体脂肪&コレステロールについて

体脂肪ってなに?

体脂肪とは

「体脂肪」とは体の表面(皮膚)に近いところについている「皮下脂肪」と、内臓の周辺など体の深いところにつく「内臓脂肪」に大別されます。

体脂肪率とは

「体脂肪率」は体全体に占める脂肪の割合です。たとえば「体脂肪率25%」の人は、体の1/4が脂肪ということ。では、体脂肪率はどれくらいの状態が健康なのでしょうか。標準は成人男子で15~19%、成人女子は25%前後が目安と考えられています。

※参考
・厚生労働省「生活習慣病を知ろう!」
・厚生労働省「e-ヘルスネット」

コレステロールってなに?

コレステロールの正体は脂質です。コレステロールは細胞の膜をつくったり、生体機能を整えるホルモンをつくったり、体にとって必要な働きをしています。
このコレステロールには、血液中では主に「HDL(善玉)コレステロール」と「LDL(悪玉)コレステロール」の形で存在しています。運動不足や食べ過ぎなどが原因となって、「LDL(悪玉)コレステロール」が増えて健康問題を引き起こします。

●HDL(善玉)コレステロール

肝臓から体の各組織に運ばれるコレステロールのこと。運動不足やカロリーの摂りすぎが原因で使いきれなかったLDL(悪玉)コレステロールは増えすぎてしまいます。

●LDL(悪玉)コレステロール

回収されるコレステロールのこと。体の中で余ったコレステロールは、HDLコレステロールの形で肝臓にもどされます。

正常な状態 食べすぎや運動不足などの影響で、コレステロールが増えすぎると、健康にとって問題に…

本来、コレステロールは「HDL(善玉)コレステロール」の形で回収して、肝臓に戻りますが、運動不足や食べ過ぎなどが原因で増えすぎた「LDL(悪玉)コレステロール」は、体のあちこちの組織に運ばれます。ですから、この2つのコレステロールがバランスよく働くことが必要なのです。

  • 2つの働き カテキン緑茶
  • 2つの働き カテキン烏龍茶
  • 2つの働き カテキンジャスミン茶
  • 手軽で簡単「ヘルシーレシピ」
  • インターネットからのご購入はこちらから