茶産地育成事業とは

『お茶の伊藤園』ができることを考え、茶産地育成事業に取り組んでいます

茶産地育成事業の理念
 国内では耕作放棄地や農家の後継者不足が深刻な問題となっています。茶は土地利用型の永年作物であり、将来の市場性とあわせて考えると、農地を長期活用できる作物として最も好適なもののひとつです。 当社は「お茶のトップメーカー」として、今後も需要増が見込まれる緑茶飲料用の原料の安定調達を目的として、農業振興を検討されている行政・組合・生産農家の方々を対象に、茶産地をサポートしていきます。
  • 事業発足の背景

    多様化する緑茶の飲まれ方 その一方で減り続ける茶園

    耕作放棄地面積と茶園面積

    伊藤園が1985 年に「缶入り煎茶」(1989 年「お~いお茶」にブランド変更)を発売して以来、緑茶は急須でいれて飲むだけでなく、缶やペットボトルなどに入った飲料としても飲まれるようになりました。茶葉製品のみであった緑茶に飲料製品が加わり、全体の消費量は今後も増加が見込まれます。

    ところが、そんな消費の拡大とは反比例するように、茶葉の生産現場では就農人口、茶園面積ともに減少傾向にあります。原因として、就農者の高齢化や後継者問題、相場の乱高下による経営不安などが挙げられ、さらには、地域によって耕作放棄地の増加が深刻な問題となっています。

    一方、国内には中国などからの外国産が輸入されていますが、価格が安い反面、栽培品種や気候が異なることから、日本人の嗜好に合わないものが多いなどの問題があります。

    このような状況のなか、当社は『お茶のトップメーカー』として

    1.高品質な国産緑茶原料の安定調達、および生産の効率化 2.生産農家の育成 3.耕作放棄地の積極的な活用

    のために、茶産地育成事業(契約栽培、新産地事業)をスタートいたしました。

    契約栽培と新産地事業について

    個々の茶農家との契約、新産地の育成 茶産地育成事業には2つのサポート体制があります。

    伊藤園は、「お~いお茶」などの原料となる高品質の茶葉を安定的に確保するため、静岡県、鹿児島県といった“茶処”だけでなく、さまざまな地域の茶農家と契約栽培を行っているほか、新産地事業で耕作放棄地などを茶園に造成する茶産地育成事業を展開しています。

    茶産地育成事業の計画推移

    契約栽培(1970年代より開始)

    契約栽培は、個々の茶農家の方々を対象に、伊藤園と「お~いお茶」などの製品に使用する茶葉を生産していただく契約を締結するものです。伊藤園はそれらの茶葉を全て買い取るとともに、栽培指導やさまざまな情報提供を行い茶葉の品質向上をめざします。

    契約農家の分布

    契約農家と伊藤園の関係性

    新産地事業(2001年より開始)

    新産地事業は、国内の耕作放棄地などを利用した大規模な茶園造成事業です。茶園の造成と茶葉の生産は、地元の市町村や事業者が主体となって行なっていただき、伊藤園はそれらに関する技術・ノウハウを全面的に提供するとともに、生産された茶葉は全て買い取ります。

推進目標 茶園総面積2,000ヘクタール規模 生産量6,200トン

生産性と環境保全の両立をめざして

  • 環境保全型農業

    茶農家の方々に伊藤園の定める使用基準に基づいた、肥料・農薬の適正な使用時期・頻度・分量を守っていただくことで、生産性と環境保全の両立をめざします。

    さらに、茶園に伊藤園の担当者が直接赴き、茶農家の方々が作成した栽培管理記録書や栽培計画書をもとに、適切な栽培指導や情報提供を行います。肥料には、その地域で排出される食品残さや畜産廃棄物を活用し、土壌を豊かにする循環型農業を推進しています。

    栽培管理記録書

    栽培管理記録書

  • 伊藤園の栽培指導と管理規定

    肥料・農薬の適正な使用基準を設け、生産性と環境保全を両立させた施肥、防除体系の確立をめざし、茶農家の方々に技術指導・情報提供を行っています。

    図

海外での取り組み オーストラリア ITO EN AUSTRALIA PTY. LIMITED(豪州伊藤園)

生産風景

1994 年、季節が日本と逆のオーストラリアのビクトリア州に伊藤園の子会社を設立し、茶産地育成事業(新産地事業)がスタートしました。2004 年には荒茶工場を建設し、荒茶の生産を本格化させています。ここで生産された茶葉は、オーストラリアやアメリカ向けの製品の原料や、伊藤園のトクホ製品の原料として使用されています。

オーストラリア ビクトリア州