おいしさへのこだわり! 昔ながらの“やかん品質”の味わい!

やかん品質へのこだわり

伊藤園では、やかんで煮出した
昔ながらの甘香ばしく、
後味がすっきりとした
味わいのむぎ茶にこだわっています。

日本人に愛され続けるむぎ茶

緑茶の普及するはるか昔、戦国時代の武将たちも愛飲していたというむぎ茶。江戸時代には、「むぎ湯」と呼ばれ売られていたそうです。明治時代に入ると、一般家庭で大麦を炒って麦湯をつくるようになり、昭和30年代に入ると冷蔵庫の普及に伴い、冷たいむぎ茶が飲まれるようになりました。簡便性の商品が出回るまでは、甘香ばしく、後味がすっきりとしたやかんで煮出したむぎ茶が、多くの家庭で飲まれていました。

原料について

大麦(六条大麦)& 麦芽(二条大麦)をおいしくブレンド!

たんぱく質が多く、
香ばしく、
すっきりとした甘さが特長です。

でんぷんを多く含み、
強い甘みが特長です。

“大麦”と“小麦”の違いって?

約1万年前に中東で栽培が始まり、約5000年前にヨーロッパや東アジアに伝わったと考えられている大麦。
小麦との大きな違いは、「グルテン」という、例えばパンをふっくらさせる効果を持つ粘性のたんぱく質を含まないことです。
日本では昭和40年代まで、米に混ぜて炊いた麦飯や、炒ってから粉にした麦こがしが日常的に食べられていました。
現在はむぎ茶のほか、味噌や焼酎などの原料としても栽培され、 日本の食文化に欠かせない穀物となっています。

むぎ茶のおいしさの決め手は焙煎

伊藤園では大麦の香ばしい香りと
甘いコクを引き出すために
“熱風焙煎”と“媒体焙煎”の
2種類の焙煎方法を採用しています。

「香ばしい香り」、「自然の甘さ」、「濃度感」、「すっきりとした味わい」この4つの要素の絶妙なバランスがやかんで煮出したような甘香ばしく、すっきりとした味わいのむぎ茶を実現します。

甘香ばしく、すっきりとした味わいの
むぎ茶は食事にもピッタリ!
甘香ばしく、すっきりとした
味わいのむぎ茶は
食事にもピッタリ!

甘香ばしく、すっきりとした味わいのむぎ茶は、食事の時にもピッタリ。むぎ茶はカフェインを含まないため、小さなお子様から、お年寄りの方まで誰もがゴクゴク飲める家族の飲料です。

健康ミネラルさらさら麦茶を使用したおいしいアレンジレシピ集

いつでもどこでも手軽に健康ミネラルむぎ茶

家族みんなのお出かけに

就寝前、起床後に

さらさらむぎ茶はマイボトルにピッタリ

コスパが高いティーバッグで、
いつも冷蔵庫にストック