ナビゲーションをスキップ


  • お〜いお茶 新俳句大賞TOP
  • 第十九回

お〜いお茶新俳句大賞 > 第十九回 > 英語俳句の部

 

第十九回 お〜いお茶新俳句大賞

英語俳句の部

第十九回伊藤園お〜いお茶新俳句大賞 各部門受賞者
優秀学校賞 英語俳句の部 佳作特別賞その3 佳作特別賞その2 佳作特別賞その1 佳作特別賞 都道府県賞 後援団体賞 審査員賞 一般の部B(40歳以上) 一般の部A(40歳未満) 高校生の部 中学生の部 小学生の部(幼児含む) 優秀賞 各部門大賞 文部科学大臣賞
大賞

A little dog
looking for broken bubbles
with the tip of his nose

(直訳)鼻先で 
小犬が探す 
割れたシャボン玉

東京都  新野 智美  15歳


選評

石けん水などにストローをつけて吹くと、気泡の玉がふくれ、虹色を帯びて飛んでいく。それを追う小犬の鼻先でパチンと割れてしまう。においは残るが、影も形もないのに、なおもくんくん探す飼犬の愛らしく可笑しい仕草。よく観察して興じる作者の英語も生き生きとして、すばらしい。

優秀賞

colored carps
blossom on pond
a dim memory

(直訳)緋鯉 
池の花 
おぼろな思い出

北海道  三上 しおり  17歳


festivity ebbing
a knotted necktie
under the cherry tree

(直訳)お祭り騒ぎがおさまり 
結んだネクタイが 
桜の木の下に

大阪府  廣田 裕子  55歳


Spring is here
Buds opening up
I got new shoes

(直訳)春が来た 
蕾が開くよ 
私には新しい靴

カナダ  Michael Tong  9歳


The climber's shadow
hesitatingly climbing
the ladder's shadow

(直訳)登る人の影が 
梯子の影を 
ためらいながら登る

クロアチア  Vladimir Devide  83歳


Long afternoon heat
a shirt hangs immobile on
the taut horizon

(直訳)長い午後の暑さ 
シャツがだらりと下がる 
ぴーんと張った地平線

アンドラ公国  James Kirkup  90歳


coming in from the field
my father's backlit hands
cast a large shadow

(直訳)畑からもどる 
父さんの逆光を受けた手が 
大きな影を投げる

カナダ  LeRoy Gorman  58歳


Old red freighter greets
a small white lighthouse
foggy sunrise

(直訳)古びた赤い貨物船が 
小さな白い灯台に挨拶する 
霧の中の日の出

カナダ  Janet Tong  17歳


In the evening
seeing who is the tallest
my shadow or me

(直訳)夕方 
背はどちらが高い? 
私の影と私と

静岡県  新井 里奈  13歳


Cloud's shadow
swallows
all shadow

(直訳)雲の影が 
のみこむ 
あらゆる影を

京都府  中尾 和史  16歳


審査員賞

《 星野恒彦選 》

Sitting in the seat
watching the actors
where am I

(直訳)座席から 
俳優たちを観ている 
私はどこにいるのだろう

東京都  中川 春華  16歳


選評

劇を観ていて、すっかり舞台に引き込まれたあげく、ふっと我に帰る。夢から覚めたように、一瞬自分の居所が分からない。舞台にくり広げられる仮空世界と、観客たる自分の現実世界を行き来する経験をうたった、心理的でユニークな作品。

《 フィリップD.ジトウィッツ選 》

Sparrows huddle
by the vending machine
cold snap

(直訳)自動販売機のそばに 
雀たちがかたまっている 
寒波

神奈川県  山上 元孝  77歳


選評

この俳句は使われているわずかな言葉にもかかわらず、鮮やかなイメージをかもし出しており、  一茶風な哀れみとユーモアも感じられる。

後援団体賞

《 国際俳句交流協会選 》

When our turtle
stops eating anything
winter comes

(直訳)飼っている亀が 
なんにも食べなくなると 
冬になる

北海道  佐藤 駿介  17歳