人に対する考え方

平等な機会、公正な評価

伊藤園グループでは、年齢、学歴、性別などに左右されることなく、教育、配置、業務の平等な機会が与えられ、さまざまな職場の経験を通してキャリア形成を図っています。
また、評価においては、社員の行動・業績を自己評価したうえで、直接・間接の上司による多段階評価を実施しています。結果は本人にフィードバックするとともに、次年度の目標設定に反映させています。

教育制度

伊藤園グループは、最も大切な財産は「人」であるという考え方に基づき、人材育成に力を入れています。
(職位別教育、資格別教育、年次別教育、職種別教育、自己啓発援助制度)

年次別教育

≪新入社員研修≫
新入社員が一同に集まり、伊藤園の基本理念や考え方、基本的なビジネスマナーなどを学びます。
合宿形式の研修のため、同期との結束力も強いものとなります。
また合宿後には、より具体的で実践的な研修として、地区別研修や車輌研修(営業職対象)を行います。

自己啓発援助制度

教育の根幹は「自己啓発」であると考え、社員のやる気を支援するさまざまな自己啓発援助制度を整備しています。
≪伊藤園大学・伊藤園大学院≫
1989年に設立された社内研修制度「伊藤園大学」では、営業、財務、マーケティング、組織などのカリキュラムから社員が学びたい内容を選び、知識の習得を目指して1年間、課題やグループ討議に取り組みます。
2009年度から「伊藤園大学院」も開校し、さらなる自己啓発に取り組む社員が経営感覚を身に付ける場として活用されています。
≪ティーテイスター制度≫
1994年から開始した「ティーテイスター(茶資格)制度」とは、お茶に関する高い知識と技術を持つ社員に資格を与え、お茶に関する知識と技術の向上、社内外への茶文化の普及などを目指した伊藤園グループ独自の社内制度です。毎年多くの社員が挑戦し、3級、2級、準1級に加え、2013年5月には1級を新設しました。

社内提案制度

伊藤園では、職種にかかわらず全社員が新しい製品や販売促進の提案などができる「Voice制度」を設けています。
この制度を通じて、全社員が「今でもなお、お客様は何を不満に思っていらっしゃるか」を常に意識するとともに、優れた提案には社内表彰を行うことで社員のモチベーション向上にも寄与しています。