お客様相談室

よくいただくご質問

「コーヒー」について

Q.

品名のところに書かれているコーヒーとコーヒー飲料の違いは何ですか?

A.

使用しているコーヒー豆の量によって異なります。コーヒーと表示されている商品は、その商品の100gあたりに5g以上のコーヒー豆(生豆での重量)を使用しており、コーヒー飲料は2.5g以上5g未満のコーヒー豆を使用しています。なお、1g以上2.5g未満のものはコーヒー入り清涼飲料と表示するように決められています。

Q.

無糖コーヒーとは何ですか?

A.

糖類が0.5g/100g未満であれば「無糖」と表示することができます。乳製品を使用したものに関しても、糖類が0.5g/100g未満である場合には、「無糖」と表示できます。

Q.

ブラックコーヒーとは何ですか?

A.

乳製品、乳化された食用油脂を使用していないものに使用できる名称です。なお、糖類を使用している場合は「加糖」(糖類の含有量を低減している場合は「低糖」「微糖」)と併記するよう定められています。
※コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約(全国コーヒー飲料公正取引協議会)

Q.

飲みきったときに、中に黒いものがありました。
こういうことはありますか?

A.

コーヒーの成分が製造からの時間の経過により沈殿し固まりになることがあります。お飲み頂いて問題はありません。

Q.

コーヒーにカリウムとリンは含まれますか?

A.

含まれます。

Q.

「BARISTA」とはなんですか?

A.

イタリアのバールのカウンターに立ち、客からの注文を受けてエスプレッソをはじめとするコーヒーをいれる職業、およびその職業についている人をいいます。
※バール(バル):カフェやショットバーなど様々なスタイルの店があります。

Q.

アセスルファムKとは何ですか?

A.

食品添加物です。日本では2000年に認可された甘味料です。甘味度は砂糖の約200倍といわれ、切れ味の良さが特徴です。

Q.

カゼインNaとは何ですか?

A.

コーヒーとミルクの乳化(均一化)を安定化するために使用しています。牛乳に含まれるたんぱく質のカゼインを原料にしています。これを水に溶かしやすくするためにNa塩にしたものがカゼインNaです。

Q.

乳化剤とは何ですか?

A.

脂肪分を均一に保ち、コーヒーとミルクの分離を防ぐために使用している食品添加物です。主にパーム油(やし油)由来のものです。

Q.

スクラロースとは何ですか?

A.

食品添加物です。日本では1999年に認可された甘味料で、砂糖から作られています。砂糖に近いまろやかで、こくのある甘みが特徴です。甘味度は砂糖の約600倍といわれています。

Q.

コーヒーにカフェインは含まれますか?

A.

含まれます。

Q.

ミルク入りのコーヒーに白いものが浮いています。これは何ですか?

A.

ミルクの成分が固まり、浮遊・沈殿したものです。品質には問題ありません。

Q.

ブラックコーヒーに白いものが浮いているように見えます。これは何ですか?

A.

保存状態により、コーヒー豆に含まれる成分が白く浮いたり、油のように見えたりすることがあります。品質には問題はありません。

Q.

ブラックコーヒーで、乳化剤を使用しているものがあるのはなぜですか?

A.

商品によって使用するコーヒー豆や製法、容器などの違いを考慮し、コーヒー豆由来の油脂成分などの浮遊・沈殿などを抑制し、安定した品質を保つ目的で使用しています。

Q.

容器に「開栓時は振らないでください」と書いてありますがどうしてですか?

A.

ボトル缶入りコーヒーには、おいしさを保つために窒素ガス充填したものがあります。これらは開栓の際に窒素ガスが外に抜ける構造になっているため、キャップ上部のスリット(切り欠き)や飲み口に内容液が付着していると、窒素ガスとともに内容液が噴き出す可能性があります。

Q.

缶を温めたいのですが、容器のまま電子レンジで温めても大丈夫ですか?

A.

電子レンジに金属を入れると火花が散ることがありますのでおやめください。温める際は、耐熱容器に移しかえて熱くなり過ぎない程度に温めてください。

飲料関連のご質問に戻る