知る・楽しむ

PC用

スマホ用

第二十八回 伊藤園お~いお茶新俳句大賞 最終審査会

2017年07月05日

5月に最終審査会が開催されたよ!

今回はどのくらいの応募があったの??

187万句以上だよ!

相変わらず多いね~!

それをちゃんと全部審査しているなんて驚きね

応募された作品は、一次審査としてまず俳句協会の専門家がすべて審査するんだ

二次審査は、1句あたり2名以上で審査

その時、落選した作品も、ジャーナリストや言語研究者の方々が俳句の専門家とは違う視点で再審査をするんだ

二次審査を通過した作品は、最終審査員の方々が個別に自宅でじっくり検討して・・・

そして、最終審査員の方々が一堂に会して、各受賞作品として候補の上がった句の一つひとつを議論して、候補作品を決めるんだ

多くの人たち審査に関わってるから、最終審査会はすごく重みがあるわね

そうそう

みんな真剣そのもの





応募作品に隠された背景とか想いもしっかり汲み取りながら審査してるよ

この審査の中で、選びぬかれて受賞するなんてすごいよね~

そして、明日上位賞7作品が発表されるよ!

翌日の七夕には、受賞作品の発表ね!

どんな句が受賞してるか楽しみだわ







カテゴリ: 芒種 お~いお茶新俳句大賞 お~いお茶