崎県

境 優希

17歳

大漁旗にぎる祖父の手たくましく

長崎県

清家 悠太

17歳

笑い声響く我が家は百ワット

長崎県

平尾 将真

17歳

母の日は二人並んだ台所

長崎県

 茅華

17歳

入道雲どれも僕が名付け親

長崎県

宮島 卓也

17歳

朝霧を切裂く様にトビが舞う

熊本県

宮本 幹大

17歳

ちょっとだけ大きな靴とランドセル

熊本県

山田 裕貴

17歳

ラストサマー甲子園にはオレが行く

熊本県

村上 優生

17歳

父の背にあと少しという柱傷

熊本県

黒石 彩香

17歳

自転車で走る落葉を追いかける

大分県

斉木 いち子

17歳

カップ麺無言で見つめる3分間

沖縄県

上地 かおり

17歳

輪になって俳句を作る暖かさ

沖縄県

新垣 志穂

17歳

冬休みどこもかしこも銀河系

福島県

壁谷 友香

18歳

ぐつぐつと煮こむ大根母の味

福島県

荒川 道子

18歳

ため息をついた分だけ吸ってみる

栃木県

穴原 莉香

18歳

かたまりの記憶のような金木犀

東京都

三浦 菜々子

18歳

置き傘を隠して君と雨やどり

東京都

太田 沙智子

18歳

編んでゆく一目一目のこの想い

東京都

土橋 奈々

18歳

なにもかも嫌になったら猫になる

東京都

斎藤 清貴

18歳

先生に見つかりそうなカメレオン

東京都

寺脇 大地

18歳

子が持てば無敵なりけり水鉄砲

東京都

瀬戸 まどか

18歳

縁側で夜風に染まる洗い髪

神奈川県

須田 千晶

18歳

しゃぼん玉いくあてのないぶらり旅

神奈川県

守屋 みどり

18歳

抱きつくと黙って答える牛の体温

神奈川県

杉村 朱里

18歳

平凡が一番だよと秋の風

神奈川県

岩崎 裕貴

18歳

葉牡丹や地蔵菩薩に寄り添って

神奈川県

塚本 美香

18歳

パン紅茶白湯に咳止め冬の朝

静岡県

木 さおり

18歳

赤トンボきょうは優雅にバラの宿

愛知県

湯川 茜

18歳

かき氷ブルーハワイに染まる口

愛知県

 阿珠沙

18歳

明日にはしんと静まるこの教室

愛知県

森田 志帆里

18歳

木犀の香が外に誘いだす

愛知県

鈴木 花甫里

18歳

風見鶏くるくる回る青春期

愛知県

芝田 圭吾

18歳

お年玉貯金されてた母の愛

大阪府

納 詩織

18歳

指先の赤い感じがすごく冬

大阪府

安田 彩華

18歳

ラーメンの湯気の向こうに雪げしき

大阪府

永橋 梨渚

18歳

冬景色二人で作る平行線

兵庫県

山下 祐樹

18歳

れんこんのあなのむこうは何だろな

兵庫県

渡田 真生

18歳

旋盤で形創りし我が未来

兵庫県

林 克也

18歳

父の耳何がいつも聞こえるの

兵庫県

織野 美郷

18歳

占いに目がない私女の子

和歌山県

中村 友美

18歳

東京に出ようと決めた冬の朝

広島県

藤原 勇貴

18歳

会うたびに別れが辛いおばあちゃん

広島県

黒川 由利絵

18歳

紺碧の奥を見詰める竜馬の眼

広島県

山田 奈都実

18歳

卒業や油まみれの実習服

福岡県

浦川 裕也

18歳

茜空童謡歌う帰り道

長崎県

山口 結唯

18歳

雪解の水が奏でる子守歌

鹿児島県

上畝地 安寸圭

18歳

北斎を眺め続けた僕の冬

イギリス

椹 嘉哉 コリン

18歳

心地よい風炉の音に我忘れ

岩手県

西舘 麗香

19歳

あたたかな空気探してねむり込む

埼玉県

北尾 泰祐

19歳

遠国へ優しく架かる虹の橋

千葉県

勝田 彩良

19歳

満員の電車が街をかき混ぜる

東京都

巻渕 郁未

19歳

水たまり踏んで私は雲の上

京都府

吉田 あゆみ

19歳

着ぶくれて人間がおもしろくなる

大阪府

羽田 大佑

19歳

すれちがう春一番を追いかけて

北海道

丹羽 彩乃

20歳

呟きは白き吐息に紛れおり

埼玉県

加藤 翔

20歳

頬寄せる受話器の向こう花曇り

千葉県

林田 真奈

20歳

秋雨のへんにくるしい日曜日

神奈川県

荒木 晋

20歳

桜咲く新たな日々の夜明けかな

神奈川県

島田 昌史

20歳

雪降れば溶けぬうちにと子は駆ける

長野県

山上 茜

20歳

昔より小さい校舎成人式

愛知県

高橋 康平

20歳

浴衣着て笑うキミはりんごあめ

愛知県

森下 早織

20歳

梅ジュースすかっと夏がのどに入る

三重県

川合 晴加

20歳

低く飛ぶつばめ予報士明日は雨

京都府

大内 知美

20歳

菜の花にむせて見つかり鬼となる

大阪府

横井 佐和子

20歳

目だけでは収まりきれない秋の空

大阪府

中野 雄介

20歳

学生寮無礼講なり熱帯夜

埼玉県

垣堺 悠希

21歳

携帯を忘れた今日は自由人

埼玉県

徳丸 克征

21歳

いつからか夜が短く感じられ

東京都

横尾 千穂

21歳

両の手にのっかっちゃった雪だるま

石川県

前田 清香

21歳

ぼくたちはママのおなかを選んだの

愛知県

沢井 幸加

21歳

春キャベツ0.5才若返る

大阪府

中山 奈々

21歳

吐く息も色づく冬の昼さがり

兵庫県

安倍 有香

21歳

一言も話さず三日一人旅

広島県

桜井 友恵

21歳

目が合うと微笑み返す春の花

福岡県

加藤 智美

21歳

もどりたい笑顔あふれるあの時代

福岡県

和田 靖子

21歳

優しさが冬と寒さを失くした日

北海道

田代 洋太

22歳

星の群れ闇夜に栄えし名画かな

北海道

高橋 未来

22歳

かじかんだ手だから気付けた暖かさ

宮城県

山口 祥加

22歳

少年の追う白球が陽に染まり

埼玉県

鈴木 大樹

22歳

君の手を握る理由は特にない

千葉県

岡田 大輔

22歳

徹夜する蚊取り線香燃え尽きて

東京都

潮谷 望

22歳

星みれば先生となる父熱い

東京都

坂田 逸美

22歳

霜柱踏みて己に問いかけし

東京都

待井 規豊

22歳

春休み理系は遅くやってくる

東京都

篠崎 潤緑

22歳

年々と日々の時間が早過ぎて

三重県

佐藤 拓弥

22歳

きれぎれの記憶の中のこんぺいとう

京都府

川口 聡

22歳

鈴虫やい泣けど笑えどリーンリーン

大阪府

植田 博一

22歳

曇りのち晴れのち今日の椿かな

広島県

武田 亮太

22歳

春風が私の心さらってく

徳島県

葉田 麻衣

22歳

試練だと独りで耐えるクリスマス

福岡県

矢野 眸

22歳

ゆらゆらと桜手を振るさよならと

宮城県

阿部 恵一

23歳

鴨の雛ふわり尊き命かな

福島県

大槻 美里

23歳

雨垂に似ている祭囃子かな

茨城県

関 沙耶香

23歳

風花のひらり少女の掌にひらり

栃木県

手塚 郁

23歳

夕日追い迷子になった帰り道

東京都

岡部 恵美

23歳

裏庭の梅のつぼみがもどかしい

東京都

半田 尭久

23歳

父の背で聴いた口笛遠い夏

神奈川県

佐藤 真貴恵

23歳

シャボン玉壊れる前に笑っておくれ

神奈川県

高橋 麻衣

23歳

今月は私自身が季語になる

神奈川県

小森園 さや

23歳

春一番今日もギターを弾いてます

京都府

大野 雅史

23歳

旧友といるとき僕は中学生

大阪府

花田 正人

23歳

雪空にほんわり昇る茶の吐息

大阪府

秋田 伸明

23歳

すっぴんで私を通す適齢期

兵庫県

渡辺 裕子

23歳

母の手に気持ちの数だけシワ増える

福岡県

中野 大輔

23歳

朝露の雫滴る茶畑かな

佐賀県

山下 紘平

23歳

頬杖がぐらりと揺れる浅い春

北海道

佐藤 大輔

24歳

誤字だらけ震える指でラブメール

栃木県

安倍 美緒

24歳

えんぴつとけしごむほどのなかのよさ

栃木県

佐々木 詠

24歳

左手の薬指が空いてます

群馬県

平野 優

24歳

鳥になる草色の空広がって

東京都

萩原 勇太

24歳

春一番心の扉も吹き飛ばせ

東京都

南澤 文香

24歳

風さそふ花よりカレーの匂いかな

静岡県

浅野 智昭

24歳

赤ちゃんは癒しの魔法使えます

愛知県

諏訪 亜衣

24歳

三人で並んで歩く夢だった

滋賀県

風間 舞季

24歳

鳥曇音はうつくしのとのなゐ

大阪府

宮森 健伍

24歳

新月や雲寂しげに浮かびたり

大阪府

松本 紗矢子

24歳

クロワッサンに思い出ひとつ冬の午後

広島県

大塚 繭子

24歳

大あくびその後再び大あくび

福岡県

森田 あや子

24歳

白球が太陽追って夏終わる

北海道

宮越 梨乃

25歳

波の音遠い昔の母の音

山形県

金田 直也

25歳

雪の花解け散る刹那咲き誇る

茨城県

琴 浩旻

25歳

日溜まりのぽつんと青き車椅子

群馬県

小林 美幸

25歳

子守唄忘れかけてた暖かさ

埼玉県

安藤 史江

25歳

白百合の香りは笛で蘇る

東京都

蘇 懿禎

25歳

ひなかざり母の思い出みな笑顔

東京都

堀江 雅文

25歳

水枕ちゃぷちゃぷ今も母の声

神奈川県

斉藤 桂子

25歳

春の日に急いで走る牛の群れ

岐阜県

大島 幸子

25歳

初恋や皮ながながとりんご剥く

大阪府

村田 くに子

25歳

星空とキラキラ光る薬指

北海道

小川 奈々

26歳

初詣悩んでしまうおさい銭

青森県

長崎 麻美

26歳

そっと来てそっと消えてく雪うさぎ

埼玉県

船戸 藍

26歳

送電線手繰っていけば冬の海

千葉県

陸田 陽介

26歳

天国の祖母が降らせたぼたん雪

千葉県

鈴木 レイ

26歳

通勤の小さな喜び梅二輪

東京都

秋葉 正博

26歳

母は今私の中を流れてる

東京都

灘山 まゆみ

26歳

「おっ、虹だ!」寡黙な上司も腰浮かす

東京都

小林 隆広

26歳

僕の手と手袋してる君の手と

神奈川県

浅野 夏芽

26歳

手の中のみかんの色が温かい

静岡県

池田 沙央理

26歳

手をつなぐ君のその手はスイートピー

愛知県

冨山 麻美

26歳

風ふれて白梅の香の軽さかな

大阪府

浅井 拓也

26歳

布団干す母は地球に沈みけり

香川県

大西 知房

26歳

赤ちゃんが笑えばみんな福の顔

長崎県

森田 知哉

26歳

石橋を叩いて割って立ち往生

北海道

川村 一美

27歳

夕暮れに心温もる焚き火かな

福島県

稲川 清正

27歳

つばめ来て我が家の軒下査定中

茨城県

和知 雅子

27歳

一枚のふとんで川の字天の川

茨城県

永塚 喜久雄

27歳

ひらひらり君の心に降る桜

埼玉県

三角 理沙

27歳

秋風が心の隙間吹き抜ける

埼玉県

金森 あかね

27歳

お返しはあなたの笑顔それでいい

千葉県

中村 亮太郎

27歳

栗跳ねてまた里は陽にくるまれり

東京都

鈴木 良

27歳

梅香る私の春はこれからだ

東京都

河村 弘子

27歳

鯵食って寝っころがってクラシック

東京都

青笹 克俊

27歳

定年の上司に聞いた夢のあと

東京都

高野 善亮

27歳

望遠鏡覗きしわれも銀河なり

神奈川県

長谷川 慶輔

27歳

ネクタイをほどいてパパに早変わり

神奈川県

池田 さやか

27歳

口笛が近づくみどりの風が吹く

京都府

工藤 藍子

27歳

山際に咲いた花火の煙追う

京都府

松下 恵梨

27歳

道しるべ君の未来の桃源郷

大阪府

北野 大介

27歳

レモン真っ二つモラトリアムのまま

奈良県

杉田 菜穂

27歳

空に溶けるアサギマダラの羽の色

和歌山県

村上 友香

27歳

ブレーキを急に踏むなと雪景色

徳島県

山下 るみこ

27歳

粉雪が夜を一層輝かす

青森県

三戸 牧子

28歳

勢いで何でも出来た若い頃

宮城県

佐々木 静香

28歳

長さだけ悩みが続く氷柱かな

福島県

安斎 美紗子

28歳

何もかも初めてだけれど母の顔

埼玉県

森田 麻耶

28歳

一生は銀河をまわる星の旅

千葉県

泉 祐輔

28歳

春の陽のふれた指からする会話

千葉県

佐藤 由香里

28歳

そっと座る雪が二ひら舞うように

千葉県

澤 功一

28歳

異国にてこころ揺さぶる櫻の樹

東京都

井戸 春彦

28歳

タマネギをむいて自分を探す旅

東京都

小池 由季子

28歳

雨の音ワルツになるよ君の横

神奈川県

伊藤 敬子

28歳

しつけとり浴衣に命吹き込まれ

神奈川県

岡田 麻子

28歳

心臓の音にぎやかに恋わずらい

神奈川県

竹内 里奈

28歳

アルバムで知らない過去を知らされる

神奈川県

榊原 克

28歳

四温晴れ雀の遊ぶ水たまり

愛知県

斉藤 鈴

28歳

迷ったら足跡ない道選びたい

三重県

中川 紗矢香

28歳

母という響きやわらか葱の花

大阪府

村田 亜也子

28歳

春を着て息せきかける田舎道

大阪府

上田 誠

28歳

春近しおひさまいろの君が好き

大阪府

神戸 美沙

28歳

賢人の顔して語らう冬木立

兵庫県

一木 仁奈

28歳

春風にふかれてはしゃぐ薄いスカート

福岡県

中川 実穂

28歳

もうすこし話そうオリオン昇るまで

佐賀県

島 緑李

28歳

渡せずに自分で食べたバレンタイン

沖縄県

国場 絵梨子

28歳

少し濃いお茶が私に活入れる

宮城県

阿部 加奈子

29歳

甘酒を片手にくぐる鳥居かな

茨城県

石澤 岳文

29歳

太陽をいっぱい食べて夏終わる

栃木県

松本 孝介

29歳

熊谷の猛暑に堪える丸ポスト

埼玉県

角貝 ゆうじ

29歳

大雪で積もる話ができそうだ

埼玉県

古屋 大樹

29歳

ソプラノもバリトンもいて蝉しぐれ

東京都

藤井 剛

29歳

つくしんぼあなたと同じ誕生日

東京都

武多和 ゆみえ

29歳

日向ぼこわたしは悟りをひらけない

東京都

岸村 浩未

29歳

夕焼けがかくれた子どもの影のばす

東京都

佐々木 朋子

29歳

キャベツ切るリズムに合わせ歌う母

神奈川県

有坂 陽子

29歳

未来とは己がゆく道掴む道

愛知県

小林 直子

29歳

春蝉の声が垂直に抜けてゆく

大阪府

古川 哲也

29歳

なぜだろう隠してしまうお芋さん

広島県

銭谷 真代

29歳

キラキラと娘が笑う散歩道

高知県

柿本 亜希子

29歳

遠い日の目の輝きがアルバムに

福岡県

池田 一誠

29歳

赤ん坊みっしりとした温かさ

鹿児島県

池田 しおり

29歳

目を閉じて懐かしきかな風の唄

宮城県

小野寺 涼介

30歳

炎天に一山くずれるかき氷

茨城県

酒井 一行

30歳

雪降りていつもの公園美術館

埼玉県

中根 孝文

30歳

マフラーの巻き方気になり遅刻する

埼玉県

足木 知史

30歳

いくつもの柱の傷は僕の傷

千葉県

佐野 勇祐

30歳

入道雲ほっと珈琲にしみわたる

千葉県

芝野 泰子

30歳

思い出を上書きしてる奈良の夏

東京都

島田 さやか

30歳

寒椿落ちて力の溢れけり

富山県

山口 岳彦

30歳

老うほどに母に似てくる初鏡

三重県

吉田 亜希

30歳

陽のにをい春がそこまでやって来た

三重県

湯峯 紀子

30歳

野分過ぎボーと安堵の汽笛鳴る

山口県

池田 拓洋

30歳

寒風を耐えて嬉しや花まつり

福岡県

坂口 保之

30歳

白鳥や湖面の疑問符感嘆符

宮城県

河野 大地

31歳

星空に両手開けば宝箱

秋田県

田村 和恵

31歳

十三夜いささか鈍き自動ドア

群馬県

大島 新哉

31歳

君と会い退屈と言う名の靴を脱ぐ

埼玉県

杉浦 三枝子

31歳

ひよいひよいと雲のとびゆく秋の空

千葉県

菅谷 結香

31歳

眉毛だけ描きて出掛ける春嵐

東京都

渡部 智子

31歳

月光の積もるベッドに沈み込む

東京都

鈴木 美奈子

31歳

ハイハイの一歩一歩で母となる

東京都

伊藤 八重子

31歳

出たくない布団が愛しい冬の朝

神奈川県

佐々木 良枝

31歳

塾の子の自転車仰ぐ冬銀河

長野県

西村 信次郎

31歳

富士の山茶の香とともに春目覚め

静岡県

湯口 崇之

31歳

去年より小さくなったカレンダー

静岡県

鈴木 祥司

31歳

身ごもりて静かな春をかみしめる

三重県

鮎京 幸栄

31歳

鬼瓦なかなか似合うぜ雪帽子

大阪府

児島 勇一

31歳

団塊の努めを終える落ち葉かな

岡山県

垣内 陽作

31歳

夏祭り記憶の中の父笑ふ

福岡県

佐竹 聖子

31歳

還暦の寂しさのぞく年賀状

宮崎県

長谷川 聡子

31歳

同窓会咲いた話に涙ぐみ

沖縄県

岡元 和仁

31歳

あめんぼが大空駆けてる水たまり

茨城県

高橋 美裕紀

32歳

白い息二つ並べて歩く路

群馬県

伊藤 聡美

32歳

トモダチというほろ苦き隠れミノ

埼玉県

渡邊 栄子

32歳

白雪にともる夕日のあたたかさ

千葉県

榎本 容子

32歳

しわしわの祖父の手にぎり春を待つ

東京都

垣屋 めぐみ

32歳

密やかに春の使者たる沈丁花

東京都

猪股 優子

32歳

思い出は塩キャラメルの味に似て

東京都

柳田 貴子

32歳

陰かさね日なた重ねて雪棚田

神奈川県

乾 愛子

32歳

何気ない同じ空気が心地よい

神奈川県

岩瀬 のぞみ

32歳

夢枕少し切ない盆の入り

神奈川県

藤尾 香

32歳

信じたい素敵な未来が待っている

福井県

弘橋 かおり

32歳

ぶらんこやひとつの影と揺れてをり

長野県

上條 節子

32歳

ザリガニの泡の行方を子は見張る

岐阜県

岩田 道子

32歳

ビー玉を畳に転がす天の川

岐阜県

渡辺 香代

32歳

見慣れない雪景色には出かけたくなる

静岡県

若林 尚子

32歳

発表会親は見栄張り子は普通

大阪府

斉藤 道明

32歳

不意打ちの雪に残業手を休め

兵庫県

中村 香織

32歳

向かい風プラス思考の鯉のぼり

兵庫県

松尾 裕子

32歳

鍋かこみくもる眼鏡に箸とまる

広島県

高橋 友佳

32歳

稲淵の棚田千年息づいて

福岡県

大野 亜希子

32歳

麦踏に子育て重ね一歩ずつ

宮城県

及川 孝

33歳

軒下の氷柱透かして初日の出

山形県

佐藤 佳久

33歳

妹が母となる日の小春かな

福島県

齋藤 政弥

33歳

打ち寄せる波に呼吸をあわせゆく

東京都

才田 涼

33歳

風邪をひきこれが私の季節感

東京都

酒井 具視

33歳

セーターの胸ははるかな海に似て

神奈川県

藤沢 美由紀

33歳

夏の午後シーツはためき影おどる

長野県

寺島 あゆ美

33歳

初雪を親子でふみしめ足くらべ

岐阜県

内田 洋子

33歳

厳寒を避けて曲がれば行き止まり

愛知県

兼松 隆夫

33歳

ひとときのうたた寝長き夢をみる

愛知県

柏木 美佐子

33歳

胎の子のでんぐり返し立夏かな

大阪府

武田 亜希子

33歳

小春日の電話のための途中下車

福岡県

松田 優子

33歳

雨足が水面弾いて梅雨の詩

岩手県

沼倉 幸

34歳

背伸びして覗いた世界後悔す

秋田県

齊藤 亜紀

34歳

わくわくと夢を見ている春蕾

茨城県

岩崎 淳也

34歳

あかぎれの母の味するしもつかれ

栃木県

加藤 龍太

34歳

白靴を高く蹴り上げ恋終わる

埼玉県

三谷 志麻

34歳

ふきのとう採る手揚げる手食べちゃう手

埼玉県

橋本 倫子

34歳

口癖を言わなくなった母のしわ

千葉県

菅原 敬一郎

34歳

天国に届くといいなこの電話

千葉県

松山 敦美

34歳

前髪を短く揃え入学す

東京都

今村 真有子

34歳

マフラーができたころには春近し

東京都

中原 陽子

34歳

ひだまりで芽吹きを夢見る春の草

神奈川県

若松 美奈

34歳

手言葉のありしテーブル冬日向

愛知県

伊藤 麻希子

34歳

わらべ歌音符とゆれるつないだ手

愛知県

古川 渉

34歳

ひまわりも仲間に入って立ち話

大阪府

日野 江美

34歳

置き手紙読んだか読まぬか春日射し

大阪府

横木 美樹

34歳

幼子の抱へて見せし大白菜

大阪府

松村 心平

34歳

新緑に心洗われ響く風

大阪府

寺島 由恵

34歳

買い物も遠回りして梅の花

兵庫県

喜多村 陽子

34歳

雲きれて肩の荷おろすてるてる坊主

兵庫県

嘉門 真弓

34歳

合格と不合格の友抱き合えり

和歌山県

山本 由香

34歳

また明日も生きていたいと蝉の声

広島県

造賀 みやび

34歳

陽だまりで猫ころがって自己主張

広島県

松本 歩

34歳

半月を切ったのと問う吾子愛し

長崎県

田 尚子

34歳

帰省する実家の畑は宝箱

茨城県

片岡 美和子

35歳

夕暮れに私を包んだ小さな手

千葉県

倉田 美子

35歳

こんなにも大きくなったメダカの子

千葉県

白井 みよ子

35歳