「お茶で琵琶湖を美しく。」キャンペーン(協力:滋賀県)

関西地区「お~いお茶」全飲料商品売上の一部を「琵琶湖環境保全活動」費用として寄付いたします。

※関西地区(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)
※2017年度のプログラム期間は、2017年11月1日(水)~12月31日(日)です。

関西地区における売上の一部を寄付

店頭告知物などに琵琶湖環境保全活動「マザーレイク21」のマークを表示。営業車両、TVCMなども活用し、さまざまな場面で滋賀県が推進する琵琶湖環境保全活動を訴求しております。

Mother Lake(マザーレイク)
[Mother Lake(マザーレイク)] マークの説明
母なる湖・琵琶湖と共存していく県の姿勢(イメージ)を県内外に強くメッセージしています。

「琵琶湖環境保全活動」に関する様々な活動に参加しております。

WEBサイトを通じて一般公募を行い、参加を呼び掛けております。お客様と伊藤園が一体となった、琵琶湖周辺のヨシ刈り体験や、社員によるヨシ刈りを実施しております。

琵琶湖ヨシ刈り体験

琵琶湖の水質保全に大きく寄与するヨシ刈りを中心に琵琶湖の環境を楽しく学習できる環境活動として実施いたします。

今年度実施予定日:2017年12月3日(日)

ヨシ刈り体験の様子
ヨシ刈り体験実施の様子

伊藤園社員によるヨシ刈りの実施

キャンペーン期間中の2ヶ月間を通して、伊藤園社員による琵琶湖環境保全活動を進めてまいります。

関西地区の伊藤園社員によるヨシ刈りの様子